2020年5月26日 更新

ダブルコンタクトとは?バレーボールの反則を解説

バレーボールのダブルコンタクトとは、1人の選手が続けて2回ボールに触れる反則です。オーバーハンドパスもアンダーハンドパスも、ボールを左右の手で同時に処理しなければいけません。手がばらついた場合、ダブルコンタクトの反則が取られて、相手チームにポイントが入ります。

173 view お気に入り 0

ダブルコンタクトとは?

Login 窶「 Instagram (135875)

ダブルコンタクトとは、一人の選手が2回連続してボールに触れたときに取られる反則です。

オーバーハンドパスで、左右同時ではなく右手と左手が触るタイミングがズレたときに取られるケースが多いです。片手でオーバーハンドトスを上げるときに、指がばらついた場合もダブルコンタクトとなります。

アンダーハンドパスの場合も、左右の手に別のタイミングでボールが当たった場合にはダブルコンタクトの反則です。

コンタクトの意味

コンタクトの意味は、相手と交渉・連絡を取ること、接触・交際をすることと定義されています。英語表記ではcontactです。

バレーボールの反則のダブルコンタクトのコンタクトの意味は接触することで、選手の体がボールに接触することを意味します。バレーのコンタクトは、触れるを意味するタッチと同様の意味で使われています。

ダブルコンタクトの意味

英語表記 意味
ダブル double 二重・二倍・同じことが2回重なること
コンタクト contact 接触する・触れる
バレーボールの反則のダブルコンタクトの意味は、ダブル:2度、コンタクト:触る​で、1人の選手が連続してボールに触ることです。

ダブルコンタクトが発生するケースとは?

6人制 バレーボール審判 ダブルコンタクト

ラリー中にダブルコンタクトの反則が発生するケースは、主に2つです。

・オーバーハンドパスで、ボールが左右の手に同時に触れなかった場合
・アンダーハンドパスで、ボールが左右の腕に同時に触れなかった場合

ダブルコンタクトの反則が発生した場合の審判のハンドシグナルは、片手で2本の指を立てます。ピースサインと同じです。

オーバーハンドパスのダブルコンタクト

オーバーハンドパスのダブルコンタクトは、オーバーパスでボールを処理するときに、左右の手が同時でなく微妙にタイミングがズレてしまう場合が多いです。初心者に多い反則ですので、左右の手で同時にパスをする習慣をつけることが大切です。

ネットに近い位置でジャンプトスをする場合、片手で上げる場合があります。片手でのオーバーパスで、親指とほかの指がボールに触れるタイミングが違っても、ダブルコンタクトとなります。

アンダーハンドパスのダブルコンタクト

アンダーハンドパスのダブルコンタクトは、左右の手が同時ではなくばらついてしまったときに発生します。片方ずつの手で2回触れてしまった場合です。

バレーボールのルールでは、体のどの部分を使ってボールを上げてもよいとされていますが、足と腕など違う場所で2回ボールに触った場合もダブルコンタクトをとられます。

ダブルコンタクトを取られないケース

Login 窶「 Instagram (135879)

ダブルコンタクトを取られないケースは2つです。

・相手コートから来たファーストレシーブ
・相手チームのスパイクをブロックした場合

ブロックの場合、ブロッカーが意識して両手を同時にボールに触らせることは不可能で、ボールが手と頭に触ることもあります。ブロックの場合はダブルコンタクトは適用されません。

ダブルコンタクトと似たルールとは?

6人制 バレーボール審判 キャッチボール

ダブルコンタクトと似たルールは主にキャッチボールです。キャッチボールは、以前はホールディングとされていて、オーバーパスでボールを手に持つ・アンダーパスで両手でボールを挟むケースです。

いずれも初心者にありがちな反則ですが、ハイレベルのバレーでも予期しないボールがきたときに発生する実例もあります。

ダブルコンタクトを取られると相手チームのポイントになるので、正しいパスの形を習得しましょう。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バレーボールの「タイムアウト」と「テクニカルタイムアウト」の違いとは?

バレーボールの「タイムアウト」と「テクニカルタイムアウト」の違いとは?

バレーボールのタイムアウトは、監督やチームの考えで自由に取れる休憩時間です。一方、テクニカルタイムアウトは、大会側の運営ルールで決めたタイミングで取る休憩時間のことです。テクニカルタイムアウトもタイムアウトも、短い休憩という点では違いはありません。両チームの選手にとって、水分補給をしたり、身体を休めたり、戦略的な作戦・心理的な作戦を練ったりする重要な時間となります。
yuppe2020 | 36 view
ラリーポイント制とは?サイドアウト制との違いも紹介【バレーボール用語解説】

ラリーポイント制とは?サイドアウト制との違いも紹介【バレーボール用語解説】

バレーボールのラリーポイント制とは、ラリーが終わった時点でサーブ権の有無にかかわらず点数が入る方式です。ラリーポイント制に変更されて、試合時間が短縮化して運営側や選手の負担が減りました。1つのミスが相手のポイントになるため緊張感も増し、見る側もわかりやすくなったのもメリットです。
まる蔵 | 63 view
バレーボールのチャレンジシステムとは?【用語解説】

バレーボールのチャレンジシステムとは?【用語解説】

バレーボールのチャレンジシステムとは、公平なジャッジのために導入されたビデオ判定システムです。Vリーグでは2016年度から導入、2019年から新システム・ホークアイが使われています。ボールのIN・OUTなど1点を左右する重要な局面での判定に役立っています。
emikobayashi215 | 67 view
アウトサイドヒッターとは?ウイングスパイカー・オポジットとの違い

アウトサイドヒッターとは?ウイングスパイカー・オポジットとの違い

アウトサイドヒッターとは、バレーボールのポジションの1つで、攻撃を専門とする選手のことを言います。以前はレフトやライトと呼ばれていたポジションです。攻撃担当のポジションでは、他にウイングスパイカーやオポジットがありますが、それぞれ少し違いがあります。
ユウ925 | 64 view
陸上のケツワレ(ケツ割れ)とは?語源や気になる意味を解説【陸上専門用語】

陸上のケツワレ(ケツ割れ)とは?語源や気になる意味を解説【陸上専門用語】

陸上のケツワレ(ケツ割れ)とは、400mや中距離競技で全力疾走した後に起こる尻から太もも裏の部位が痛む症状です。日常生活にはない独特の違和感で、ケツがいくつもに割れてしまうような痛みと表現されることが語源です。完全に避けることは不可能で、痛みと上手に付きあう必要があります。
emikobayashi215 | 85 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵
amazon