2020年3月8日 更新

スパイクボールとは?アメリカで熱狂のバレーボールに似た競技を紹介

スパイクボールとは、中央に置いた小さなトランポリン状のネットに、ボールをバウンドさせて競うゲームです。2対2で、バレーボールのように最大3回までのタッチで相手に返球してラリーをします。スパイクボールは、発祥地のアメリカでは公式戦もあり、日本でも徐々にファンが増えています。

1,090 view お気に入り 0

スパイクボールとは?

 (114021)

スパイクボール(spikeball)とは、2対2で中央のネットにボールをバウンドさせてラリーをする新感覚のスポーツです。

4人でフラフープ大のネットを囲んで、バレーボールのようにサーブから始めて3回のタッチ以内に相手にボールを返球します。相手チームが3回以内に返球できなかった場合に得点になるシンプルなゲームです。

スパイクボールの基礎知識

スパイクボールは、2人制のバレーボールのイメージで、ネットにバウンドさせて3回以内に相手に返球するのが基本です。アメリカでは公式戦が行われ、公式サイトも設けられていますが、日本では主にキャンプ場や海辺などのアクティビティとしてプレーされています。

ネットはコンパクトな組み立て式で持ち運びが便利なことから、日本国内でも徐々にプレー人口が増えています。

スパイクボールのルール

Spikeball: The Basics

スパイクボールのルールはとてもシンプルで、3回以内にネットにバウンドさせたボールを相手に返球するだけです。バレーボールでは3回以内にネットを越して相手コートに返球しますが、スパイクボールは中央のネットにバウンドさせて相手に返球します。

ボールはソフトボール位の大きさの柔らかい素材でできていて、手で握らずに軽くはじくようにして打ちます。手が大きい方が有利ですが、女性や子供でもすぐにルールを理解して楽しめることも人気です。

スパイクボールのルール①基本編

Kayano.T on Instagram: “. spike ball . 下手枠やったけど めっちゃくちゃ楽しかった 最後の最後にほりさんちゅうれいさんペアに勝ててよかった☺︎ . 沖縄でもやりたいなぁ🥺 買うかー買うしかないんかー。 . #okinawa #ishigaki  #spikeball #スパイクボール…” (114034)

スパイクボールの基本的なルールは以下の通りです。

・ネットにバウンドさせたボールを、3回以内に相手に返球する

・手でボールを打つのが基本だが、頭から足まで体のどの部分を使ってもよい

・ラリー中はネットの周り360度どこに動いてもよい

・相手チームの人間と交差するので、故意に敵の動きを妨害してはいけない

・サーブは、バレーボールのサーブと同じで、一度浮かせたボールを片手で打つ

スパイクボールのルール②得点方法

スパイクボールの得点方法は以下の通りです。

・ボールを地面(床)に落としたら失点

・3タッチ以内にネットにバウンドさせないと失点

・ボールがネットの脚部分に当たると失点

・ネット上のバウンドは一回と決められていて、複数回バウンドさせると失点

・ボールは必ず片手で処理しなければいけない(両手で触ってはいけない)

スパイクボールのやり方

USA Spikeball Top 10 Plays of 2016

スパイクボールには細かいオフィシャルルールもありますが、初めは3回のタッチで相手に返す基本ルールを覚えておきましょう。

初めはボール扱いが難しく感じるので、ボール扱いに慣れることとネットに当ててバウンドさせることの練習から始めて、徐々にラリーを続かせることができるようにしていきます。

チーム決めの方法

スパイクボールは、まずチームを決めることから始まります。

・2人ペアのチームを2組作り、4人がネットを囲む

・公式には2対2とされているが、アクティビティとしてプレーするのであれば1対1あるいは3対3でもよい

・各チームの代表がじゃんけんをしてサーブ権を決める

サーブ~ラリーの方法

サーブ権を得たチームの誰かがサーブを打ってラリーが始まります。

・サーブを打つ人は、一度宙に浮かせたボールをネットに打ちつける

・ネットに跳ね返ったボールを相手チームがレシーブし、3回以内にネットにバウンドさせて攻撃

・相手がボールを拾えなければ得点となり、拾うことができたらまた3回以内にネットにバウンドさせて攻撃

スパイクボールのコツ

Yohei on Instagram: “お盆満喫!#浅茂川海水浴場#スパイクボール#spikeball” (114030)

スパイクボールのコツは、ボールの扱いに慣れることと、狙ったネット上の位置でボールをバウンドさせることです。ボールがどういう角度でバウンドするのか読みづらいので、素早い動きも重要になります。

プレーしているうちに、ネットのどこの部分に当てればどういう軌道になるかも把握できるようになります。慣れてきたら、相手がレシーブしづらいサーブや取りづらい場所への返球方法もわかってきます。

相手が取りやすいボールをバウンドさせて、できるだけ長くラリーを続けさせる楽しみ方もできます。

スパイクボールの公式ルール

アメリカでの公式ルールは以下のとおりです(抜粋)。

・ボールの円周は12インチ

・ネットの3フィート上から落下したボールが、約12〜18インチ跳ね返るくらいのネットの張力が必要

・レシーバーを除くすべてのプレイヤーは、少なくともネットから6フィート以上離れた位置で開始するが、サーバーがボールを打った後は好きな場所へ移動できる

・サーバーがサーブを打つためにボールを投げた場合、トスを落としたりキャッチした場合は失点となる

・ラリー中動きを妨害された場合は、やり直しをさせることができる

・ゲームの勝敗は、11点・15点または21点マッチ
66 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵