2020年2月2日 更新

フットサルシューズの選び方!3つのポイントとおすすめシューズ5選

足裏でボールコントロールが多くなるフットサルでは、フットサルシューズの選び方が重要となります。選び方を知らないと後に後悔してしまう結果にも繋がり兼ねません。フットサルシューズの選び方のポイントについて理解し、最適な靴でフットサルを楽しみましょう。

4,573 view お気に入り 0

フットサルシューズの選び方①コート別

 (59636)

フットサルシューズは、主に屋外の人工芝で履く人工芝コート用と、体育館など屋内で履くタラフレックスや木材コート用の2種類があります。
基本的にフットサルシューズの選び方は、シューズの特性を活かしてプレーすることが基本となるため、使用するコートによって選ぶことが常です。
人工芝コート用シューズと体育館用シューズの違いは靴底(ソール)の形状の違いによるものです。
それぞれの特徴や違いについて理解しておきましょう。

人工芝コート

 (59634)

人工芝は、フサフサしてクッション性がよく、足腰への負担が軽減されることで知られています。人工芝コートは、天然の芝に似せて人工的に開発されたフサフサした素材の芝(主にロングパイル)を用いており、付随してゴム製の小さいチップが撒かれているのが特徴です。
人工芝用のシューズの選び方は、人工芝の1本1本が長くて滑りやすいので、靴底(ソール)にいくつもの突起(滑り止め)がついているものを選びます。
ソールの突起は、特に雨などで湿った人工芝に対してグリップ力を発揮してくれます。

タラフレックス・木材コート

 (59637)

タラフレックスや木材といった素材は、フットサルのプロチームが利用しているホームのコートや公共の体育館など、主に屋内で使用されています。
特にタラフレックスはフットサルにおいて、床材の硬さ・反発力・滑りやすさ全てが最も適した素材と言われています。タラフレックスや木材は床面がフラットで材質が硬いのが特徴です。
体育館用(屋内用)のシューズの選び方は、足裏でのボールタッチがしやすいようにソールが柔らかくフラットで浅い溝が入っているものを選びます。

フットサルシューズの選び方②フィット感

 (59647)

フットサルシューズの選び方で最も重要視しなけらばならないのがフィット感です。
フットサルシューズ以外の靴でもフィット感が大事であることはご存知のことと思います。
勿論フットサルシューズも例外ではありません。実際に手に取り、試し履きしてフィット感をしっかりと確かめましょう。
フィット感を確かめるためには甲・つま先・アーチ・かかとの4ヵ所の確認が必要となります。
また、試し履きするときは、両足で履き、紐をしっかりと締めることをおすすめします。

 (59648)

甲はシューズに対して狭すぎても緩すぎてもよくありません。
選び方として狭い場合は、甲高のフットサルシューズを選びますが、その際に、幅広(ワイド)タイプがぴったり合う場合があり、甲高と思っていても実は幅広だったりします。
しかし逆のパターンもありますので、甲と幅の両方で試し履きを行うことをおすすめします。
また、フットサルシューズがどうしても緩い場合には、足と一体化させる靴紐で調整します。靴紐の穴の上から下に靴紐を通すと、締まりがよく緩みにくいため、紐締め効果が得られます。

つま先

 (59649)

フットサルシューズを履いたときに、つま先にぴったりと指がついてしまうと、爪を剝がしてしまったり、走りづらいので、多少の余裕が必要になります。
また逆に、靴のつま先から指までの間が広すぎると、踏ん張りが利かなかったり、特にトーキックでボールを蹴った時に、指にシューズのつま先部分が折り曲がって指を怪我してしまうことがあります。
理想は、つま先から足の指まで0.5cm~1.0cmの余裕があり、足の指が自由に動かせることです。また、つま先の横幅が狭い場合は、幅広(ワイド)タイプを試してみて下さい。

アーチ

 (59651)

フットサルでは、できる限り素足に近い感覚でボールコントロールができることがBESTなので、アーチ(土踏まず)は、可能な限り実際にシューズを履いて、ボールを足裏で転がしてみて下さい。
そのときの足裏のフィット感を感じてしっくりくるかどうかが大切です。
また、自分の足とシューズの土踏まずの部分がずれていたり、クッションなどで痛みを感じる場合は、アーチクッションを取り外して履いてみましょう。アーチクッションがなく、フィットするシューズが理想です。

かかと

 (59650)

フットサルシューズのかかとは、形状を確認する必要があります。かかとが少し丸み帯びているシューズや平らに近いシューズなどがあります。
自分のかかとの形状に合っていないシューズを選ぶと靴ずれの原因となりますので、かかとの形状と合ったものを選びましょう。また実際に履いて少し歩き、かかとが浮かないことを確認して下さい。
歩いてみてかかとが浮いてしまうようでは、プレー中にシューズが脱げてしまい足をひねったりして、怪我のもととなります。かかとが浮いてしまったら、1サイズ小さいものを選びましょう。

フットサルシューズの選び方③素材

71 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハイカットのバレーボールシューズの10選とおすすめの選び方を解説

ハイカットのバレーボールシューズの10選とおすすめの選び方を解説

バレーボールシューズは種類によって特徴があり、ハイカットシューズには足首を固定する特色があります。ハイカットシューズは足のくるぶしまで覆うため、スパイカーや足首に不安のある方におすすめです。ハイカットシューズの正しい選び方は、着地のときの衝撃吸収力・軽さ・安定感の3点に注意して選びましょう!
まる蔵 | 157 view
サッカーの室内用シューズはどうやって選ぶの?おすすめを3つ紹介

サッカーの室内用シューズはどうやって選ぶの?おすすめを3つ紹介

サッカーは基本的に外でプレーするものですが、室内でサッカーをする場面も少なくありません。これからサッカーを始めるなら、室内用のシューズもチェックすることも大切です。室内用シューズ選びに悩んでいる場合は、シューズの最適な選び方を知ったうえで探してみましょう。
KAERUNABE | 45 view
ジュニア・子供用のバレーボールシューズはどう選んだらいいの?

ジュニア・子供用のバレーボールシューズはどう選んだらいいの?

ジュニア・子供の足のサイズや成長の早さは個人差が大きいので、バレーボールシューズは慎重に選びたいものです。すぐに成長するからといって大きいバレーボールシューズを選ぶことや長期間足のサイズを計らないのはよくありません。ジュニアのバレーボールシューズの正しい選び方・おすすめのバレーボールシューズを紹介します。
まる蔵 | 163 view
マジックテープのバレーボールシューズがおすすめな理由とは?

マジックテープのバレーボールシューズがおすすめな理由とは?

バレーボールシューズには様々な種類があり、最近ではマジックテープで固定するタイプも多く販売されています。マジックテープには着脱が簡単なことをはじめメリットがたくさんあります。今回はマジックテープのバレーボールシューズをおすすめする理由と、おすすめの商品をご紹介します。
まる蔵 | 388 view
かっこいいバッシュのランキングTOP7!デザイン重視のシューズ

かっこいいバッシュのランキングTOP7!デザイン重視のシューズ

バッシュといえば、普段使いできるかっこいいデザインが人気で、プレーに使用するだけではなく、カジュアルなどファッションアイテムの一部として活躍しています。ナイキや、アディダスなどのスポーツメーカーからリリースされているかっこいいバッシュをランキング形式で紹介していきます。
masamiohdaira9 | 5,332 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

skynetasia391k skynetasia391k