2019年9月1日 更新

はじめて小樽で釣りする人が知りたい!釣り場&スポット情報まとめ

小樽は札幌から車で約1時間程の距離にある港町です。観光地としても人気のスポットですが、さまざまな魚が狙える釣り場としても人気を集めており、連日多くの釣り人が訪れます。ここではそんな小樽のおすすめの釣り場をまとめました。はじめて小樽での釣りに挑戦する方はぜひ参考にしてください。

  
460 view お気に入り 0

小樽の釣りスポット①南防波堤

小樽の中ではもっとも豊富な魚種が狙える南防波堤。連日多くの釣り人が訪れる小樽の釣り場の中では大人気のスポットです。沖まで張り出した長い防波堤は小物の数釣りはもちろんルアーフィッシングで大型の魚も狙えることから、初心者から上級者まで多くの釣り人に愛されています。

南防波堤で釣れる魚

南防波堤は小樽の釣り場の中でもっとも多くの魚種が狙えるポイントです。北海道では投げ釣りなどの人気ターゲットとして知られるカレイなどの平物。アイナメ、クロソイ、カジカなどのロックフィッシュ。

北海道のソルトルアーゲームの中では特に人気の高いヒラメやサクラマスなどの釣果も聞かれます。シーズンによってはマメイカやホッケなどの数釣りも楽しめるため釣果情報などはマメにチェックしておくことがおすすめです。

南防波堤のシーズン・時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
カレイ
ヒラメ
ホッケ
アイナメ
クロソイ
サクラマス
南防波堤でもっとも人気の魚種といっても過言ではないカレイは気温が上がりはじめる4〜6月に最盛期を迎えます。この時期はクロソイやアイナメなどのロックフィッシュはもちろん、ホッケの群れなどが入ることもあるため1年でもっとも多くの釣り人が訪れます。

特に5月はサクラマスの釣果もあがるため週末になれば釣り場がなくなるような状況も珍しくありません。防波堤の先端は潮の流れも速いためロックフィッシュであれば真夏でも釣果があがります。

小樽の釣りスポット②北防波堤・厩町岸壁

南防波堤に比べると狙える魚種に限りがあるものの、こちらも人気ポイントの北防波堤。防波堤の基部は厩町岸壁とも呼ばれ、サビキ釣りなどのファミリーフィッシングを楽しむことができます。防波堤の左側にはテトラポットが設置されているため投げ釣りなどを楽しむ方には右側がメインとなります。

北防波堤・厩町岸壁で釣れる魚

北防波堤では南防波堤と同じくカレイ類の釣果実績が高いです。またテトラポットが隣接していることから、ロックフィッシュの魚影も濃くソイやアイナメなどの釣果実績があります。厩町岸壁ではサビキの人気ターゲットであるチカやイワシはもちろん、群れが入ってるシーズンはマメイカを狙うこともできます。南防波堤に比べると実績は少ないもののヒラメなどの釣果も上がるためルアーアングラーも要チェックの釣り場です。

北防波堤・厩町岸壁のシーズン・時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
カレイ
ホッケ
アイナメ
ソイ
イワシ
チカ
マメイカ
もっとも多くの魚種が狙える4〜6月はカレイなどの平物をメインに、投げ釣りでロックフィッシュやホッケなども狙うこともできます。イワシは7.8月ごろがもっとも人気で、マメイカやチカは群れが回遊する10.11月がおすすめです。通年でなにかしらの魚種が釣れるため、ちょい投げセットを使った五目釣りにもおすすめの釣り場です。

小樽の釣りスポット③祝津漁港

小樽港の釣り場の中では比較的小規模な祝津漁港。回遊魚を狙うにはあまり適さないポイントですが、釣り人の数が比較的少なめであるためゆっくりと釣りを楽しみたい方におすすめの釣り場です。外海側のテトラ帯は釣果実績のあるポイントですが、足場が高めであるため基本的には内海側をメインに釣りを楽しみましょう。

祝津漁港で釣れる魚

祝津漁港は地形変化に富んでいる釣り場であるため、クロソイ、アイナメ、ガヤなどのロックフィッシュが定番のターゲットの一つです。潮通しの良い先端では投げ釣りでカレイなどの釣果実績もあり、空いてる時はまず先に竿を出したいポイントです。

シーズンによってはマメイカなどの釣果情報もあり、人気のスポットが先行者で埋まっている時には意外な穴場になるかもしれません。

祝津漁港のシーズン・時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
カレイ
ホッケ
アイナメ
ソイ
ガヤ
マメイカ
祝津漁港ではサイズにこだわらなければクロソイやガヤをほぼ1年中狙うことができます。アイナメは春と秋のハイシーズンに限られてしまい良型を狙うのは他の釣り場に比べるとやや難しい印象です。

4〜6月の春シーズンはカレイはもちろん先端ではホッケの釣果も期待できます。マメイカはシーズンによって岸寄りする時期が異なるため、小樽市内の釣り具店などで釣果情報を確認するのがおすすめです。

小樽の釣りスポット④高島漁港

51 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

留萌の釣り情報まとめ!ゼロから丁寧にポイントなどの情報を解説

留萌の釣り情報まとめ!ゼロから丁寧にポイントなどの情報を解説

留萌市は北海道の日本海の北側にある港町です。留萌港を中心にさまざまな魚種が釣れるスポットが多数あるため、初心者から上級者までおすすめの釣り場です。ここでは三泊埠頭、留萌沖堤、黄金岬などのおすすめの釣り場や釣れる魚を徹底解説します。
activeldirector01 | 26 view
湧別川のおすすめ釣りポイントとは?ニジマス釣りを楽しもう

湧別川のおすすめ釣りポイントとは?ニジマス釣りを楽しもう

湧別川はニジマスの名釣りポイントとして人気を集めています。また下流ではアメマス、上流や支流ではヤマメやオショロコマも狙うことができるため、多くの川釣りを楽しむことができるスポットです。ここではそんな湧別川のおすすめの釣りポイントを徹底解説していきます。
activeldirector01 | 34 view
渚滑川のおすすめ釣りポイントとは?ニジマス釣りを楽しもう

渚滑川のおすすめ釣りポイントとは?ニジマス釣りを楽しもう

渚滑川は滝上町にある人気の釣りができる河川。北海道では珍しいキャッチアンドリリース区間が設けられており、滝西堰堤〜開明橋の間で整備された川釣りを楽しむことができます。非常にコンディションの良いニジマスが釣れるため、道外から足を運ぶ人も多い釣り場です。ここではそんな渚滑川のおすすめ釣りポイントを紹介します。
activeldirector01 | 28 view
沙流川のおすすめ釣りポイントとは?トラウト釣りを楽しもう

沙流川のおすすめ釣りポイントとは?トラウト釣りを楽しもう

沙流川は日高地方の河川では穴場的な釣りスポットです。ニジマス、ヤマメ、アメマス、オショロコマなどの豊富な魚種の数釣りが楽しめるためはじめて川釣りに挑戦する方にもぴったりの釣り場です。ここではそんな沙流川の釣りポイントについて徹底解説していきます。
activeldirector01 | 16 view
長流川のおすすめ釣りポイントとは?トラウト釣りを楽しもう

長流川のおすすめ釣りポイントとは?トラウト釣りを楽しもう

長流川は噴火湾のある伊達市に向かって流れる河川。ニジマス、エゾイワナ、ブラウントラウトなどの数釣りが楽しめるため渓流で数釣りを楽しみたい方にはぴったりの釣り場です。ここでは長流川で釣れる魚とおすすめのポイントについて徹底解説していきます。
activeldirector01 | 16 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

activeldirector01 activeldirector01