2019年4月29日 更新

テニスコートの種類とそれぞれの特徴とは?【気になる疑問を解決】

初心者から中級者の方々にとって、テニスコートの種類や各コートの特徴について、気になる疑問などを抱えていませんか?ここでは、テニスコートの主な5種類の解説と、それぞれのコートの特徴・プレーする上で気を付けたいことを、わかりやすく解説しまとめています。

  
7,154 view お気に入り 0
ハードコートでプレーする際、スピン系のボールは高く弾み、スライス系のボールは切れる特徴を持ちます。また、表面の摩擦が少なくボールが速いことが多いです。
足の運びでは、滑らずしっかりと足を運ぶステップを使う必要があるので注意しましょう。また、前後にダッシュ・アンド・ストップを行うと、つま先に負担がかかりやすくなるため、多少つま先に余裕のあるシューズを履くことをおすすめします。左右の折返しでも急なストップは捻挫の原因になるの注意しましょう。

テニスコートの種類と特徴④カーペットコート

高輪プリンスホテル (47953)

via 高輪プリンスホテル
じゅうたんのようなポリエステルなどの化学繊維を表面にしたシートを、コンクリートの地面に敷いたテニスコートで、雨には弱いため屋内の主にテニススクールの施設で使われています。
触ったり足に受ける感触が良いのと、衣服が汚れにくいこともあって、特に女性の評判は良いようです。ただ、コーヒーなど色のついた液体を表面にこぼすと色が取れにくいので注意してください。

カーペットコートの特徴

高輪プリンスホテル (47954)

via 高輪プリンスホテル
イレギュラーが少なくバウンドが安定しており、初心者がテニスのいろいろなショットを習得するには良いテニスコートです。ただ、コートの表面によってはボールが滑って、球速が速くなることがあります。あと、思いもよらないシューズとのひっかかりが生じることがありますので、できればカーペットコート専用のテニスシューズを履くことをおすすめします。

カーペットコートでプレーする時の注意点

 (47963)

足の運び(ステップ)はハードコートと似ているので、滑るステップは使えません。また、思わぬところで急にシューズが引っかかることがあります。その原因として、オールコートシューズの底のパターン(切れ込み)がカーペットに引っ掛かるものと思われます。
カーペットコートを使ったスクールに通うなど、頻繁にこのコートを使う方はぜひカーペットコート専用の底に、パターンのないつるつるのシューズを購入されることをおすすめします。

テニスコートの種類と特徴⑤グラスコート

 (47955)

「テニスの聖地」と言われる、ウインブルドンのテニスコートで使われている天然芝のテニスコートです。天然芝はテニスのプレーがしやすいようにきれいにカットされ、自然をも相手にプレーしている感じがします。また、ふかふかの感触で選手がダイビングボレーをしたくなる気持ちがわかるほどです。
しかし、やはり天然芝のコートは貴重で、日本で一般公開されているグラスコートは、佐賀の「グラスコート佐賀テニスクラブ」のみです。

グラスコートの特徴

天然芝の上ではボールは高く弾まず、スライスのボールは低く速く進む特徴を持つため、ボールに合わせて腰を低くする必要があるのと、ダッシュ・アンド・ストップには通常以上に足腰に力を入れて止まる必要があります。
多く使われて芝が薄くなった箇所ではクレーコートと同じ特徴になります。また、芝と土の境目では、イレギュラーバウンドが多く発生します。
最近のウインブルドンのグラスコートでは、テニスの時代の変化に伴い、バウンドを高くするよう、昔に比べ地面も硬めにメンテナンスされているそうです。

グラスコートでプレーする時の注意点

グラスコートでプレーする際は、腰を低くして低いバウンドに対応する必要があります。滑りやすい表面ですので注意して、ステップはハードコートのステップを使ってしっかり足を運んでください。
できれば滑りにくい底に、ギザギザの入ったグラスコート専用シューズを履くことをおすすめします。かつてグランドスラマーであるレーバー選手は、1969年の全米オープンで雨の後の天然芝があまりに滑るので、ゴルフシューズのようなスパイク付きのシューズを履いて、プレーし優勝しました。

その他のテニスコートの種類と特徴

Tennis Sand Sport · Free photo on Pixabay (47967)

その他にも、アンツーカコート(レンガ質の土を表面に撒いたコートでクレーコートよりは水はけがよい、ボールは遅い)や、ハードコートでも表面にゴムチップを埋めてあるもの(ボールは遅くバウンドが高い)、カーペットコートで表面の繊維が粗い織り方のもの(ボールが遅い)、体育館の板張りのコート(材質は木材、ボールが非常に速い)などがあります。

テニスコートの特徴一覧

ここまで紹介した、テニスコートの種類や特徴の一覧です。プレーする際の参考してみてください。
テニスコートの種類 どこに多いか ボールのスピード ボールのバウンド
オムニコート 日本 普通、砂の量による 普通
クレーコート ヨーロッパ 遅い 普通
ハードコート アメリカ 速い、表面塗装で調整可 高い、跳ねる
カーペットコート 北欧、ヨーロッパ 速い、表面加工で調整可 普通
グラスコート ヨーロッパ、豪州 速い、芝がはげると遅い 低い
アンツーカコート ヨーロッパ 普通 普通
テニスコートの種類 雨への強さ 特徴や注意点など
オムニコート 雨に強い、止めば再開できる ラリーが続く、足腰に負担
クレーコート 弱い、水はけ悪く翌日も使えないことも ラリーが続く、足腰には楽
ハードコート 普通、ワイパーではけば再開早い けがをしやすい、足腰に負担
カーペットコート (室内コートのみ) ひっかかりやすい、足腰に負担
グラスコート 弱い、シートをかければ再開は早い 滑りやすい、下半身に負担
アンツーカコート 普通、水はけは良い ラリーが続く、足腰には楽

テニスコートの種類と特徴のまとめ

52 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バレーボールのコートのサイズとは?各ラインなどを解説!

バレーボールのコートのサイズとは?各ラインなどを解説!

バレーボールのコートのサイズは、コート全体だと9×18mで、ネットを挟んで9×9mが自分のチームのエリアとなります。コート自体のサイズ以外にも、ラインなど様々な規定のサイズが存在します。今回はバレーボールのコートの大きさやコートのラインなどのバレーボールのコートに関して詳しく説明します。
まる蔵 | 37 view
フットサルのコートサイズとは?気になるゴールの大きさとは?

フットサルのコートサイズとは?気になるゴールの大きさとは?

フットサルのコートは国際試合のコートサイズ規定があり、それは日本に存在している多くのフットサルコートのサイズとは異なりがあります。また、フットサルのゴールのサイズについてもサッカーとの比較などを通じてよりイメージしやすいように紹介します。
nosedori | 405 view
テニスコートの大きさとは?面積やサイズなどをしっかり知ろう!

テニスコートの大きさとは?面積やサイズなどをしっかり知ろう!

テニスコートの大きさについて、サイズ(寸法)、面積についてご紹介しましょう。普段はコートの大きさ・サイズを意識することはほぼありませんが、これを機会に確認してみましょう。初心者の方も今後テニスをプレーする上できっと参考になるはずです。
園城寺 希 | 25,102 view
ハードコートの特徴とは?【テニスの上達ガイド】

ハードコートの特徴とは?【テニスの上達ガイド】

テニスの上達にはプレーするテニスコートの特徴を知ることが大切です。ここでは世界のツアーで最も使用されているハードコートについての特徴を始め、プレーする上でのポイントを、初心者の方にもわかりやすく説明します。
園城寺 希 | 5,645 view
クレーコートの特徴とは?【テニスの上達ガイド】

クレーコートの特徴とは?【テニスの上達ガイド】

テニスの上達には、技術の取得だけでなく、プレーするテニスコートの種類や特徴、またテニスコートの違いを知ることも大切です。ここではクレーコートの特徴をはじめ、プレーをする上での注意点について、初心者の方にもわかりやすく説明します。
園城寺 希 | 5,880 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

園城寺 希 園城寺 希