2020年3月20日 更新

サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツを解説

サイドハーフとは、サイドハーフとは中盤のサイドでプレーする選手でです。サイドハーフの役割は、攻守の両面で多くの仕事があり、攻撃時にはドリブル突破やセンタリングでチャンスを作りだし、守備のときは相手へのアプローチや味方のカバーを状況に応じて行います。サイドハーフはあらゆる局面に関わる必要があるため、豊富な運動量も求められるポジションです。

23,786 view お気に入り 0

サイドハーフとは?

Takashi Inui/乾貴士 on Instagram: “今日こそ勝って、またみんなで喜びたい!!チームのために頑張って、走ってきます!!” (111723)

サイドハーフとは中盤のサイドでプレーする選手を指します。

サイドハーフは攻撃時にはサイドでボールを受けてドリブル突破を仕掛けたり、中央に入ってボールを受けて攻撃の起点になることが必要です。

守備も献身的に行うことが求められ、相手へのアプローチや味方のカバーリングを行います。

サイドハーフは攻守両面で関わるためにタッチライン際を何度もスプリントするため、豊富な運動量が不可欠です。

サイドハーフの攻撃時の役割

サイドハーフは攻撃時にチャンスをつくり出すことが最も重要な役割です。

チームの攻撃を機能させるためにポジションを取り、ドリブル突破やセンタリングでチャンスメイクをします。

サイドハーフの動き方ひとつで攻撃の質は大きく変わります。

幅をとる

 (111676)

サイドハーフは攻撃時には幅を取る役割を担います。

サイドハーフが幅を取ることで、相手の守備ブロックを広げることができます。すると、スペースを使った有効な攻撃が可能になります。

サイドハーハーフの選手は味方との関係性を考えなくてはいけません。ボールだけを見てボールによっていけばプレーするためのスペースがなくなります。するとサイドハーフの選手がボールを受けたとしても、相手からプレッシャーを受けてしまい、効果的なプレーができません。

ドリブル突破

トシ@サッカー専門の身体作り on Instagram: “若い頃のネイマール . . 線は細いけど やっぱりこの頃からある 身体全体を使った ダイナミックさ。それでいて ぱっと見でわかるような 落ち着きと緊張のない動作 . プレーの根本にあるのはいつも こういった動作の質 そして思考の質 の積み重ねであって これらを掛け合わせたものが…” (111718)

サイドハーフはサイドでドリブル突破することが要求されます。

サイドハーフがドリブル突破をすれば、ゴールを奪うチャンスを作り出せます。

サイドをドリブルで突破できれば、ゴールに近づくことができますし、良い状態でセンタリングをゴール前に送ることも可能です。
また、サイドバックを突破すると、センターバックをゴール前から引っ張りだせます。(相手のセンターバックがカバーにくるため)。そうすれば、相手ゴール前は手薄になり、ゴールを奪う可能性が高まります。

センタリング

HM_koichi on Instagram: “TAAの母方の祖母の元カレってアレックス ファーガソンらしい... 誰得の情報やねんって感じやけど少し驚いたな。 ほんま少しだけ。 #東心斎橋 #心斎橋 #ミナミ #肉バル #肉居酒屋#居酒屋 #ゴラッソ#サッカー好きな人と繋がりたい#サッカー観戦 #スポーツ観戦…” (111719)

サイドハーフの選手は精度の高いセンタリングをあげることが求められます。

良いセンタリングをゴール前にあげることができれば、得点のチャンスは高まります。

センタリングも多くの種類のボールが蹴れることが大切です。カーブボールやグラウンダーの鋭いボールなど、様々なセンタリングを蹴り分ける必要があります。そして、サイドハーフの選手がFWの動き方やDFの守り方に応じたセンタリングをあげることで、多くのゴールを奪うことができます。

ギャップでボールを受ける(間受け)

 (111680)

サイドハーフは中央に入っていき、ギャップでボールを受ける(間受け)必要があります。

サイドハーフが間受けすると、相手の守備組織にズレを作り出すことができ、効果的な崩しが可能になります。
サイドハーフがギャップに入って行くタイミングはサイドバックが幅を取れている時です。
サイドバックが幅を取り、相手を広げている状態でサイドハーフがギャップに入れば、スペースがある状態でボールを受けることができます。

サイドハーフの守備時の役割

サイドハーフは守備の局面でも多くのことが求められます。

サイドハーフは以前では攻撃的なポジションという印象が強くありましたが、現代サッカーでは攻撃だけではなく守備をすることも重要な役割です。

サイドハーフが相手へのアプローチや味方のカバーリングなどの動き方を理解し、献身的に守備を行うこで強固な守備組織が完成します。そのような守備の貢献を、1試合通して行う必要があります。

サイドバックへのアプローチ

Genki Haraguchi on Instagram: “focus on the next game.苦しい時こそ、次の準備を大切にする。#h96 @hannover96” (111721)

サイドバックへのアプローチは、サイドハーフの守備における重要な役割です。

サイドハーフの選手が相手サイドバックにアプローチをかけることで、守備のスイッチが入りやすくなります。

サッカーでは相手のサイドバックにボールが渡った時にプレッシャーをかけることが、ボールを奪う有効な手段です。その役割を担うのがサイドハーフです。サイドハーフのプレッシャーの質が高ければボールを奪うことができます。たとえボールを奪えなくても相手のミスを誘い、自分たちのボールにすることができます。

センターバックへのアプローチ

 (111681)

サイドハーフは状況によってセンターバックにもプレッシャーをかける必要があります。

現代サッカーではポゼッションの質が上がり、1人の選手が1人の相手にしかプレッシャーに行けない状況だと、守備は成り立ちません。それでは相手のポゼッションで簡単にかわされて、ゴール前までボールを運ばれてしまいます。

例えば自チームのフォーメーションが442で、相手のフォーメーヨンが433の場合、相手のアンカーがフリーになります。FWがアンカーをマークすればCBがフリーになりますが、サイドハーフはそのセンターバックに対してもアプローチできるポジショニングをとります。
53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

右サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツ

右サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツ

右サイドハーフは中盤の右サイドの選手のことを指します。現代サッカーの右サイドハーフはサイドでプレーするだけではなく、ピッチ中央に入っていくプレーも求められます。サイドのアップダウンを中心にピッチを動き回る必要があるため、豊富な運動量が要求されるポジションです。
Anonymous | 2,595 view
バスケのポイントフォワードの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのポイントフォワードの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

ポイントフォワードとは、フォワードの選手がポイントガードの役割もこなすポジションです。つまり、ガードとフォワードのポジションを兼任するポジションになります。 ポイントフォワードは、絶対不可欠なのはキャプテンシーをもっていて、フォワードができるサイズと体の強さが必要です。
Act | 2,068 view
卓球ダブルスの動き方のコツとは?ダブルスの基礎力アップ【初心者ガイド】

卓球ダブルスの動き方のコツとは?ダブルスの基礎力アップ【初心者ガイド】

卓球ダブルスの動き方は、打ちながら動く・パートナーにスペースを空ける・パートナーとの距離感などを意識して、次のプレーの準備と打球コースでポジションを変更することです。卓球ダブルスの動き方の基本、ダブルスの動き方を覚える練習方法について解説します。
Anonymous | 892 view
サッカーのウイングの役割と動き方とは?サイドハーフとの違いも解説

サッカーのウイングの役割と動き方とは?サイドハーフとの違いも解説

サッカーのウイングはサイドの最前線に配置される攻撃的なポジションです。ウイングはサイドでボールを受けて、相手守備陣を崩していくことが求められます。しかし、ウイングの役割は、ドリブル突破が優れていたり、個人能力が高いだけではなく、チームの中で動き方を理解する必要があります。
Anonymous | 9,374 view
左サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツ

左サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツ

左サイドハーフは、中盤の左サイドを担うサイドアタッカーが務め、左サイドの攻撃、左サイドの守備を機能させるためには欠かせないポジションです。左サイドハーフのミッドフィルダーが攻撃と守備の局面で必要とされるサイドでの攻防でのスキルやオフザボールの動き方にはコツがあります。
hoedama1 | 3,224 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous