2020年8月28日 更新

1ヶ月で8キロ痩せる方法とは?痩せる運動や筋トレを紹介!

1ヶ月で8キロ痩せる方法は、激しい筋トレや運動に加え、厳しい食事制限が必須となります。1ヶ月で8キロ痩せるには、短期間で脂肪を落とすために効果的な運動や痩せやすい食事のコツをつかみ、1日の摂取と消費をするカロリーの計算を細かくすると健康的に痩せることは可能です。

505 view お気に入り 0

1ヶ月で8キロ痩せたい!

 (166578)

1ヶ月で8キロ落とすことは理論的に可能です。

一般的に1ヶ月での減量はダイエットの中でも短期間集中型であり、体調面に気を配りつつ厳しい努力や細かい計算が必要となります。

短期間で痩せるとリバウンドの危険性も高まるので、8キロ落とす中で痩せやすい身体作りのための運動や食事面の意識を高め、習慣化し継続することが健康的です。

1ヶ月で8キロ痩せるには?

1ヶ月で8キロ痩せるために必要なことは2つです。

・食事制限
・運動

食事制限に加え、無酸素運動と有酸素運動をバランスよくすることが大切です。

カロリーをおさえた食事をとり、筋肉がつきやすく脂肪燃焼効果がある食事を心がけ、筋トレで筋肉量を増やして脂肪燃焼効果を高めることを意識していきましょう。

1ヶ月で8キロ痩せるカロリーとは?

脂肪を8kg落とすのに必要になる消費カロリーは57,600kcalであり、1ヶ月で8キロ痩せるには1日あたり1,920kcalの消費カロリーが必要になります。

1日の必要摂取カロリーを考える必要もあります。1日の必要摂取カロリーは成人男性で約2,500kcal、成人女性で約2,000kcalです。摂取カロリーが消費カロリーを上回らないようにする必要があるので、食事制限に加え、運動量を増やす必要があります。

8キロ痩せると見た目はどのくらい変わる?

ダイエットが成功して昔のジーンズがぶかぶかな女性 - No: 2904059|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (166760)

8キロ痩せると見た目は、一般的にウエストが10cmほど痩せる変化が見られます。分かりやすく体脂肪8kg分を水に例えると、8リットルから10リットル分の体積になり、2リットルのペットボトルの4本から5本分に相当する体積が減ることになります。

1ヶ月で8キロ痩せる方法とは?

 (166623)

1ヶ月で8キロ痩せる方法とは、3つの方法をバランスよく実戦する必要があります。

・筋トレ
・運動
・食事


食事は摂取カロリーを減らしつつ、筋肉がつきやすい食事を心がけ、筋トレと運動で筋肉をつけて基礎代謝を上げ、痩せやすい身体作りをして、短期間で結果を出していく方法です。

短期間で痩せるとリバウンドの危険性も高くなるため、筋肉をつけて基礎代謝を上げておくことが大切です。

筋トレ

1ヶ月で8キロ痩せる筋トレは、順番​が重要になります。

大きい筋肉を鍛えるほど消費エネルギーは大きくなります。筋トレをするときは、身体全体の約70%の筋肉が集中している下半身の大きな筋肉を鍛える筋トレからすることが大切です。

筋トレ後半のスタミナが切れる前に、下半身の大きな筋肉を鍛える筋トレで、大量のエネルギー消費を狙うことが可能となります。

運動

ランニング - No: 3378558|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (166648)

1ヶ月で8キロ痩せる運動は、有酸素運動と無酸素運動順番とバランスが重要となります。

有酸素運動は比較的に負荷の軽い運動であり、ウォーキングのように続けやすいことが特徴です。長時間続けることで脂肪燃焼効果が現れます。

無酸素運動は負荷のかかる筋トレです。筋トレで筋肉量を増やして基礎代謝を上げておき、有酸素運動で脂肪燃焼ができる身体作りを心がけることが大切です。

痩せる食事

1ヶ月で8キロ痩せる食事は、摂取カロリーが消費カロリーを上回らないようにし、高たんぱくで低脂質の食事を心がけることが重要です。

食事を完全に抜くことはエネルギー不足になり、痩せにくい身体になるので避けます。

筋トレや運動で消費したカロリーを上回らない食事を摂取すると同時に、筋トレでの筋肉増量効果や、有酸素運動での脂肪燃焼効果を高める食事メニューを考えて摂取するようにすることが効果的です。

1ヶ月で8キロ痩せる運動

ストレッチ - No: 3378550|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (166753)

1ヶ月で8キロ痩せる運動は、常に身体を動かす意識を持つことです。

運動の順番は無酸素運動(筋トレ)をした後に、有酸素運動をするのが効果的です。

筋トレは負荷がかかる運動であることから、何時間も続けることは不可能です。有酸素運動は比較的負荷が軽く、長時間続けることで脂肪燃焼効果があり、痩せることにつながる運動になります。毎日の習慣には手軽に始められる有酸素運動を取り入れることが重要となります。

①ウォーキング

ちゃんと歩けば効果倍増!ウォーキングのフォームのポイント

73 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous