2018年3月14日 更新

野球のスローイングを正しく学ぶ!投げ方のフォームや練習方法とは?

野球でスローイングが安定していると、悪送球などのミスを防げるたけでなく、セーフになるようなケースでもアウトにできる確率が高まります。野球をするうえで基本となるスローイング時の正しい投げ方やフォーム、内野手と外野手のスローイングの練習方法を解説します。

  
19,537 view お気に入り 0

スローイングの重要性

Free Images - Pixabay (27345)

野球をするうえで、スローイングをしっかり行うことは基本であり、大事な要素のひとつです。

実際に野球をした際に、内野手でゴロを処理しても悪送球をしてしまえば、アウトにできたランナーを残すことになってしまい、チームに不利な状況を作ってしまいます。

外野手でホームに正確にスローイングできていれば確実にアウトにできた状況でも、送球がそれたことによりセーフになってしまえば、相手に無駄な1点を与えてしまいます。

このような防ぐことのできるミスをしないためにも、野球におけるスローイングを安定させることが重要になります。

スローイング時の基本となる正しいボールの投げ方

野球でスローイングを行う際、基本となる正しい投げ方をマスターしていないと、さまざまな状況で正確なスローイングができません。

実際に野球をした際に求められる正確なスローイングは、基本となる正しい投げ方を応用したものだからです。

正確なスローイングができなければ、意図した所にボールを投げることが難しくなり、悪送球の原因となってしまいます。

そのために、まずは野球におけるスローイング時の基本となるボールの正しい投げ方をしっかりと身につけておきましょう。

ボールを投げたい方向から目を離さない

@flower201603 on Instagram: “#京セラドーム#オープン戦#前から二番目#スローイング#オリックス#野球#写真好きな人と繫がりたい #写真撮るのが好きな人と繋がりたい #フォローミー#フォローバック#いいね” (27351)

野球でピッチャーをした際も同様ですが、スローイング時にボールをリリースするまで、ボールを投げたい方向から目を離さないことが重要です。

例えば、実際に野球をした際に、内野手でゴロを処理してファーストに送球する場合は、ファーストミットを見ながらスローイングし、最後までファーストミットから目を離さないようにするのがコツです。

ボールを投げる途中で目を離してしまうと、目標が定まらないため、悪送球の原因になってしまうので、注意が必要です。

リリースポイントを固定する

たとち☆ on Instagram: “#東北楽天ゴールデンイーグルス #5#茂木#練習#スローイング” (27354)

野球をした際に、ボールを投げる方向をしっかり見てスローイングしているのに、意図した所にボールがいかず悪送球が多い、という人はリリースポイントが固定されていないかもしれません。

同じフォームで、同じ投げ方なのに毎回違う所にボールがいく場合は、スローイング時にリリースポイントを確認するようにしましょう。

野球でスローイングを行う際に、どこでボールをリリースすれば意図した所に送球できるのかを常に意識し、ベストだったリリースポイントを覚えておくことで、悪送球になる回数が減っていくはずです。

基本となる正しいフォームとスローイングの練習方法

Mari on Instagram: “.スローイング正面から横から.#大引啓次 #大引啓次生誕祭 #お誕生日おめでとうございます #HAPPYBIRTHDAY #スローイング #東京ヤクルトスワローズ #ヤクルト  #スワローズ” (27357)

野球をするうえで、体が覚えてしまった悪いクセを矯正するのは非常に大変です。

頭では理解していても、実際に野球をすると体が勝手に反応し動いてしまうためです。

少年野球をしているような年代であれば、矯正にかかる時間は短くて済みますが、長く野球をやっていればいるほど、矯正には時間が必要です。

しかし、野球で正確なスローイングを行うためには、まず基本となる正しいボールの投げ方になるよう矯正しなければ、応用したスローイングも正確にはなりません。

では、どのような練習方法で基本となる正しいボールの投げ方に矯正でき、体に覚えさせることができるのか、具体的に解説していきます。

キャッチボールで正しい基本フォームとスローイングに矯正する

野球の練習で行うキャッチボールは、体や肩を温めたりする意味で行うことが多いですが、ただボールを投げているだけでなく、正しいフォームやスローイングをチェックすることで、より効果的なものになります。

実際に野球をした際は、前述したポイントを踏まえ、ボールをとってからスローイングするまでのフォームを常に確認しながら、キャッチボールをするのがコツです。

キャッチボールは何度もボールを投げ合うため、ボールを投げるたびにフォームと投げ方を意識することで、正しいスローイングに矯正するのに役立ちます。

シャドウピッチングで正しい基本フォームとスローイングに矯正する

ぴん on Instagram: “⚾️#シャドーピッチング #春季キャンプ #沖縄キャンプ #原樹理 #東京ヤクルトスワローズ #yakultswallows 2018-2-3” (27371)

野球をする際に、練習で行うキャッチボールをして正しいフォームやスローイングを確認するには相手が必要ですが、ひとりでも確認することが可能な方法があります。

それは、手にタオルを持ち腕を振る、シャドーピッチングと呼ばれる方法で、これを行うことで正しいフォームとスローイングのチェックができます。

シャドーピッチングであれば、時間も気にせず部屋でもできるため、繰り替えし腕を振ることで正しいフォームとスローイングに矯正し、体に覚えさせることができるでしょう。

内野手のスローイング時の基本となるボールの投げ方

@flower201603 on Instagram: “#西武#スローイング” (27512)

野球をした際、特に内野手は正確なスローイングだけでなく、ボールをとってからスローイングに移行するまでの素早い動作も要求されます。

スローイングまでの動作を素早く行うことで、内野安打になってしまうような打球でもアウトにすることができる確率が高まります。

実際に野球をした際に、ボールをとってからピッチャーの投げ方のようなフォームでスローイングをしていては、大きなタイムロスになってしまいます。

では、野球における内野手の基本となる投げ方はどういうものか見ていくことにしましょう。

手を耳の横に移動させてからのスローイングが基本

スローイング

野球における内野手のスローイングは、ボールをとってから手を耳の横に移動させて、そこからボールを投げるというのが基本となる投げ方になります。

これは『スナップスロー』と呼ばれる投げ方で、スローイングまでの動作を素早く行うことができます。

また、常に耳の横からスローイングすることにより、リリーズポイントの位置を固定できるため、悪送球してしまうリスクを下げる効果もあります。

野球でスナップスローと聞くと『手首で投げる』というイメージが浮かぶかもしれませんが、手首の力だけで送球するのではなく『手を耳の横に移動させて素早く送球する』という意味になります。
67 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バドミントンフットワーク特集!練習方法や速くする方法のコツ

バドミントンフットワーク特集!練習方法や速くする方法のコツ

バドミントンでは、フットワークが勝利の決め手になります。フットワークを速くする方法、ステップの練習方法、フットワークに効果のある筋トレなどをまとめてご紹介します。バドミントンでもっと強くなりたい方は、ぜひご覧ください。
yuki | 35,303 view
パルクール練習方法!パワー系の技のやり方とは?【初心者ガイド】

パルクール練習方法!パワー系の技のやり方とは?【初心者ガイド】

パルクールのパワー系練習方法を、パルクール超基礎技の練習方法から、パルクールを練習するに当たって必要になってくるFlip系の基礎技、パルクールの超基礎技とFlip系の基礎技を合わせたパルクールの基本的な技の練習方法を幾つか紹介していきます!
みかん🍊 | 4,327 view
ハンドボールのフェイント特集!種類や練習方法のコツ【技術編】

ハンドボールのフェイント特集!種類や練習方法のコツ【技術編】

 ハンドボールではフェイントはオフェンスで最も肝な能力です。  フェントが遅いとDFに捕まってしまったり、シュートも狙えなく厳しい展開となってしまいます。  今回はこの記事を見てフェイント能力をぜひ磨き上げていきましょう!
sakaneeeyannn | 10,673 view
ドッジボールの練習メニュー8選【初心者上達ガイド】

ドッジボールの練習メニュー8選【初心者上達ガイド】

ドッジボールはしっかりと練習メニューを考えてトレーニングを行わないと、上達のスピードは格段に遅くなってしまいます。なぜならドッジボールに重要な力や技術というものがあり、それらを鍛える練習方法が必要だからです。ドッジボール上達のために必要な練習メニューを見ていきましょう。
MOSK | 15,528 view
トリッキングの練習方法の考え方!悩みや疑問解決【初心者入門ガイド】

トリッキングの練習方法の考え方!悩みや疑問解決【初心者入門ガイド】

トリッキングとは具体的にどの様なスポーツで、トリッキングというスポーツを理解した上でのトリッキングの練習場所や、Kick、Flip、Twistの3つに分けた練習のやり方から、イメージトレーニングのやり方まで詳しく紹介します!
みかん🍊 | 2,483 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8