2019年2月2日 更新

折りたたみできるランディングネットおすすめ人気TOP10!持ち運びが便利

折りたたみ式ランディングネットは利便性を高めるために、様々なパーツや製品が販売されています。釣りでのいざという時に後悔をしないよう、どのような折りたたみ式ランディングネットを選んだらよいかは釣り人の悩みどころです。悩んでいる方にもわかりやすく解説します。

  
54 view お気に入り 0

折りたたみ式ランディングネット選び方とは?

manabu hatakeyama on Instagram: “マグロ掬い!for tuna!#extreme #畠山研究所 #ステンレス #ランディングネット” (68726)

ランディングネットとは竿で抜きあげることが難しい釣れた魚をすくって取り込むための網です。タモや玉網とも呼ばれ、不要なバラシや竿の破損を防ぐためにも持っておきたいため、どんなランディングネットが必要なのか解説しましょう。

ランディングシャフトの長さ

BLUE+ on Instagram: “出番無し🙄 #ランディングネット…” (68731)

タモの柄の長さは、普段よく釣りをしに訪れる釣り場に合わせるのがおすすめです。全長で水面に届く場合だと、届いても魚をうまくキャッチできない事があるので、タモの柄が足場から水面まで余裕を持って届く長さを選びましょう。

自重

abdel.majed.abdel.bary on Instagram: “shimano #fishing #ブレニアス #17エクスセンス #エクスセンス #ヒラメ #大磯港 #ルアーフィッシング #ライトルアー #ライトゲーム #ランディングネット #ランアンドガン” (68728)

バス釣りなどランガンをする釣りにおいて長時間使用するランディングネットが重いのは疲労の蓄積につながるので致命的です。ランガンをすることを考慮してコンパクトで持ち運びがよく、自重の軽いものを選ぶのが必要となります。折りたたみ式ならばコンパクトさを兼ね備えている物が多いです。

フレームの大きさ

Ogo Kanta on Instagram: “来季に向けて。自分用のクリスマスプレゼント🎄やっぱこのハリがいいね。前々からほしくてやっと購入。早速、使ってみよ。#昌栄 #tool#ランディングネット#港湾シーバス#シャフト#ブラックシープ #チヌ” (68729)

ランディングネットは渓流で狙うトラウト釣りから海で狙うシーバス釣りなど、大小さまざまな魚を釣り上げるのに使われます。それぞれを釣る状況にあわせてフレームの大きさもトラウトであれば30cm以上、シーバスであれば50cmと狙う魚に応じてフレームの大きさを変えることが必要です。

ネットの大きさ

Suzuki Masahiko on Instagram: “先日の#北浦 #倉舞港 #釣行 で始めてこの#タモ 使った♪ヽ(´▽`)/ ………浮きゴムから外れた#電気ウキ の回収になっ(# ゜Д゜)クワツ! しかも2回…orz このタモ4mまで伸びるヤツなんだ…。…” (68727)

ネットの大きさもある程度融通が利くものの、大きいネットの方が大物が釣れたときなど、いざという時の安心感があります。ランディングネットを購入したら付属したネットが小さい場合があるので、ネット部分だけ別売りのものに交換するとよいでしょう。

ネットの素材

小西 真樹 on Instagram: “癒しのライトゲームようにランディングアイテムをポチッた。#ランディングネット#ゴールデンミーン#リバレイ#フリースグローブ#第一精工#ガーグリップ” (68730)

ネットの素材は主にナイロンタイプとラバータイプの2種類あります。ナイロンタイプはコンパクトで持ち運びがしやすいですがフックが絡まりやすく、ラバータイプは魚を傷つけにくくてフックが絡まないですが、重量が重くなりがちでかさばることが多く折りたたみ式には若干不向きです。

折りたたみ式ランディングネットおすすめ第10位

マッドバイト ランディングネット

 (69468)

枠サイズ(cm) 40
全長(cm) 180
自重(g) 550
マッドバイトから販売されている折りたたみ式ランディングネット。網はナイロン素材に撥水加工処理したことで使う際に水を吸収して重くならず、魚を傷つけにくくなっています。オープンするとタモの長さを調整でき、クローズすると長さを固定することが可能です。柄は耐腐食性と強度抜群のアルミニウム合金管を採用し、ハンドル部分は滑り止め加工をすることで手触り心地がよくしっかり握られます。柄と網以外の部分は環境に無毒無害のプラスチックを採用しているため強度が高いです。

おすすめポイント

値段が安価ながら折りたたみ部分や接続部分の使用、強度における抜群の安定感が魅力。バッグに入るので持ち運びがしやすいことやセットが非常に簡単であるため大物がかかっても素早い対処が可能です。伸び縮みはワンタッチなのでランガン時にベルトのループに留めていてもさほど重みを感じません。他にもフローター使用の際にも流用できるためタモの長さがあまり必要のない場所など、使用する場所を選びにくいアイテムです。安くてあらゆる場所で使用したい方にはおすすめです。
107 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ランディングネットおすすめ15選!おすすめポイントを理解しよう

ランディングネットおすすめ15選!おすすめポイントを理解しよう

ランディングネットは釣りをする上で一つは持っておきたいです。自分の釣りに合っているものを選ぶのは難しいですし、持っていなければシーバスなどの大物を取り込めないなんてこともあり得ます。そういった場面を避けるため、ランディングネットの選び方を詳しく解説しましょう。
takagi | 84 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takagi takagi