2018年9月9日 更新

バレーボールのリベロの役割と意味とは?今後ルールの廃止もある?

バレーボールのリベロというポジションをご存知ですか?コートの中で1人だけ違う色のユニフォームを着て、ひたすらレシーブしている選手、それがリベロです。ここではバレーボールのリベロの基礎知識、そして役割と意味、について詳しくご紹介します。

  
117 view お気に入り 0

バレーボールのリベロとは?

レシーブのスペシャリスト

ジャンプ力育成@なな on Instagram: “どんな時でもセッターがあげやすいようにあげきる!! 【思いやり】それがリベロの役割です!#春高バレー #高校バレー#バレーボール#リベロ#リベロ育成” (55549)

バレーボールのリベロとは、レシーブ専門つまり守備だけに特化したポジションです。
このリベロが行うレシーブには二種類あり、サーブをレシーブするレセプションと、スパイクをレシーブするディグに分けられます。
どちらも大切な仕事ですが、レセプションとは相手のサーブをセッターに上げ、それを攻撃につなげる起点となるプレーです。ここでは、セッターに確実に返球する守備の技術の高さが必要になります。
ディグでは、相手の強いアタックをコートに落とさないことで、チームの失点率を減らしチームに貢献するレシーブのスペシャリストなのです。

攻撃に参加できない

バレーボールでは、リベロはサーブを打つことができません。また、アタックやトスに関してもプレー制限があります。ネットより高い位置にあるボールを、相手コートに返すことができません。
リベロのルールの項で詳しく説明しますが、リベロは戦術や状況によって攻撃に絡むことはあっても、基本的には守備専門のポジションと決められています。
とはいえ、試合中はどこにどんな形でボールが来るのか予想がつきません。どんな場合でもリベロは、この制限を守らなければ味方の失点になってしまいます。
ここがバレーボールのリベロというポジションの一番難しいところともいえます。

リベロは何回でも交代できる

バレーボールの試合を見ていると、メンバー交代というアクションなしで、リベロが何回もコートを出たり入ったりする光景を目にします。バレーボールのリベロは、後衛の選手に限って何度も交代できるのです。もちろんラリー終了のタイミングではありますが、回数も無制限です。
そして、後衛のどの選手とも交代することいった、特別なルールが設けられています。
ちなみに他の選手のメンバー交代は、1セットに6回です。そして交代してベンチに戻った選手は、一度だけ元のポジションに復帰できます。

バレーボールのリベロの役割①

バレーボールのリベロには守備以外にも重要な役割がいくつもあります。ここではそれを詳しく解説します。

レシーブでチームを支える

 (55382)

バレーボールのリベロは、他の選手と違って守備専門のプレーヤーのため、攻撃には参加できません。バレーボールでは、ついつい凄いアタックやサーブに目が行きがちですが、基本はレシーブです。
どれだけオフェンス力が高いチームでも、ディフェンスができていなければ勝つことはできません。チャンスボールを正確にセッターに返す技術、落ちそうなボールを拾う技術、強いアタックを臆することなくレシーブする技術、どれをとってもバレーボールのリベロには欠かせない役割なのです。
そして、優秀なリベロがいることで、チーム力が飛躍的にアップします。
リベロとは、他の選手から守備に関して全幅の信頼を寄せてもらうことに意味があるのです。

バレーボールのリベロの役割②

セッターに次ぐ第二の司令塔

バレーボールのセッターというポジションは、多彩なトスワークでアタッカーの特性を生かしてポイントを稼ぐという特性から司令塔といわれています。しかし、トスをあげるのにも正確なレシーブが不可欠です。司令塔であるセッターをコントロールできるのも、バレーボールのリベロといっても過言ではありません。
リベロは基本的にアタックラインの後ろのバックゾーンに位置するため、コート全体を見渡すことができ、コート内の選手に指示を出すことができるのです。これが第二の司令塔といわれる理由です。
ラリー中にチーム内のポジショニングが乱れた時も、率先して指令を出すのもリベロの仕事だと言えます。

ディフェンス陣の組み立て役

また、バレーボールのリベロはあらゆる場面で一番広い守備範囲を要求されます。基本的にコートの後ろに位置し第二の指令等の役割があるように、ディフェンスの際にも他の選手にポジションの指示を出しやすいのです。
自分を中心として、レシーブ体制を周りに指示を出すのもリベロの大切な役割です。
特に味方がブロックに立った時に、アタックがどのコースを通過するのかを一番見ることができるのがリベロです。リベロが的確な指示を出すことで、ブロックやブロックフォロー成功率を上げることができます。

バレーボールのリベロの役割③

監督・コーチからのメッセンジャー

バレーボールのリベロはどのローテーションの場合でも、コートとベンチを何回でも出入りすることができます。バレーボールの試合中にはタイムアウトを取る回数が決まっているので、大事な場面までとっておきたいものです。
そこでリベロは何度でも交代ができるという特性を生かして、ベンチにいる監督やコーチの指示をコート内に伝えたり、コート内の選手の状態をベンチに伝えるという役割を担います。

バレーボールのリベロの役割④

他の選手の負担を減らす

味方コートに来たボールをアタッカーやセッターが触ってしまったら、トスは誰があげるのか、誰が打つ体制になっているのかわからなくなります。そこで一本目をリベロがレシーブすることに大きな意味があり、リベロが率先してレシーブをすることで、トスそしてアタックというスムーズな流れができるのです。
つまりレシーブを100%リベロに任せることで、アタッカーやセッターの負担が大幅に減る事になります。
リベロが率先してレセプションやディグを行うことで、他の選手の精神的不安もなくなるということです。そのためバレーボールのリベロには、広範囲をカバーできる守備力と、ボールを読む判断力が必要になります。

バレーボールにおけるリベロのルール

55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

リベロのサッカー選手ランキングTOP10!世界最高の選手はだれだ?

リベロのサッカー選手ランキングTOP10!世界最高の選手はだれだ?

マンツーマンディフェンスが全盛だった時代に、重要な役割であったリベロというポジションですが、世界最高のリベロはいったい誰なのでしょうか。ここではリベロのサッカー選手ランキングTOP10!と題して、世界最高の選手を紹介します。
masamiohdaira9 | 2,029 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵