2020年3月20日 更新

オリンピックの名前の由来とは?気になる言葉の語源などを解説【五輪】

オリンピックの名前の由来は、古代ギリシアの都市オリンピアが語源とされています。オリンピックは単なるスポーツの祭典ではなく、世界平和のための理念が込められた祭典です。また、パラリンピックはパラレルとオリンピックを組み合わせた造語が名前の由来となっています。

1,448 view お気に入り 0

オリンピックの名前の由来とは?

O-DAN (オーダン)- 無料写真素材・フリーフォト検索 (116308)

オリンピックの名前とは?

オリンピックの名前は英語では、The Olympic Gamesまたは、The Olympicsの二通りの表現が多く使われています。単語の最後にsがついていますが、The Olympic Games is〜、The Olympics is〜といった複数競技の集合体としての単数表現もできます。

オリンピックの名前の由来

オリンピックの名前の由来は、オリンピア(olympia)という古代ギリシアの都市名が語源とされています。その昔、オリンピアでは4年に1回、オリンピア大祭または、オリンピア祭典競技という名前で、近代オリンピックの前身となる古代オリンピックが開催されていました。

オリンピックの起源

O-DAN (オーダン)- 無料写真素材・フリーフォト検索 (116328)

オリンピックの起源は、紀元前9世紀頃に始まった古代オリンピックが起源です。ギリシア神話に出てくるゼウス、ポセイドン、アポロンといった神様に捧げるための競技祭典が開催​されていました。

最盛期にはギリシアの各地から選手が参加し、ギリシア人はこの祭典を特別に神聖視していて、参加資格には厳格な規定がありました。

【参加資格】
・ギリシア人の血筋を持つ者
・罪を犯したことがない者
男性であること

オリンピックキャラクターの名前の由来とは?

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックのマスコットキャラクターの名前はミライトワとソメイティです。日本オリンピック委員会によると、マスコットキャラクターの名前の由来は、ミライトワには素晴らしい未来が永遠に続くようにとの願い。

ソメイティは、桜を代表するソメイヨシノと英語でとても力強いという意味のso mightyの組み合わせからネーミングが決まりました。

五輪の由来

O-DAN (オーダン)- 無料写真素材・フリーフォト検索 (116320)

日本では五輪という呼称はお馴染みのものでありますが、正式な名前ではなく、俗称です。気になる五輪の名前の由来は、オリンピックのシンボルマークである5色の輪や、オリンピックのオリンと発音が似ていることから、略称として読売新聞の記者が五輪を考案しました。

その後、朝日新聞、日本経済新聞など他新聞社も五輪という表記を使うようになり、大衆へと浸透していきました。

オリンピックの歴史とオリンピズムとは?

O-DAN (オーダン)- 無料写真素材・フリーフォト検索 (116307)

古代オリンピック

紀元前9世紀から紀元後4世紀にかけて、さまざまな競技をオリンピア大祭で行っていました。しかし、392年にキリスト教が国教となり、キリスト教以外の宗教は禁じられました。そのことがきっかけで、オリンピア大祭は禁止され翌393年の第293回を最後の開催としています。

神様に捧げる祭典だけあって過激な競技も多々ありました。レスリング、ボクシング、パンクラティオンといった格闘技は、どちらかがギブアップをするまで戦うという過酷な競技でした。
ディアロウス競走 現在の400m走に相当する競技
ドリコス競走 約3800m程度を走る競技
ペンタスロン 短距離競走、幅跳び、円盤投げ、やり投げ、レスリングの5種競技
戦車競走 当時の戦車を馬が引いて順位を争う競技
レスリング ペンタスロンから単独の競技として実施
ボクシング 防具、グローブ、体重制限、時間制限なしで殴り合う競技
パンクラティオン 目つぶしと噛みつき以外を許された格闘競技

近代オリンピック

フランスのピエール・ド・クーベルタン男爵が、古代オリンピックをもとに世界的なスポーツ大会を開催することを提唱し、1896年に第1回大会がギリシャのアテネで開催されました。第1回大会は古代オリンピックと同じく女子禁制でした。
また、当時のギリシャの財政事情から優勝者には金メダルではなく、銀メダルが授与されました。

【実施競技】
・陸上競技
・競泳競技
・体操
・レスリング
・フェンシング
・射撃
・自転車
・テニス

オリンピックの意義

 (116323)

オリンピックで大事なのは勝つことではなく参加することだ
オリンピックの意義は、「オリンピックで大事なのは勝つことではなく参加することだ」と提唱したピエール・ド・クーベルタン男爵が、ある出来事をきっかけに演説の中で説きました。

ある出来事とは、第4回のロンドンオリンピックの陸上競技で、アメリカとイギリスの間に対立が起こり、国、選手、国民同士の関係性を悪化させてしまったのです。

スポーツの祭典として、経済効果や、国威の顕示、政治への影響、勝利至上主義などのイメージが強いオリンピックですが、本来の意義には世界平和のための祭典を掲げています。オリンピックの理想で最も重要な要素です。
48 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ソフトテニスの歴史とは?発祥国や起源・始まりはいつから?【軟式】

ソフトテニスの歴史とは?発祥国や起源・始まりはいつから?【軟式】

ソフトテニスの歴史は、130年以上前の日本で始まりました。ソフトテニスの発祥は、テニスの硬式ボールをゴムのボールで代用したことがきっかけです。ゴムボールを使ったソフトテニスは独自の歴史を歩むようになり、現在では硬式テニスとは別のスポーツとして発展し、海外でも人気があります。
Anonymous | 5,853 view
バスケットボールの歴史とは?バスケの発祥と始まり・起源はいつから?

バスケットボールの歴史とは?バスケの発祥と始まり・起源はいつから?

バスケットボールの歴史は、1891年にアメリカの国際YMCAの体育教官だったジェームズ・ネイスミスによって考案されます。当時のバスケのルールは13条のルールで試合が行われ、バスケの人気が高まることでプロリーグの創設やオリンピック正式種目として登録されるようになっていきます。
Anonymous | 22,660 view
高校野球の歴史とは?春の選抜・夏の甲子園の始まりから100年の歴史

高校野球の歴史とは?春の選抜・夏の甲子園の始まりから100年の歴史

高校野球の全国大会には春と夏の2つの大会があり、現在はともに甲子園球場で開催されているため甲子園大会とも呼ばれています。夏の甲子園は1915年、春の甲子園は1924年に始まり、夏の大会は2019年に100回大会を迎えています。
tatsunari1205 | 2,559 view
野球の歴史とは?発祥の国や始まり・起源はいつから?

野球の歴史とは?発祥の国や始まり・起源はいつから?

野球の歴史は、12世紀が起源とされています。野球の歴史の発祥の国はイギリスとされていて、現在の野球の形はアメリカで誕生しました。日本やアメリカにプロ野球チームができたことでルールは徐々に改正されていき、野球の道具も進化し現在の野球の形へと近づいていきます。
Anonymous | 13,289 view
卓球の歴史とは?ルールやラケットの歴史や発祥国や起源・始まりはいつから?

卓球の歴史とは?ルールやラケットの歴史や発祥国や起源・始まりはいつから?

卓球の歴史は、インドやフランスの娯楽や遊戯が起源となっています。卓球の歴史において発祥の国はイギリスとなっていて第一回世界選手権はロンドンで開催されました。また、世界選手権の開催により卓球のラケットやラバーの開発も進んでいき同時にルールも改正していきました。
Anonymous | 22,687 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hayato.e hayato.e
amazon