2020年1月18日 更新

サッカーのユースとは?高校の部活動との大きな違いを解説

サッカーのユースチームとは下部組織やアカデミーと呼ばれるプロクラブチーム直属の下部組織のことであり、日本の部活動中心のスポーツ界にとっては異色の存在です。そんなサッカーのユースというシステムは今後少子化が進むなかでスポーツの競技レベルを保つためのシステムとして注目を浴びています。

66 view お気に入り 0

サッカーのユースとは?

タケ応援垢⚽️🔴⚪️ on Instagram: “かわ  #久保建英 #takefusakubo #kubotakefusa #マジョルカ #mallorca #レアルマドリード #realmadrid #サッカー好きな人と繋がりたい…” (102472)

サッカーのユースとはプロクラブが運営する育成組織のことです。
JリーグではU18、U15、U12があり、ヨーロッパのクラブではU23、U18、U15、U12があるのが一般的な仕組みとなっています。

ユースの入り方

クラブユースに所属するためには、セレクションに合格しなくてはなりません。
定員人数はクラブによって異なりますが、Jリーグのユースチームの場合は、1学年10~20人程度の狭き門です。

セレクションは公式サイトで応募しますが、受験する意思があるなら事前に開催時期を調べておくことをおすすめします。
ちなみに、セレクションへの受験はスカウトで受ける子もいます。
地元のサッカー少年団の試合などを通じて才能のある子は噂が広がったり、クラブユースのスタッフが見出してセレクションへ推薦することがあります。

Jリーグのユース制度

Jリーグのユース制度 (102493)

Jリーグのクラブはクラブユースやアカデミー、下部組織といった育成チームを持っています。

クラブユースには小学年代のU12、中学年代のU15、高校年代のU18があり、ピラミッド型と呼ばれる上の世代になるにしたがって人数が絞られるシステムとなっています。

U18に残った選手がトップチームに昇格するのは、1年で平均して1人です。クラブのユースで育てた選手は、そのクラブが優先的にプロ契約する権利を持ちます。

ユースのチームに入るメリット

ユースチームに入るメリットはプロになるために最短ルートであることです

ユースチームは地元でもっともレベルが高い子供たちが集まり、Jリーグクラブが持っている育成メソッドを使って元プロ選手が指導を行います。

プロになるために必要なトレーニングを各年代ごとに受けて、プロチームとの練習試合や練習参加でプロのレベルを間近に感じられるので、ユースチームに所属することは、プロ契約に近づくための有効な手段となります。
ユースチームから昇格する選手は、ユース時代の先輩が所属していたり高校年代から練習参加でトップチームの選手と顔見知りの関係になっていることが多く、1年目からチームに溶け込みやすい傾向があります。

Jリーグの2種登録制度とは?

タケ応援垢⚽️🔴⚪️ on Instagram: “この二重幅好き💕🙈 #久保建英 #takefusakubo #kubotakefusa #マジョルカ #mallorca #レアルマドリード #realmadrid #サッカー好きな人と繋がりたい…” (102465)

Jリーグの2種登録制度とは、U18年代でも飛び級でプロの試合に出場することができる制度のことです。

ユースチームに所属している選手はトップチームの練習参加のチャンスがあり、そこで監督に認められると2種登録でプロの試合に出場する機会が巡ってきます。

後に日本代表に入るような選手は高校卒業を待たずに2種登録でJリーグデビューを果たしている例が多いです。

2016年当時FC東京所属の久保建英選手がこの2種登録制度でJリーグの試合に出場し、15歳5カ月1日という最年少出場記録を更新しています。

ユースと高校の部活動との違いとは?

ユースと高校サッカーはライバル関係にあり、よく比較されることがあります。下記のような違いがあることが指摘されていますが、お互いに良い部分を吸収しあっており、現在は高校サッカーとユースというだけで傾向を説明するのは不十分です。

・ユースの方が技術、戦術面で優れている
・高校サッカーの方がメンタルが鍛えられる

そこで、高校サッカーとユースで明確に違う部分について説明していきます。

高校サッカーとの違い

小薗清明 on Instagram: “クラ選 優勝🏆おめでとう(*^ω^)ノ!未来は明るいぜ!#fc東京ユース #優勝🏆 #おめでとう#未来に期待 #清水エスパルスユース” (102467)

クラブユースと高校の特徴の違いを説明していきます。

【クラブユース】
・上下関係が希薄
・少数精鋭

※大会
夏:クラブユース選手権
秋:Jユースカップ

【高校サッカー】
・学年ごとの上下関係の意識が強い
・部員数は強豪校は100人を超えることもある大人数

※全国大会
夏:インターハイ
冬:高校サッカー選手権

さらにクラブユースと高校サッカーの垣根がない高校年代ナンバーワンを決める高円宮プレミアリーグが春から秋にかけて行われます。​

高校サッカー部に入るメリット

⚽️スポーツ🏐 on Instagram: “静岡に感動の嵐を吹かせた全国制覇!!...静学本当にありがとう!! #静岡学園 #静学 #高校サッカー選手権#高校#サッカー#選手権#応援#一緒に#精一杯#よかった#全国制覇#感動#静岡#嵐” (102468)

高校サッカー部は4つのメリットがあげられます。

(1)学校活動が終わってすぐに練習を始められるので練習時間を確保しやすいこと
(2)Jリーグの複数クラブとプロ契約が可能で選択肢が豊富なこと
(3)伝統校は選手育成の経験値がユースよりも大きいこと
(4)注目度が高い高校サッカー選手権に出場できること


これらのメリットがあることから、いまだにユースよりも高校サッカーを選択したほうが良いというプロ選手も多いです。

日本代表選手を多く輩出しているのはユースか?

Yu-na on Instagram: “・安部裕葵、久保建英、堂安律3人が揃ったところを次は観戦したい!!・#サッカー #日本代表#森保JAPAN#vs #ジャマイカ代表#安部裕葵#久保建英#堂安律” (102469)

38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【奈良県】サッカーの強豪高校ランキング5校を紹介

【奈良県】サッカーの強豪高校ランキング5校を紹介

奈良県の高校サッカー事情は、公立の一条高校と五條高校、私立の奈良育英高校の強豪3校の争いを中心に、香芝高校、郡山高校が追う展開になっています。奈良県は公立高校が強く、上位の高校のどこが全国大会に出るのかわからない、いわゆるサッカーの戦国の県とされています。
masamiohdaira9 | 32 view
【大分県】サッカーの強豪高校ランキング7校を紹介

【大分県】サッカーの強豪高校ランキング7校を紹介

大分県の高校サッカー事情は、大分高校、柳ヶ浦高校、中津東高校の3校が強豪となっています。その後を公立高校の強豪高校が追う構図です。大分県の高校サッカーの特徴は、公立の強豪高校が多いという点にあります。また大分は全国では実績を残せていない実情があります。
masamiohdaira9 | 60 view
【兵庫県】サッカーの強豪高校ランキング10校を紹介

【兵庫県】サッカーの強豪高校ランキング10校を紹介

兵庫県の高校サッカーは、選手権に20回の出場を誇る名門の滝川第二高校と名将の谷純一監督が率いる神戸弘陵高校の2校が強豪です。この2強を市立尼崎高校、関西学院高等部が追うかたちになっています。兵庫の代表高校は全国に出場するとベスト4など上位に進出するサッカーでは強豪の県です。
masamiohdaira9 | 66 view
【和歌山県】サッカーの強豪高校ランキング5校を紹介

【和歌山県】サッカーの強豪高校ランキング5校を紹介

和歌山の高校サッカー事情は、全国手に有名な初芝橋本高校が選手権に15回、インターハイに16回出場している強豪校。公立の和歌山北高校は選手権に7回出場、近畿大学付属和歌山高校がインターハイに11回出場実績のこの3校が強豪です。和歌山の高校サッカーの特徴は、公立高校が活躍している点です。
masamiohdaira9 | 57 view
【京都府】サッカーの強豪高校ランキングTOP10を紹介!

【京都府】サッカーの強豪高校ランキングTOP10を紹介!

京都の高校サッカー事情は、近年圧倒的な力を見せつけている京都橘高校が王者として君臨し、その京都橘高校を東山高校、洛北高校が追う展開になっている1王者2強という構図になっています。しかし徹底したテクニックサッカーが特徴の久御山高校など、面白い強豪高校ががいるのが京都のサッカーの特徴です。
masamiohdaira9 | 131 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hoedama1 hoedama1