2019年12月13日 更新

ドッジボールの練習メニュー10選!投げる練習や取り方を解説

ドッジボールの上達には、日頃からの練習が欠かせません。練習するときには、スローイングやキャッチングのフォームやコツをしっかりと押さえることが重要です。ドッジボールの練習メニューには、1人でできるものから大人数で行うものもあります。

11,613 view お気に入り 0

ドッジボールが上手くなるには練習あるのみ!

ブルーファイヤー長門 on Instagram: “第6回全日本女子総合選手大会!始まります‼️・#ドッジボール#ブルーファイヤー長門#最高チーム#公式ドッジボール#青炎長門#ジュニア#小学生#スポーツ#全日本女子総合選手#スカイホール豊田” (96058)

ドッジボールをしていると、もっと上手くなりたいと思う気持ちや、相手選手を自分のボールでアウトにしてみたいという気持ちが出てくることもあるでしょう。

ドッジボール上達のためには練習が欠かせません。​しかし、ただやみくもに練習をするのは効率が非常に悪く、上達に時間がかかってしまいます。

練習をするときには投げ方や取り方のポイントやコツをしっかりと押さえて、やっている練習メニューが何のためのものなのかを考えて行っていくことが重要です。

ドッジボールのキャッチング練習メニュー3選

まりこの部屋 on Instagram: “息子が、夏に始めたドッジボール😊 先日の試合は、初めての公式試合でした。 . 何と何と〜、準優勝🏆 まだまだ足を引っ張る事が多い息子だけれど ゆっくりながら頑張ってます😆⤴⤴ . . 息子がずっと欲しがっていた公式球を ご褒美にプレゼント✨ それはそれは、喜びました🤣 .…” (96061)

相手がアタックしたボールをキャッチしてマイボールにしたり、味方からパスされたボールを受け取ったりと、ドッジボールではキャッチが重要になる場面が非常に多いです。

ドッジボールは投げることや当てることが重要視されがちですが、実はキャッチする技術も重要です。キャッチが上手くなれば相手に当てられることが減り、チームの勝利に繋がります。

また、ボールが怖くてよけてばかりだという人にもキャッチングの練習はおすすめです。練習時には自分に向かってくるボールを相手にすることになるので、少しずつボールに慣れることができます。
キャッチングの種類
キャッチングには、体で受け止めるボディーキャッチと手で受け止めるハンドキャッチの2種類の取り方があります。

①壁に当ててキャッチ

けい on Instagram: “今日は花園で壁当て⚾️#草野球 #軟式 #壁当て” (96075)

壁に当ててキャッチする、いわゆる壁当てをしてみましょう。こちらは、自分にボールが返ってくるように壁に当て、キャッチするというのを繰り返して行う練習方法です。

この練習は、自分の体の正面にボールが返って来るように投げ、正しいフォームでキャッチできているかを意識して行いましょう。

自分の体の正面にボールが返ってくるように投げることができれば、投げ方は下投げや両手投げなど、どんな方法でもOKです。
壁以外に、鏡に当ててフォームチェックをしながら練習する方法もあります。ボールを強く投げて鏡を割らないように注意してください。

②ボールを投げてもらう

Hideyuki Nishioke on Instagram: “メンバー集め中。☺️ #GODBOYS#ドッジボール” (96074)

この練習をする時は2人1組になり、ボールをキャッチする側と投げる側に分かれます。ボールを投げる側は、速度を1球ごとに変えてみるとより実践に近い練習になります。

こちらは特にドッジボールを始めたばかりの人や小学生に試してほしい練習方法となっています。この練習では自分に向かってくるボールを相手にすることになるので、少しずつボールに慣れることができます。

③キャッチボール

キャッチング練習のためにキャッチボールをするときは、オフェンスとディフェンスに分かれて行いましょう。
オフェンスはスローイングに集中して、ディフェンス側はキャッチングに集中して行うのが通常のキャッチボールとの違いです。

3人で練習できる場合にはパスカットの練習をしてみましょう。この場合はオフェンスが2人、ディフェンスが1人に分かれて行います。

ディフェンスはオフェンスの2人の間に立ち、パスカットをすることに集中してください。こうすることで、より実践に近い練習が可能です。

ドッジボールのスローイング練習メニュー3選

はるか on Instagram: “・ボールだけの写真好きなんだけど共感してくれる人?🙋🏻‍♀️ .#ドッジボール #ドッジボール好きと繋がりたい” (96059)

ドッジボールというスポーツは、ボールを動かさなければ試合が進行していきません。パスでもアタックでも、ボールを投げるという動作が必要になります。

スローイングの技術を強化することは、ドッジボールを上達するうえでかなり重要なポイントになってきます
スローイングの種類
スローイングには、オーバースローやサイドスロー、アンダースローというようにいくつかの種類があります。ドッジボール初心者であれば、まずは基本となるオーバースローから覚えると良いでしょう。

①筋トレ

Kazunobu Maru on Instagram: “まずは形からという事で、お次はダンベル購入😁標準+7kg位を目標に頑張ろう💪先は長い…#ダンベル #減量 #トレーニング #まずは形から #標準体重 #目標 #頑張ろう #先は長い” (96064)

ドッジボールではあまり馴染みがないかもしれませんが、スローイングの練習として筋トレを取り入れるのも効果的です。

腕の筋肉をつけることで得られるメリットは主に3つあります。

・腕が疲れにくくなる
・試合終了まで球の威力が落ちない
・速い球や力強い球が投げられるようになる


腕の筋力トレーニングとして代表的なのは、腕立て伏せやダンベル上げです。他のスローイング練習メニューとあわせて行いましょう。
ペットボトルの中に砂や水を入れると、ダンベル代わりになります。重さの調節が可能で、初めのうちは無理のない重さで始められるのが利点です。

②的を作って当てる

52 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達するためには、基礎練習を繰り返しおこない基礎を固めることが重要です。卓球が上手くなる練習メニューを多球・ラリー・サーブ・筋トレの4項目で紹介します。卓球が上達するためには、こなす練習ではなく、練習のポイントを理解して実施することで上達スピートが上がります。
Shun.T | 4,334 view
ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは浮いたボールをシュートをすること全般を指します。ボレーシュートは、足の蹴る位置によって5種類に分類され、状況によってを使い分ける必要があります。ボレーシュートには、5種類のシュートに効果のある4つのコツと身につけるために使われる2つの練習方法があります。
hoedama1 | 2,866 view
バレーボールの1人でできる練習方法とは?家・自宅でも上達したい

バレーボールの1人でできる練習方法とは?家・自宅でも上達したい

バレーボールの1人でできる練習は、自宅でボールを使ってのパス練習や、基礎体力作りのための体幹トレーニングがおすすめです。バレーボール初心者は、ボールに慣れるために、家で1人でボールを使った練習をすることで、上達が早くなります。さらに家や自宅では、バレーボールで必要な筋力トレーニングを行いましょう。
まる蔵 | 9,800 view
卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球のサーブ練習は、練習した分だけ上達しやすい技術となります。その理由は、対戦相手に左右されない唯一のタイミングで打てるためです。具体的な卓球のサーブの練習方法は、転をかける方法・正確なトス上げ・フォームを習得することです。サーブを練習する時に意識することは、回転量やサーブの長短を意識することとなります。初心者の方がサーブが上達する練習方法を紹介します。
Anonymous | 3,055 view
卓球のフットワークを強化する方法とは?具体的な練習法を解説

卓球のフットワークを強化する方法とは?具体的な練習法を解説

卓球のフットワークを強化する練習方法は、左右のフットワーク(1本1本)、切り替えし(2本2本)、ファルケンベリフットワーク、ミドルとフォア・バックの切り替えし、前後のフットワークの5つになります。卓球のフットワーク練習で意識する7つのコツを紹介します。
Anonymous | 2,320 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

トラマル トラマル