2020年1月25日 更新

バッティングで必要な下半身の使い方とは?【10分でわかる野球上達】

バッティングで必要な下半身の使い方は、スタンスの取り方、ステップの取り方、バッティングの軸足、骨盤を回転させてスイング、体重移動の5つです。下半身主導のスイングを習得する練習方法や、バッティングで下半身が重要性である理由を解説します。

6,190 view お気に入り 0

なぜバッティングで下半身が大事なのか?

 (103461)

なぜ下半身がバッティングで大事な理由は、3つのことが考えられます。

・バッティングは下半身でタイミングをとる
・スイングスピードを上げる
・下半身主導のスイングでミートが上手くなる

タイミングを合わせるのは下半身の役割

バッティングでタイミングを合わせるのは下半身の役割で、ピッチャーの動きを見ながら膝やつま先でタイミングを合わせるようにしていきます。相手ピッチャーの動きに合わせてタイミングをとらないと、ボールをうまくミートすることは困難になります。

下半身でタイミングを合わせることによって、目線がブレずにバッティングフォームが崩れにくく、しっかりとボールをミートすることができます。

スイングスピードを上げるには下半身が重要

Instagram post by @himedaruma37 • Nov 29, 2019 at 12:33pm UTC (103465)

スイングスピードを上げるためには、トレーニングで上半身を鍛えるのではなく、下半身の使い方が重要になります。人間の体は、上半身よりも下半身のほうが安定感があり、パワーが出しやすいという特徴があります。

スイングする時に、パワーが出しやすい下半身をうまく連動させることによって、スイングの軌道を安定させながらスピードアップを図ることが可能です。

下半身主導のスイングでミートが上手くなる

giants_PRIDE_6 on Instagram: “#giants #丸佳浩 #丸佳浩はなぜ神なのか #giantsファンと繋がりたい #giants好きな人と繋がりたい #G党さんと繋がりたい #丸佳浩ファンと繋がりたい #丸佳浩好きな人と繋がりたい” (103472)

下半身主導のスイングは、トップの位置が自然に下がってボールの軌道にバットを入れることができます。

ボールの軌道にバットが入ることで、ボールをミートしやすくなるのが特徴です。

バッティングで大事な下半身の使い方

バッティングで大事な下半身の使い方は、以下の5つになります。

・スタンスの取り方
・ステップの取り方
・バッティングの軸足
・骨盤を回転させてスイング
・体重移動

スタンスの取り方

スクエアスタンス (104965)

via スクエアスタンス
バッティングのスタンスの取り方は、まず最初はスクエアスタンスで構えてみましょう。スクエアスタンスとは、ホームベースに対して正面を向いて、肩幅程度に両脚をまっすぐに広げて構えます。スクエアスタンスは基本的な構え方であり、どのようなコースにも対応しやすいのが特徴です。

野球初心者であれば、まずはスクエアスタンスで構えるようにするのがおすすめです。
バッティングのスタンスの取り方は、スクエアスタンスの他にもオープンスタンス、クローズドスタンスが存在しています。
オープンスタンスは、前足をホームベースから遠ざけ、軸足をホームベースに近づけるスタンスです。クローズドスタンスは、前足をホームベースに近づけ、軸足をホームベースから遠ざけるようにします。

ステップの取り方

みっちゃん on Instagram: “2019年7月19日 マツダスタジアム巨人VS広島丸佳浩選手#野球 #野球観戦 #ジャイアンツ #読売ジャイアンツ #巨人 #マツダスタジアム #丸佳浩 #baseball #yomiurigiants” (103488)

ステップの取り方には、3種類の方法があります。

【スクエアステップ】
ピッチャーとキャッチャーを結ぶ直線に対して、平行に足を踏み出す

【クローズドステップ】
ホームベース側に足を踏み出す

【オープンステップ】
体の外側に足を踏み出し、体を開く


クローズドステップは、ボールを長く見ることが可能で、逆方向に強い打球が打てます。オープンステップは、体を開くことによって、インコース打ちが上手くなるという特徴があります。それぞれ違いはありますが、まずは自然に足を踏み出せるスクエアステップから始めてみましょう。

バッティングの軸足

バッティングの軸足は、しっかりと固定することが重要になります。バッティングの時に軸足が不安定だと、上体をうまくひねることができず、スイングスピードを早めることができません。

軸足をしっかりと固定するためには、軸足の内側(親指側)に力を入れる感覚で、自分の体がブレないように支えることが重要です。

骨盤を回転させてスイング

🐯 ⓀⓄⒿⒾ 🐯 on Instagram: “. . え??? ほんまに何も動きなくキャンプインする?? . . . 確かにどの球団も若返りしたいから ベテラン取らない傾向にあるのはわかるけど 鳥谷は取るべきやろー!!!! . . 1日も早く移籍先が決まればええな! オリックスはないかな??笑 . .…” (103495)

骨盤を回すようにスイングすることで、上体がスムーズに回転して力強いスイングに結びつきます。体が上手く回らないスイングでは、バットを振る時にどうしても手打ちになってしまいます。手打ちのスイングは、バットの先に当たる可能性が高く、飛距離も出づらいので修正が必要です。

「腰を回転させてスイングする」という表現が多いですが、厳密に言えば腰はあまり回転する部位ではなく、骨盤を回転させることでスイングに勢いがつきます。
38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

少年野球のバッティング!基本を学んで上達するための練習方法5選

少年野球のバッティング!基本を学んで上達するための練習方法5選

長く野球をしている人ほど、体が覚えてしまったバッティングの悪いクセを矯正するのが大変なため、少年野球の時期に正しい基本を身につけておくことが重要になります。少年野球のバッティングで基本となる5種類の練習方法と、バッティングを上達させるコツを詳しく解説します。
Hiroshi_8 | 46,785 view
ツイスト打法の気になるフォームや打ち方とは?野球の打撃練習法

ツイスト打法の気になるフォームや打ち方とは?野球の打撃練習法

野球のバッティングの打法の1つであるツイスト打法とは?ツイスト打法がどんなもので、どのようなメリットがあるのか?プロ野球選手で巨人に所属する阿部慎之助選手を手本にして練習方法や打ち方などを紹介していきます。
水無月 | 29,390 view
トスバッティングの意味と効果とは?バットコントロールを良くする方法

トスバッティングの意味と効果とは?バットコントロールを良くする方法

野球のトスバッティングについて詳しく説明しています。トスバッティングの効果や意味、応用的な練習方法などをご紹介します。バットコントロールを良くするためのコツも詳しく紹介しており、初心者から中級者のバッティング向上に役立つ内容となっています。
nabekei.27 | 36,133 view
スイングスピードを上げる3つの方法とは?【野球上達ガイド】

スイングスピードを上げる3つの方法とは?【野球上達ガイド】

野球のバッティング向上のためには、スイングスピードを上げることが必要です。では、野球選手がスイングスピードを上げるメリットはどこにあるのでしょうか。また、どのようなトレーニングをすれば、スピードを上げることができるのでしょうか。その方法を詳しく解説します。
Spicatz | 169,364 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous