2020年6月25日 更新

近代五種とは?競技人口・ルールから世界大会・日本代表が丸わかり!

近代五種はフェンシング、水泳、馬術、レイザーランの5競技の総合力を競います。近代五種は近代オリンピックを提唱したクーベルタン男爵が創設した競技で、万能性と過酷さからキングオブスポーツと呼ばれています。競技人口は少ないですが、伝統競技であることからオリンピックの正式競技です。

101 view お気に入り 0

近代五種とは?

 (148525)

近代五種の種目はフェンシング、水泳、馬術、射撃、ランの5種目でヨーロッパでは人気が高い競技です。さまざまな施設や5種目の競技の用具を必要とするため競技人口が少ない競技です。
近代オリンピックを提唱したクーベルタン男爵が近代オリンピックにふさわしい五種競技をと提案したのが誕生の始まりです。キングオブスポーツとも呼ばれ、オリンピック種目に1912年のストックホルムオリンピックから正式採用されています。

近代五種の種目

近代五種は1人の選手が5種類の異なる競技を実施し総合力を競います。

【近代五種の種目】

・フェンシング
・水泳
・馬術
・射撃
・ラン


1日で5種目実施される過酷さと異なる競技をこなす万能性を競うことからキングオブスポーツとも呼ばれています。
フランスのナポレオン時代に兵士が戦果を報告するため馬で敵陣に乗り込み、敵を銃や剣で倒し、泳いで川を渡り、走って丘を越えたという故事を元に近代五種の種目が決まりました。

近代五種の発祥・起源

Login 窶「 Instagram (145089)

近代五種は近代オリンピックを提唱したピエール・ド・クーベルタン男爵が古代ギリシアで実施されていた古代五種にならって近代オリンピックにふさわしい五種競技をと競技化を提案したのが始まりで誕生した競技です。
オリンピック競技には1912年に開催されたストックホルムオリンピックから採用され100年以上も続く伝統的な競技です。
古代五種とは?
古代オリンピックにおける主要競技で、立ち幅跳び、短距離走、円盤投げ、やり投げ、レスリングの5競技のことをいいます。

近代五種の競技人口

近代五種の競技人口は世界で約14000人、日本では約40人という少なさです。
ヨーロッパでは王族・貴族のスポーツと呼ばれ人気がありますが、さまざまな競技施設や各競技の用具を全て揃えなけばいけないため競技を始めるハードルが非常に高く競技人口が伸び悩んでいます。近年、国際近代五種連合がさまざまな取り組みを実施し、加盟国が100ヶ国を超えるなど徐々にいろいろな地域に広がってきています。

近代五種はオリンピック競技?

近代五種は1912年の第5回ストックホルムオリンピックから正式競技として採用されています。
競技人口は少ないですが、近代オリンピックを提唱したピエール・ド・クーベルタン男爵が提案したことで競技の誕生に歴史的な経緯があるため伝統競技としてオリンピック種目に採用されているのです。
ピエール・ド・クーベルタン男爵とは?
フランスの教育者であり、古代オリンピックを復興させ近代オリンピックの基礎や礎を築いたオリンピックの創立者です。オリンピック標語を制定やオリンピック・シンボルを創案にも尽力し、功績から近代オリンピックの父と呼ばれています。

近代五種のルール

【近代五種】5分でルール解説!東京五輪注目のマイナースポーツとは?

近代五種は1日でフェンシング、水泳、馬術、レーザーランを実施しますが、競技の特性上ルールが複雑です。

フェンシングはランキングラウンドで総当たり戦で戦ったのちボーナスラウンドで勝ち抜き戦を戦い合計点がフェンシングのポイントです。水泳は200m自由形、馬術は貸与馬で障害飛越競技で実施されます。3種目の合計得点の上位から選手からレイザーランをスタートし、1位でゴールした選手が優勝です。

フェンシング【エペ】

 (145080)

フェンシングは相手の全身どこを突いても得点になるエペで戦います。瞬発力に加え、次々を試合をするので途切れない集中力と一瞬の判断力が必要な競技です。

試合時間は1試合1分間で総当たり戦で実施され、勝率で得点が決まります。勝率70%250点とし、1試合あたりの勝敗の得点は出場人数によって変わりますが6〜8点増減します。
総当たり戦で戦うラウンドをランキングラウンドといい、ボーナスラウンドと合算して合計得点を出します。

水泳

 (145081)

水泳は200m自由形1本のタイムを競います。効率よく泳ぐフォームや技術と、200mを最後まで泳ぎ切る持久力とパワーが必要な競技です。
得点は男女ともに2分30秒250点基準とし、1秒ごとに2点得点が増減します。

フェンシング(ボーナスラウンド)

フェンシングランキングラウンドの下位選手同士から試合が始まり、1試合30秒1本勝負で、勝ち残り方式です。
スピード感溢れる試合進行で1勝あたり1ポイントがランキングラウンドのポイントに加算され、合計点数がフェンシングのポイントです。
97 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous
amazon