2019年12月5日 更新

オポジットとは?意味と使い方を解説【バレーボール用語】

バレーボールのオポジットとは、セッターの対角にポジショニングし、主に攻撃において活躍する選手のことを指します。前衛でも後衛でも積極的に攻撃参加するため、エースアタッカーとして活躍を期待されます。ライトアタッカーは守備的な選手を配置することが多く、チームの方針によって誰をセッター対角に配置するか決まります。

1,012 view お気に入り 0

バレーボールのオポジットとは?

@you_fc_bb on Instagram: “2019.12.01 vs FC東京この跳躍力よ🙀西田くんの人気ヤバかったキャーキャーうるさいうるさい😂地上波のチカラってハンパないって再確認しました笑#ジェイテクトSTINGS#西田有志 #vリーグはバレーだよ” (94399)

オポジットはセッター対角にポジショニングし、主に攻撃で活躍する選手のことを指します。セッターがライトにポジショニングする関係で、オポジットもライトから攻撃をしかけたり、ライトポジションで守備に参加することが多いです。

ライトから攻撃を行う関係上、サウスポーの選手が多いのも特徴です。テレビでの略称の使い方は「OP」となります。

英語での意味

オポジットは英語では「opposite」で直訳すると「反対」です。

セッターの反対側に位置するというためです。まさにそのままの意味となります。

ライトアタッカーとオポジットの違い

Tomoki on Instagram: “#久光製薬スプリングス#新鍋理沙#戸江真奈#vリーグ #女子バレー2019.11.23” (94402)

オポジットとライトアタッカー(ウィングスパイカー)との違いは、攻撃的な動きを取るか守備的な動きを取るどうかとなります。
【オポジット】
サーブレシーブに参加しません。サーブレシーブで態勢を崩されてしまって、攻撃に参加できないというケースを防ぐためです。その分しっかりと攻撃の準備をして、前衛でも後衛でも攻撃に参加する必要があります。

また、ラリー中も攻撃のことを優先的に考え、セッターが1本目を拾った場合にも2本目の処理は極力せずに、トスが上がってくるのを待つという動きをしていく必要があります。
【ライトアタッカー】
サーブレシーブに参加します。基本的にセッター対角にオポジットを入れていない場合、ライトアタッカーとリベロを中心にサーブレシーブを行い、レフトのウイングスパイカーにスパイクを打たせていく必要があります。

また、セッターが1本目を処理した場合、ライトアタッカーは積極的に2本目に処理に行き、レフトのウイングスパイカーにトスを供給する役割を担います。

もちろんライトアタッカーも攻撃を行いますので、ライトの選手にはレシーブ・トス・アタックがバランスよくできるユーティリティさが求められます。
・セッター対角にオポジットが入る場合
オポジットが攻撃の中心、フロアディフェンスはレフトのウイングスパイカーとリベロが行う。

・セッター対角にライトアタッカー(ウィングスパイカー)が入る場合
レフトのウィングスパイカーが攻撃の中心、フロアディフェンスはライトとリベロが行う。

オポジットの名称の変遷

スーパーエース

【公式】TBSバレブー on Instagram: “#ネーションズリーグ 男子大会 予選ラウンド最終戦 🇯🇵日本×ドイツ🇩🇪 このあとBS-TBSでよる8時54分~生中継します📺  解説は#山本隆弘 さんです✨  5週間戦ってきたネーションズリーグも今日がいよいよ最終戦‼ 勝って有終の美を飾れるか⁉️…” (94403)

スーパーエースの代表は、現在解説として活躍されている山本隆弘さんです。
スーパーエースとは、20000年代くらいから日本を中心に流行った言葉です。元々、バレーのエースはレフトアタッカーだったのですが、2000年代くらいから世界的にライトポジションに強力なアタッカーを置くようになってきました。

日本でもその流れがあり、レフトのエースよりもさらに攻撃に特化した選手で、ポイントゲッターだったため、スーパーエースという用語を使っていました。

ただ、2010年代に入ると、世界でも「オポジット」という呼び方が定着し、日本でもオポジットが主流になってため、今では基本的にはスーパーエースという呼び方はほとんど使われなくなりました。

オポジットの役割

チームのエースアタッカー

106 on Instagram: “20191124ウィングアリーナ刈谷VC長野トライデンツ戦#JTEKTSTINGS#西田有志 選手” (94396)

オポジットがチームに入っている場合には、エースアタッカーの役割を担うことが多いです。守備の負担がない分、前衛でも後衛でもどんどんと攻撃に参加して点を取らないといけません。

また、サーブでもジャンプサーブなどで積極的に点数を取っていくことが求められます。バックアタックとジャンプドライブサーブは打ち方が似ているので、同時に習得して、ポイントゲッターを目指すのが良いでしょう。

精神的支柱

SHOKO on Instagram: “2019.08いや、それ以上大きくなりませんて。と言ってしまいそうだった笑タイムアウト時👀で気合い入れるふじーさん ・・・ #藤井直伸 選手#清水邦弘 選手#龍神NIPPON#東レアローズ#パナソニックパンサーズ#Vリーグはバレーだよ#男子バレー” (94404)

オポジットはエースとして点数を稼いでいくと同時に精神的支柱にもなります。守備負担が少ない分、苦しい場面でトスが上がってくるケースが非常に多いからです。オポジットとは、チームの柱として引っ張っていけることが必要な役割となります。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バレーボールのレセプションとは?意味と使い方を解説【バレーボール用語】

バレーボールのレセプションとは?意味と使い方を解説【バレーボール用語】

バレーボールのレセプションとは、サーブレシーブとほぼ同義の意味を持っています。英語の意味合い的に考えると、「サーブを受ける」というイメージになります。元々は海外で定着してきた用語ですが、海外の指導者の招へいや、海外バレーの研究によって、次第に日本でも用語の定着がしてきました。
aoii15 | 400 view
カウンターアタックとは?サッカーでの戦術的有効性について考える

カウンターアタックとは?サッカーでの戦術的有効性について考える

サッカーのカウンターアタックとは守備をしているチームがボールを奪った瞬間に速攻に移り、相手のゴールまで迫る攻撃戦術を意味します。カウンターアタックは上位の相手チームと戦う時や、失点のリスクを減らして攻撃したい、または相手の守備陣形を崩す手間なく攻めることができるという戦術的有効性があります。
nosedori | 1,200 view
宇宙開発とは?サッカーで使われる用語の意味や使い方を解説

宇宙開発とは?サッカーで使われる用語の意味や使い方を解説

数あるサッカー用語の中で、宇宙開発という用語があるのをご存知でしょうか。宇宙開発と聞いて、サッカーをイメージする方は少ないはずです。しかしサッカー経験者の間では、試合を見ている中でたまに用いられています。そんな宇宙開発という用語の意味や語源、使い方を解説していきます。
masamiohdaira9 | 1,037 view
三遊間の意味とは?【野球の用語解説】

三遊間の意味とは?【野球の用語解説】

三遊間はサンユウカンと読む野球用語です。ここでは、この三遊間という用語について説明し、野球をプレイするうえで、どのような意味合いをもち、どのようにしてプレイヤー同士あるいはプレイヤーと指揮官との間の意思疎通に活用されるかについて触れていきます。
MARUO KAZUHIRO | 6,167 view
タイブレークの意味とは?使い方なども解説【スポーツ用語】

タイブレークの意味とは?使い方なども解説【スポーツ用語】

テニスのテレビ放送などで、「Tie Break」という英語の字幕を見たことはありませんか?読み方は「タイ・ブレーク」で、テニスや野球など球技のルールで使われます。それではなぜタイブレークが生まれたか、タイブレークの意味と使い方について説明しましょう。
園城寺 希 | 469 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

aoii15 aoii15