2018年8月26日 更新

バドミントン練習メニュー10選!【初心者入門編】

バドミントンの初心者が取り組むべき練習メニュー10選を解説。複数人で行う練習から、1人でも取り組める練習方法も紹介しています。どのような練習をバドミントン初心者が行うべきか、その内容と具体的な練習メニューについても解説しているので、是非参考にして下さい。

  
5,383 view お気に入り 0

バドミントン初心者練習メニュー①

フットワークトレーニング

バドミントンに必要な要素として、スマッシュ、レシーブ、体力、フットワークと様々なことが思い浮かぶと思います。しかしバドミントンで最も大切なのはフットワークで、初心者にとってはまず最初に行うべきトレーニングメニューです。なぜならば、ショットの種類や、やり方を知っていたとしても、実際に試合でそれを行うにはフットワークでシャトルの落下点に素早く移動しなければスマッシュもレシーブもできないからです。
また、フットワークの基本をしっかりと身につけていれば、シャトルを打つときに十分な体制が確保でき、相手のコートに強いショットを返すこともできるようになります。またフットワークトレーニングは持久力の向上にも役立つ練習メニューです。
つまりフットワークはバドミントン初心者にとっての基本のトレーニングなのです。

具体的な練習のやり方

全面フットワーク

バドミントンのフットワークの練習メニューとしてオススメするのは全面フットワークトレーニングです。
やり方は、バドミントンコートの半面を使い1人で行います。コート中央からスタートし、コート右奥でクリアの素振りを行ったら中央へ戻り、ネット右でロビングの素振りを行います。中央に戻りコート左奥でクリアの素振りを行い中央へ戻ります。次にネット左前でバックのロビングを行います。
この一連の流れを10回×3セット行いましょう。
体力に余裕がある、また持久力も高めたいときはメニューの回数やセット数をより多く設定するといいでしょう。バドミントンにおいて持久力も非常に大切な要素ですので、フットワークトレーニングを通じて体力も高めていきましょう。

バドミントン初心者練習メニュー②

羽根つき

Badminton Bat Activity · Free photo on Pixabay (50584)

初心者が1人でできるバドミントンのトレーニングメニューとして、羽根つきがあげられます。羽根つきというとお正月に行われる板で羽を打つ羽子板を思い浮かべるかもしれませんが、その要領でシャトルとラケットを使って行う練習メニューです。
スマッシュやレシーブといったバドミントンのメインと言える技術を繰り出すためにもまずはシャトルとラケットに慣れるということが大切です。
この練習を行うことで、どのくらいの強さで打つと、どの程度シャトルが飛ぶのか、ラケットのどの部分で打つ良いのかといったことを感覚的にわかるようになります。バドミントンではこの感覚を身につけるのは非常に大切です。また同時に長時間続けると体力の向上にも役立ちます。

具体的な練習のやり方

この練習メニューで必要な準備物はシャトルとラケットのみです。バドミントンのコートは必要なく、屋内でも屋外でも簡単に1人でできる練習メニューです。
やり方はフォア、バックハンドでシャトルを打ち上げて地面に落とさないように、なおかつその場から動かないように打ち続けます。

具体的な練習メニュー
①フォアハンド 20回
②バックハンド 20回
③フォアハンド、バックハンド交互 20回

この①~③のメニューを3セット行います。連続してトレーニングを行うことでバドミントンの基本的なラケットさばきだけでなく、体力の向上にも役立ちます。回数には自身のレベルに合わせて目標を設定して行うといいでしょう。
最初から高い目標を設定すると長続きしませんので、努力したらできるという回数を設定しましょう。

バドミントン初心者練習メニュー③

シャトルキャッチ

バドミントン初心者の場合、シャトルをキャッチするときに手で取ってしまったり、ラケットで取ってもシャトルが跳ねてコートに落ちるといったことを経験したことがあると思います。シャトルはラケットで、なおかつよりエレガントにキャッチできるようになると、周囲の人からはバドミントン経験者と見られるようになります。
バドミントン初心者にとっては最初は難しいと感じると思いますが、ぜひ初心者から抜け出す1つの段階として取り組んで頂きたい練習メニューです。

具体的な練習のやり方

シャトルキャッチの方法

この練習メニューで必要な準備物はシャトルとラケットのみです。羽根つきと同様こちらも1人でおこなえ、バドミントンのコートは必要なく、屋内でも屋外でも簡単にできる練習です。
やり方はフォアハンドでシャトルを高く打ち上げ、ラケットでキャッチします。

具体的な練習メニュー
①フォアハンドキャッチ 10回
②バックハンドキャッチ 10回
③前方へ打ち上げて動きながらキャッチ 10回
④後方へ打ち上げて動きながらキャッチ 10回
⑤左右へ打ち上げて動きながらキャッチ 10回

回数に関しては自身のレベルに応じて設定するといいでしょう。また、前後左右への打ち上げを行うことで、持久力の向上やステップワークの練習にも繋がります。行うことは簡単ですが、体力が必要な練習です。

バドミントン初心者練習メニュー④

素振り

バドミントンの各ショットを正しく習得するための基本となるのが素振りです。バドミントンの素振り練習はスマッシュやレシーブを行う上の基本を作って行く最初の練習メニューです。
バドミントンの世界ではシャトルを初心者がいきなり打つことはタブーとされています。それは正しくないフォームが身についてしまうと、なかなか修正できなくなってしまうからです。なのでまずは素振りを行なってバドミントンの正しいフォームを身につけていくことが大切です。
バドミントン歴が長い選手でも素振りの練習を取り入れているほど、バドミントンにおいては素振り練習は大切なトレーニングです。素振りは地味な練習ですが、バドミントン上達の第一歩ですのでぜひ取り組んでください。

具体的な練習のやり方

オーバーヘッドストローク

この練習メニューで必要な準備物はシャトルとラケット、バドミントン半面コートです。コートが確保できない場合はコートの大きさを再現できれば構いません。屋外でも屋内でも行える練習メニューです。

具体的な練習メニュー
①フォアハンドの素振り
②ラウンドの素振り
③バックハンドで上から下への素振り
④バックハンドで下から上への素振り
⑤フォアハンドで下から上への素振り
⑥オーバーヘッドストロークでの素振り
 
各種類の素振りを50回ずつ行います。この練習メニューを行うことで、素振りの基本的なフォームが身につくとともに、長時間続けることで持久力も高めることができます。

バドミントン初心者練習メニュー⑤

63 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーの練習用のグッズ&用品のおすすめ8選!しっかりトレーニングしよう

サッカーの練習用のグッズ&用品のおすすめ8選!しっかりトレーニングしよう

サッカーのトレーニングに必要な道具は、ボールとスパイクだけではありません。サッカーをプレーするために必要なアジリティや体幹などを鍛えるためのグッズは豊富に展開されています。ここではサッカーのトレーニングの練習用のグッズ&用品8選を紹介します。
masamiohdaira9 | 470 view
フットサルの練習方法8選!上手くなりたい初心者の上達ガイド

フットサルの練習方法8選!上手くなりたい初心者の上達ガイド

サッカーやフットサルの経験が全く無い初心者でも、フットサルが上達するための練習方法を紹介。一人でも練習できるようなボールタッチの練習から、チームで行うオフェンス・ディフェンス練習まで、初心者のための幅広い種類の練習方法を紹介します。
onomine777 | 5,997 view
バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンが上達・強くなるなるための練習方法やメニューを解説。練習方法については、1人でも行える練習方法も紹介しています。また、バドミントンのテクニックについても紹介!さらに、バドミントンが上達しないときの対処方法についても解説しています。
onomine777 | 2,855 view
フォアハンドが安定する打ち方と練習方法とは?【テニスの上達ガイド】

フォアハンドが安定する打ち方と練習方法とは?【テニスの上達ガイド】

テニスをプレーしていると、フォアハンドが安定しなくなるという方は非常に多いです。テニスにおいてフォアハンドの安定はラリーや試合で非常に大事になりますので、フォアハンドで安定したショットの打ち方のコツや、練習方法を詳しく解説していきます。
SKコーチ | 7,360 view
少年野球のバッティング!基本を学んで上達するための練習方法5選

少年野球のバッティング!基本を学んで上達するための練習方法5選

長く野球をしている人ほど、体が覚えてしまったバッティングの悪いクセを矯正するのが大変なため、少年野球の時期に正しい基本を身につけておくことが重要になります。少年野球のバッティングで基本となる5種類の練習方法と、バッティングを上達させるコツを詳しく解説します。
Hiroshi_8 | 7,760 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nosedori nosedori