2019年12月14日 更新

サッカーのベンチの人数やルールとは?気になる疑問を解説

サッカーを観戦していて、ベンチに座っている人数は多いけれども、具体的に何人までベンチに入れるかを回答できる人は意外と少ないです。サッカー観戦初心者の方やサッカー観戦暦が長いけれども今更ベンチに入れる人数を知らないと言えない方へ、サッカーのベンチの人数について説明していきます。

188 view お気に入り 0

サッカーでベンチの人数とは?

@papamamaphoto on Instagram: “第98回全国高校サッカー選手権大会1回戦 立正大淞南(島根) - 富山第一(富山) 日時:2019年12月31日 14:10キックオフ 会場:浦和駒場スタジアム  #2018淞南 #優勝 #絶対王者 #第98回全国高校サッカー選手権 #第98回全国高校サッカー選手権大会…” (94063)

ベンチ入りの意味とは?

ベンチ入りとは、その試合に出場できる可能性のある選手達のことを言います。スターティングメンバー11名と交代出場する可能性のあるプラスαの選手です。

ベンチ入りの登録がされていない選手は、その試合には途中交代からでも出場することはできません。

大会で登録できる人数

サッカーのワールドカップで例えると、公式大会本部へ提出する登録選手の人数は1チーム23人です。

23人のうちベンチに入れる選手は18人。ベンチ入りした18人のうち試合に出場できるのは11人です。

7人の選手は、対戦相手への戦略的なこと、選手のコンデションによってベンチ入りさせる選手を入れ替えることができます。

ベンチの人数は大会での違い

サッカーでベンチ入りのできる選手の人数は大会によってルールが異なります。

サッカーで1番大きな大会であるワールドカップは1チーム18人までベンチ入りさせることができます。

U23オリンピックも18人までベンチ入りさせることができますし、Jリーグの公式戦でも18人となっています。

基本、大きなサッカーの大会ではベンチ入り人数は18人です。

しかし、オリンピック予選では23人、高校サッカーでは20人となっていることから、大会によって全くベンチ入りできる人数は変わってきます。

またチャリティーマッチや国際親善試合では、その試合毎に1チームあたりベンチ入りできる選手の人数は変わってきます。

ベンチのどんなポジションをそれぞれ何人おくの?

Door Husband Football Goalkeeper - Free photo on Pixabay (94061)

ベンチ入りさせる選手に対するルールは?

その大会に登録されているメンバーであればどの選手でもベンチ入りすることはできます。

サッカーのワールドカップで例えるなら、ベンチ入りする選手は18人。そのうち11人がスターティングメンバーですので、7人が交代要員としてベンチ入りします。

その基本的な交代要員の打ち分けは以下の通りです。
GK:1名
DF:2名
MF:2名
FW:2名


攻撃的な選手ばかり、守備的な選手ばかりというような、偏ったメンバーばかりベンチ入りさせても問題ありません。

しかし、GKが特殊なポジションであることから、どのチームもGKの控えは最低人数として1人はベンチ入りさせています。

ベンチからの交代大事な3つのこと

Front Porch Soccer Ball - Free photo on Pixabay (94791)

1試合で可能な交代選手の人数

交代人数は大会にもよってルールが異なります。サッカーワールドカップやオリンピックといった大きな公式大会では1試合で3人まで交代が可能です。

もし延長戦に突入した場合にはもう1人ベンチから交代させることができ、最大で1試合4人までベンチにいる選手と交代することができます。

しかし、一度交代して、ベンチの中に戻ると再度試合をするためにグランドに戻ってプレーすることはできません。選手の交代は慎重に、かつ大胆に行う必要があります。

交代枠を使い切った場合

すでに3人の交代枠を使用してしまった後、ケガをしてしまいプレーができない選手が出てしまった場合、もう新しい選手をグランドに送り出すことはできないのがサッカーのルールです。

延長戦になれば、ベンチの選手を1人送り出すことができますが、90分の試合の間は少ない人数のままで試合を行う必要があります。

交代選手を送り出せない条件とは?

Judge Football Red Card - Free vector graphic on Pixabay (94059)

試合の途中でイエローカードを2枚もらった、または、レッドカードをもらい選手が退場してしまった場合、代わりの選手をグランドに送り込むことはサッカーではできません。

この場合も少ない人数で試合を行わなければなりません。

3人の交代枠が残っている場合であれば、人数が少ない試合の戦術として選手を交代させることはできますが、選手の補充はできません。

サッカーのベンチの役割は非常に大事!

Football Injury Sports - Free photo on Pixabay (94066)

サッカーはいつ何が起こるかわからないスポーツです。不足の事態に備えてしっかり準備ができる選手が必要です。

どのポジションの誰がケガをしてプレーできなくなる、レッドカードをもらって退場して急な戦術変更をする必要がでた、試合開始早々いきなり失点してしまった、監督が思い描いていたゲームプランにすぐ対応できなければなりません。

また、ベンチからゲームを観て、チームや個人の選手の修正点を報告できる能力が必要です。グランドの中からでは気が付かないことを報告する、縁の下の力持ちの役割が求められます。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーの人数は何人なの?ベンチなどの交代要員も含めて解説!

サッカーの人数は何人なの?ベンチなどの交代要員も含めて解説!

サッカーワールドカップや全国高等学校サッカー選手権大会など、サッカーの大会は数多く存在していますが、フィールドでプレーしている選手だけが試合に関わる人数ではありません。ここでは、サッカーの試合でベンチ入りできる人数や、交代要員についても解説していきます。
KAERUNABE | 266 view
ボッチャの基本ルールとは?初心者が知っておきたい競技のポイント!

ボッチャの基本ルールとは?初心者が知っておきたい競技のポイント!

ボッチャには、障害のクラス分けやチームの人数、試合時間など細かい公式ルールがあります。しかしそのルールこそが「究極のバリアフリーのスポーツ」と言われる所以である。2020年に行われる東京パラリンピックの競技として、ボッチャのルールを説明していきたいと思います。
Act | 34,350 view
ダブルドリブルとは?バスケのルールの意味や基準を解説!

ダブルドリブルとは?バスケのルールの意味や基準を解説!

ダブルドリブルとは、バスケットのドリブル時のヴァイオレーションの1つです。ダブルドリブルは、オフェンス側の反則で、安易なミスではなく、絶対してはいけないミスです。連続的なドリブルをするなかで、ドリブル終了後に再度ドリブルをする反則のダブルドリブルのルールの基準を理解しましょう。
MARUO KAZUHIRO | 18 view
PKのルールとは?改正もあったルールを含めてわかりやすく解説

PKのルールとは?改正もあったルールを含めてわかりやすく解説

PKはボールの置く位置やボールから離れる選手の距離、ゴールキーパーが動くタイミング、キックフェイントの禁止など細かいルールがあります。また、PKにはゴールキーパーにもキッカーにもコツやセオリーがあり、技術的、論理的に成功確率を高めることができます。
hoedama1 | 84 view
フットサルの公式競技人数はゴールキーパーを含めて1チーム何人?

フットサルの公式競技人数はゴールキーパーを含めて1チーム何人?

フットサルの公式競技人数はゴールキーパーを含めて1チーム何人でしょうか?フットサルの人数に関わるシンプルで気になる問題ですがチームの人数を答えをお伝えしたいと思います。
Act | 86 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kiyotsuka0616 kiyotsuka0616