2020年2月10日 更新

部活をやめる方法とは?辞め方に悩む人に正しい順番と考え方を解説!

部活をやめる適切なタイミングは、大会が終わった時、進級する3月、長期連休前です。部活をやめる理由は、学業や他にやりたいことがあるなど具体的なことを見つけ、正しい順番で相談し辞めることを部活動の顧問に伝える必要があります。部活動をやめた後も、学校生活は続きますので辞め方には注意しましょう。

2,312 view お気に入り 0

部活をやめる最適なタイミングは?

 (109209)

部活をやめる最適なタイミングは、大きく分けて3つあります。1つめは、大きな大会が終わった直後、2つめは長期休暇中、3つめは自分の中で区切りがついた時です。

基本的には、自分でやめると決めたのであれば、自分にとっても周囲の人にとっても早く伝える方がいいですが、部活を長く続けていればいるほど、さまざまなしがらみもあり、そう簡単にはいきません。伝えるタイミングによっては、その後の人間関係に影響する可能性もあります。

ここでは、どうしてこの3つが部活をやめる最適なタイミングになるのかを詳しく解説していきます。

大きな大会やイベントが終わった直後

部活をやめる最適なタイミングは、大きな大会やイベントが終わった直後です。

このタイミングでやめることをおすすめする一番の理由は、大会やイベントが終わった直後は顧問も部員も疲れていて、頭も完全にオフモードになっているため、部活をやめると伝えてもあまり心に響きにくいからです。

逆に大会前のようにみんながピリピリしている時にやめると言ってしまうと、「こんな時に何を言っているんだ!」と反感を買って、その後の人間関係にも影響してします。

また、大きな大会をやり遂げた後であれば、自分の中でも心の整理がつきやすいはずです。

進級する前や長期休暇中

次に部活をやめる最適なタイミングは、進級する前や長期休暇中です。

長期休暇中で毎日顔をあわせていなければ、仲の良い友人でなければ案外やめたことにも気づかないものです。やめる側としては多少の寂しさを感じるかもしれませんが、反対されたり変に騒がれたりするよりもずっといいでしょう。

自分にとっては、部活をやめることは大きな決断ですが、中学生や高校生は自分の部活や勉強、恋愛に夢中で、他人のことにはそれほど興味はありません。休暇中に部活をやめれば、その後の人間関係に悩むこともないはずです。

自分の中で区切りがついた時

 (109211)

最後は、自分の中で何か区切りがついた時です。

自分の中で一つの区切りがついていれば、部活をやめてから「あの時にああしておけば良かった」と後悔することもありません。例えば、次の大会に出たらやめる、今度の試合にスタメンで選ばれなかったらやめる、など自分の中で心の整理をつけることができるタイミングを見つけてください。

部活をやめる理由を整理しよう!

 (109212)

部活をやめることを周りに伝える前に、まずは自分の中で部活をやめる理由を整理しましょう。

部活をやめた後の人間関係のことを考えると、周囲の人に部活をやめることをきちんと納得してもらわなければなりません。他人を納得させるためには、まずは自分の中でどうして部活をやめるのかを明確にしておく必要があります。

なかなか頭の中がすっきりしない場合は、思ったことを全て紙に書き出してみたり、誰かに話を聞いてもらうのも良い方法です。

部活をやめたことを後悔しないよう、やめる理由を整理するようにしてください。

部活をやめることを誰から伝えるべき?

①親に伝える

 (109213)

部活をやめることは、まずは親に相談しましょう。

親はどれだけ衝突しても、最終的には必ず子どもの味方になってくれます。仲の良い友人や顧問に見放されても、親だけは決して見放したりしません。

中学・高校の思春期の頃は、照れや反発から親に何かを相談することはあまりないかもしれませんが、親に相談して後押ししてもらえば、落ち着いて友人や顧問にも伝えることができるでしょう。

②信頼できる先輩や友人に伝える

 (109214)

部活をやめることを親に相談した後は、部内の信頼のできる先輩や仲の良い友人に相談しましょう。

良い人間関係を築くことができている先輩や友人であれば、頭ごなしに部活をやめることに反対せず、まずは悩みや部活をやめる理由を聞き、あなたの気持ちに寄り添ってくれるはずです。

ただ、この時に注意するべきなのは、相談する相手をどう選ぶかです。中学や高校でさまざまな友人と付き合っていれば、誰が信用できて誰が信用できないか、ある程度は判断がつくでしょう。相手を間違えれば、顧問に直接伝える前に部内全体に話が広まってしまいます。

③顧問に伝える

最後は、報告として部活をやめることを顧問に伝えましょう。

顧問は、立場上ほぼ確実に部活をやめることに反対して引き留めようとするはずです。既に部活をやめる意思が固まっている場合は、顧問の説得に付き合うのは時間の無駄でしかありません。

部活をやめたい理由をきちんと説明し、最後は「ありがとうございました!」と反論の余地を与える前に去るのがベストな辞め方です。

部活をやめる時のベストな理由は?

トラブルなく部活をやめるためには、事前に差し障りのない言い訳や口実を考えておくことです。

もちろん、自分の気持ちを正直に話すことが一番ではありますが、全てを包み隠さず話してしまうことが必ずしもベストな辞め方になるとは限りません。理由によっては、相手に嫌な印象を与えてしまいます。学業に専念したい、親が反対しているなど、周囲に引き留められにくい理由を考えておきましょう。

ここでは、部活をやめる時のベストな理由について詳しく解説します。

学業に専念したい

49 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

部活をやめたい!そう思ったあなたに伝えたいこととは?

部活をやめたい!そう思ったあなたに伝えたいこととは?

部活をやめたい!一度も思ったことのない人は少ないのではないでしょうか?どうしてもやめたい、またはやめるかどうか迷っている…個人個人状況は違いますよね。まず、あなたが部活をやめたい理由を整理してみましょう。よりよい決断をするための方法をご紹介していきます。
まる蔵 | 1,389 view
中学生の部活ランキング10選!学生に人気の部活動とは?

中学生の部活ランキング10選!学生に人気の部活動とは?

中学校には数多くの部活の種類がありますので、中学生の人気の部活をランキング形式を紹介します。部活のランキング第1位の部活は男女合わせて30万人以上の部員を誇るソフトテニス部です。続けてランキング2位がバスケットボール部、3位が卓球部で、中学生の上位の部活に共通しているのが男女共に人気があることです。
masamiohdaira9 | 54,207 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous