2020年1月10日 更新

ジャンプサーブの打ち方をマスターしよう!ポイントは4つのコツ?

ジャンプサーブ(ジャンピングサーブ)は、バレーボールで唯一の個人技であるサーブの中でも、最も破壊力のある花形サーブです。ジャンプサーブをマスターして実際に試合で得点を取るためには、ポイントを押さえた練習が必要になります。今回はジャンプサーブが上達する打ち方のコツ、練習のポイントをご紹介します。

936 view お気に入り 0

ジャンプサーブとは?

瑞。 on Instagram: “サーブ#VLEAGUE #volleyball #Division1 #Vリーグ #バレーボール #3leg #氷見市ふれあいスポーツセンター#東レアローズ #東レアローズ男子 #高橋健太郎 選手2019.2.16 V.LEAGUE 18/19 Division1” (84671)

ジャンプサーブとは、ジャンプして打つサーブは全てジャンプサーブということができます。ただ一般的にジャンプサーブとは、高い打点からスパイクとほぼ同じフォームで打つサーブを指します。

ジャンプサーブは、ボールスピードと破壊力を武器にするサーブで、難易度はやや高めとなります。ネットギリギリをフルパワーで通過させるには、ある程度の体力とスパイクのスキルをマスターすることが必須となります。

しかし、最近では小中学生からジャンプサーブを打つ選手も増えています。ジャンプサーブの正しい打ち方を習得して、相手コートに突き刺さるようなジャンプサーブを武器にしましょう。

ジャンプサーブの特徴

 (84737)

ジャンプサーブの特徴は、スパイクと同じスピードと破壊力にあります。フローターサーブとの相違点としては、ボールの軌道です。

レセプションのときにレシーバーの予測より手前に落ちるのが特徴で、エンドラインギリギリでインするケースも多くなっています。

Ⓐの軌道がジャンプサーブの正しい軌道で、ただ力任せに打つだけでは青のⒷのようにコートのエンドラインを越してしまいます。そして、緑のⒻは普通のフローターサーブ(ジャンピングフローターサーブ)の軌道です。

フローターサーブは無回転でボールを変化させる、ジャンプサーブはドライブ回転をかけてスピードと威力をつけるのが特徴となります。

ジャンプサーブの基本の打ち方

ジャンプサーブの打ち方の基本

ジャンプサーブは、まず自コートのエンドラインの数メートル手前で構えて、前方に高めにトスを上げます。

トスを投げるとほぼ同時に1歩目を踏み出し、2歩目で重心を下げてジャンピングの体勢に入ります。そして両手を振り上げながら、前方に高くジャンプして最高点でボールを捉えて強く打ち込みます。

力を充分にボールに伝えるためには、動作の1つ1つにコツがありますので、正しい練習を重ねてフォームを安定させることが重要です。

ジャンプサーブを上手に打つ4つのコツとは?

ジャンプサーブ徹底解明!!【必見バレー動画】

フルパワーでネットギリギリを狙う強いジャンプサーブを上手に打つことは、決して簡単なことではありません。しかし、ポイントを押さえた練習を重ねることによって、誰でもジャンプサーブを自分の武器にすることができるのです。

ここではその中でも最も押さえておきたい4つのコツをご紹介していきます。これらは、ジャンプサーブを武器にするための必須条件でもあり、ただのジャンピングからのスパイクサーブは、実はレシーバーにとって最もレセプションしやすいサーブになってしまうからです。

後ほど練習方法もご紹介していきますので、まずはこの4つのコツを理解して練習に臨んでください。

①トスを安定させる

サーブはトスで決まると思ってください。ジャンプサーブだけではなく、どの種類のサーブにもいえることです。

特にジャンプサーブは、助走してジャンプするという動作のあとにボールを打ちますので、トスが乱れるとボールを強く打つことができません。サーブのトスをミスすると、タイミングが合わずに空振りに近い状態になることもあります。

まずは、自分が一番打ちやすい高さ、エンドラインよりやや後方にトスを上げる練習から始めましょう。このとき、ボールを上げる手は右でも左でも自分がやりやすい方で構いません。両手で上げる選手もいますので、色々試してみて一番打ちやすいトスを上げる方法を見つけましょう。

②ボールから目を離さない

ユキ on Instagram: “2018.02.24#201718シーズンを振り返る #専田和也 選手#パナソニックパンサーズ #大阪市中央体育館” (84677)

バレーボールでは、常にボールから目を離さないということが必要です。しかし、ボールだけを見るのでは周りとの連携がとれないので、視野を広く持つということがとても大切になります。

レシーブ・ブロックなどの際にも、ボールを見つつ周りの選手の動きや相手コートも見るというスキルが必要で、それができる選手とできない選手とではパフォーマンスに大きな差ができてしまうのです。

しかし、サーブはバレーボールの中で唯一の個人競技なので、打つ前に相手コートを確認した後は、ボールに集中することができます。トスを上げてからボールヒットまで、ボールから目を離さずに正しいミートを心がけましょう。

③ボールにドライブ回転をかける

ジャンプサーブの特徴の図を参考にしていただくとわかるのですが、ジャンプサーブではボールにドライブ回転をかけることが重要になります。

ただ力任せに打つと、ほぼ100%相手コートのエンドラインを割ってしまいます。ボールを打った瞬間からネットの辺りまでの軌道は一緒ですが、ドライブ回転をかけることによってボールが相手コートの奥に落ちるのです。

ドライブ回転をかけるには、手首のスナップをきかせて、打つ瞬間に手を巻き込むように振りぬくのがコツです。普通のフローターサーブはボールに回転をかけずに軌道を変化させるのですが、ジャンプサーブはほぼ直線的に早く強いボールを打つことが目的となります。

④一連の動作をスムーズに行う

ジャンプサーブは他のサーブ以上に、助走開始からボールをヒットする流れをスムーズに行うことが重要です。空中に高くあがったトスを打つのですから、自分がジャンプして手を振り上げた時にそこにボールがなくては打つことができません。

トスミスをすると助走の幅や速さで修正しなければならず、力強いサーブを打つことができなくなります。トスが安定していれば、助走からジャンプそしてバックスイングした腕と体の力が充分にボールに伝わるという良い流れを作ることができます。

ジャンプサーブで威力のあるボールを打つためには、助走からボールヒットまでの一連の動作をスムーズに行い、自然にボールに力が加わるようにしていきましょう。

ジャンプサーブが上達する練習方法

バレーボール ジャンプサーブ 打ち方 の練習を始める時に気をつける事は?

ただガムシャラにジャンプサーブの練習をしても、武器となるジャンプサーブを打つことができません。ジャンプサーブは諸刃の剣ともいわれていて、入れば得点になりますが、ミスをすると相手チームに1点献上してしまうサーブなのです。

強く早いサーブをいかに高確率で入れることができるか、それがジャンプサーブの役割です。レシーバーがボールの正面に入ったとしても、オーバーハンド・アンダーハンドでもレシーブするのが難しいのがジャンプサーブの特徴といえます。

ジャンプサーブを上達させるための練習方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

①スパイクの打ち方の基本をマスターする

60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵
amazon