2019年5月19日 更新

テニスの素振りの練習方法と効果とは?正しいフォームを身につけよう

テニスの上達方法の一つに素振り練習があります。ただ、やみくもにラケットの素振りをしても効果はありませんので、正しいやり方で実践を想定した練習が必要です。テニスの素振りは自宅でも気軽にでき、実践向きで綺麗なフォームまで身につく素振りの練習方法をご紹介します。

  
141 view お気に入り 0

テニスの素振りの目的と効果

 (77706)

テニスの素振りは、初心者にとって自宅で気軽できテニスが上手くなるための基礎練習としておすすめです。素振りの目的は実践でよりよいフォーム・打球を打つために行う練習で、素振り練習によって生まれる効果は3つあります。

①フォームを作ることでけが防止につながる
②体の使い方を覚え、効率よく打球できる
③ボールのスピードが上がる


一方で、間違った素振りで練習をしてしまうと、悪い癖がついてしまい返って効率の悪いフォームが身についてしまいます。正しいフォームを知り、効率の良い練習方法を実践することでストロークフォームの基礎ができ、テニスの上達にもつながっていきますので、詳しく解説していきます。

テニスの素振りの正しいフォーム

 (77759)

テニスが上手くなるためには、グリップに応じた正しいスイングを理解することが大切です。特にテニス初心者の場合、自分のフォームが本当に正しいのか不安になってきます。

テニス初心者に多いイースタングリップと脱初心者の方に主流の握り方であるセミウエスタングリップの2種類について、スイング解説をしていきます。正しいフォームを知ることで素振りの練習効果は格段に上がり、自宅でも効率の良い練習ができますので、しっかり確認していきましょう。

薄いグリップのフォーム

 (77761)

イースタングリップのフォームのポイントは3つあります。

①横向きから前向きの動き
②打点範囲は膝から腰の間 
③フィニッシュはラケットが背中までいく


初心者に多いイースタングリップは、手の平感覚で方向性がつかみやすい握りです。その反面、腕で操作をしやすくなるため手打ちのリスクもあります。テニスが上手くなるためには体全体を使うことが重要となりますので、グリップは握りすぎずに横向きから前向きになるように下半身を回転させましょう。

フィニッシュ時で口元を肘で隠すぐらい振り上げてラケットのフレームが背中につくようにスイングすることが、イースタングリップの基本フォームとなります。

厚いグリップのフォーム

 (77770)

セミウエスタングリップのフォームのポイントは3つあります。

①スタンスは少し開く
②打点範囲は腰から胸の範囲
③フィニッシュは肩口でラケットヘッドが下がる形


回転がかけやすく、強いボールにも負けずに打球できることが、セミウエスタンの利点となります。セミオープンスタンスの下半身の回転のやり方は、軸足の膝をもう一方の膝に寄せるようにします。

薄い握りのスイングと同じように下半身を回転してしまうと、体が回りすぎてしまうのでご注意ください。フィニッシュ時は、体は正面向きでラケットは背中まで行かずグリップが肩口に位置するように振り切ることが、セミウエスタンの基本フォームとなります。

テニスの素振りの練習方法

 (77779)

テニスの素振りは上手くなるための練習方法として効果がありますが、数をこなすことではなく効率の良く体の使い方やスイングをしみこませることが重要です。自宅でもできる効果的な素振りの練習は4つあります。

①ストロークの正しい体の使い方の練習
②実践を想定し、リズムを作る練習
③下半身と腕を効率よく動かす練習
④より勢いのあるボールを打つための練習


段階的に素振りの練習をすることで、土台をしっかりと作ることができ様々な応用を利かせることができてきますので、①→②→③→④の手順で練習をしていきましょう。各項目の効果と練習方法を詳しく解説していきます。

テニスの素振り練習①体の使い方

 (77771)

テニスの素振り練習をするうえで最も重要な要素が、正しい体の使い方を習得することです。テニス初心者はどうしても腕に力が入りやすいため腕の力のみで打球しやすくなります。ストロークが上手くなるためには、手打ちスイングにならず体全体を使うことが重要です。

次項では、体の使い方を習得した際の効果と綺麗なフォームを手に入れるためのやり方をお伝えしていきます。ラケットを持たずにできる練習のため、自宅でも気軽にでき準備運動にも最適な練習となりますので、しっかり実践していきましょう。

体の使い方の効果

体の回転を習得することで得られる効果は4つあります。

・体全体のパワーを使い、強いボールが打てる
・腕に力が入らなくなり、手打ちを防止
・腕に意識がいかないため、面の向きが安定しコントロールUP
・下半身の回転速度で腕が振られ、スイングスピードUP



人間は腕よりも下半身の方がパワーがあります。スイング時に下半身から始動をして体の回転をしていくことは、良いボールを打つために必須となり、さらにはテニス肘などのけが防止にもつながります。

練習方法

 (77772)

体の回転のやり方の手順は3つです。

①肩幅に足を広げ、腕を左右に振る
②腕の振りに合わせて、足を蹴り返すようにし、かかとを上げる
③腕をスイング軌道に合わせて下から上方向へ振り上げる


まずはリラックスした状態で腕を左右に振ります。腕を振る動作に足の蹴り返しを加えることで、腕の振られる感覚を強く感じることができるはずです。腕を振られる強さ=スイングスピードUPとなるため、リラックスした状態でも速いスイングが可能となります。さらに腕を振り上げるようとすることで、よりテニスのスイングに近い感覚で体の回転を体感することが可能です。

テニスの素振り練習②一連の動作

 (77773)

50 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バドミントンの素振り!正しいフォームと仕方・練習方法とは?

バドミントンの素振り!正しいフォームと仕方・練習方法とは?

バドミントンの素振りの仕方、正しいフォーム、練習方法などなど…素振りに関わる全トピックを紹介します!バドミントン上達の鍵となる素振りを、しっかり基本から学びなおしましょう。今までの素振りを改善するチャンスかも!?バドミントンを練習する初心者の方必見!
yuki | 39,479 view
ゴルフの素振りの練習方法とは?正しいスイングを習得して上達しよう

ゴルフの素振りの練習方法とは?正しいスイングを習得して上達しよう

ゴルフの練習に素振りを取り入れると、正しいスイングの習得が早くなります。この記事ではゴルフの素振りの練習のポイントやおすすめの練習方法をご紹介します。スコアアップをしたい方、ライバルに差をつけたい方は自宅での素振りでスイングの基本を固めていきましょう。
nagg | 13 view
フェデラーのフォアハンドの凄さとは?フォームや打ち方を徹底解説!

フェデラーのフォアハンドの凄さとは?フォームや打ち方を徹底解説!

世界最高のフォアハンドを持つフェデラーのフォアハンドストロークの秘密を徹底的に解説していきます。高等技術が盛りだくさんである一方で、基本に忠実なフェデラーのフォアハンドは、一般プレーヤーでも参考にできる部分が多くありますので、ぜひご参考ください。
SKコーチ | 275 view
バレーボールのスパイクの打ち方!フォームのコツと練習方法を解説

バレーボールのスパイクの打ち方!フォームのコツと練習方法を解説

バレーボールでの一番の攻撃手段はスパイクです。ここではそのスパイクの打ち方のコツ、特にフォームに関する基本と練習方法について詳しく解説していきます。バレーボールの正しいスパイクの打ち方のフォームを習得して、自身のスパイク力をアップさせる参考にしてください。
まる蔵 | 4,104 view
背泳ぎの3つのポイントとは?ストローク・フォームやキックなど

背泳ぎの3つのポイントとは?ストローク・フォームやキックなど

背泳ぎで大事なポイントやコツって何?どんな練習をしたらいいの?というような疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。何も知らないまま練習していても正しい泳ぎ方を練習しなくては効果は出にくいです。今回は背泳ぎを泳ぐためのコツや練習方法を解説していきます。
moririn726 | 662 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ