2020年5月18日 更新

シシースクワットの効果と正しいやり方とは?膝に負担をかけずに鍛えよう

シシースクワットは、体を後方に傾け、自分の重量を負荷にして太ももを鍛える筋トレです。シシースクワットに取り組むことで、ダイエットや体幹の強化などの効果を得ることができます。膝に負担をかけずに鍛えるには、膝とつま先の向きを揃えることが大切です。

131 view お気に入り 0

シシースクワットとは?

enjoy🏃‍♀️ on Instagram: “1.Sep.2018 ▽ シシースクワット 10回×3セット ニッコニコしながら教えてもらったけど見かけによらず太ももの大腿直筋がほんっとに痛い!っ笑 もーマシンとか関係なくなって自宅でもできそうだから今度やってみようとか思っている😏 ▽…” (131691)

シシースクワットとは、大腿四頭筋を鍛えるために用いられるトレーニング方法です。シシースクワットはノーマルスクワットよりも難易度が高く、大腿四頭筋に強い負荷がかかるため、太ももの前面の筋肉が盛りあがった逞しい足を手に入れることができます。

シシースクワットのメリット

シシースクワットのメリットは、自宅に居ながら太ももに強い負荷をかけて大腿四頭筋を鍛えられることです。シシースクワットは、負荷に慣ると高重量のバーベルやダンベルを使用しなければならないノーマルスクワットと違い、自分の体重の重量だけで大腿四頭筋を徹底的に追い込むことができます。

手軽に下半身を鍛えられるシシースクワットは、トレーニングしたいけれど忙しくてジムに通う時間が取れない人におすすめの筋トレ方法です。

シシースクワットで効く筋肉・部位

Javi on Instagram: “No es matrix!  No, no es matrix ni tampoco una sentadilla con una técnica pésima, se trata de la Sissy squat.  Es una sentadilla diferente,…” (132461)

シシースクワットによって鍛えられる筋肉は、おもに3つです。

・大腿四頭筋
・腹筋

・背筋

シシースクワットは、スクワットのなかでも特に難易度が高く、下半身に高い負荷がかかるトレーニングです。シシースクワットをマスターすることで、強靱な足腰と引き締まったお腹を手にすることができます。

大腿四頭筋

 (131670)

シシースクワットでは、膝関節から足を曲げて体を後ろに倒していくことで、太ももの前面に自分の重量がかかり、効果的に大腿四頭筋を鍛えることができます。

太もものなかで1番大きな面積をしめる大腿四頭筋を強化することで下半身が安定し、運動パフォーマンスを効果的にあげることができます。

腹筋

 (131679)

シシースクワットでは、太ももから上半身を一直線にキープするときにお腹に力を入れるため腹筋も同時に鍛えられ、引き締まったウエストを手に入れることができます。
あくまで、シシースクワットでメインで鍛えることができる筋肉は大腿四頭筋です。腹筋に重点をおいて鍛えたい場合は、シシースクワットと腹筋メインのトレーニングメニューを併用して取り組みましょう。

背筋

 (132362)

シシースクワットをすると、太ももから上半身にかけてまっすぐな体勢をキープすることで背中の筋肉が刺激されるため、背筋が鍛えられます。

背中には脊柱起立筋広背筋があり、2つの筋肉を鍛えることで猫背が改善され、まっすぐ正しい姿勢を保つことができるようになります。

シシースクワットの効果

萩原智之 on Instagram: “シシースクワットをする時って、正しい手のポジションはコレだと思うんです。 時を止めたくなってしまうんです。 こんな事しているから女性のフォロワー増えないんです。 女性専門のトレーニング指導しているのに。…” (132360)

シシースクワットに継続的に取り組むと、2つの効果を得ることができます。

・ダイエット
・体幹の強化


下半身の筋肉を集中的に鍛えることで筋肉が増えて全身が引き締まり、健康的でバランスのよい体を手に入れることができます。

ダイエット

 (131669)

シシースクワットをすると、体のなかで最も大きな大腿四頭筋が鍛えられ基礎代謝が上昇し、ダイエット効果を得ることができます。

基礎代謝があがると、1日の消費カロリーが増えて痩せやすい体質になるだけでなく、体温の上昇で全身の血流が良くなり、むくみを解消しながらすっきりした体を手に入れることが可能です。

体幹の強化

75 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スロースクワットの効果と正しいやり方とは?中性脂肪と血糖値が下がる?

スロースクワットの効果と正しいやり方とは?中性脂肪と血糖値が下がる?

スロースクワットとは、時間をかけてスクワットする筋トレのことです。スロースクワットは有酸素運動なので、筋力増加はもちろん、ダイエットやテストステロンの分泌といった効果が期待できます。スロースクワットは、関節に負担をかけずに太ももの筋力を上げることができるため、年配の人にもおすすめです。
オリモト | 355 view
自重スクワットの効果と正しいやり方とは?負荷をかけて効率よく鍛えよう

自重スクワットの効果と正しいやり方とは?負荷をかけて効率よく鍛えよう

自重スクワットは自分の体重を利用して行うスクワットです。自宅で簡単に、誰でも大腿四頭筋や大殿筋などの筋肉を中心に下半身全体の筋肉を鍛えて、インナーマッスルを活性化させる効果があります。バーベルなど重りを使わない自重スクワットでも、正しいやり方と負荷をかけることで効率よく下半身を鍛えることができます。
mblue1974 | 210 view
ブルガリアンスクワットとは?正しいやり方・フォームと効果を解説

ブルガリアンスクワットとは?正しいやり方・フォームと効果を解説

ブルガリアンスクワットとは、下半身を鍛えるトレーニングです。ブルガリアンスクワットの効果は下半身を鍛える中でも負荷が大きいので通常のスクワットに比べて効果を出しやすいトレーニングになります。そのため、ダイエットやヒップアップをしたいかたにおすすめです。
Anonymous | 327 view
クォータースクワットの効果とやり方とは?45度に膝を曲げるスクワット

クォータースクワットの効果とやり方とは?45度に膝を曲げるスクワット

クォータースクワットは、膝を45度に曲げるスクワットで、負荷が軽いため初心者や女性・高齢者でも気軽に始めることができます。クォータースクワットには、ダイエットや美脚、ヒップアップ効果があります。やり方は、まっすぐの姿勢を保ったまま腰を後ろに引き、45度まで膝を曲げたら元の姿勢に戻る動作を繰り返します。
masaesakai | 186 view
ダンベルスクワットの5種類の正しいやり方とは?目的別に重量設定しよう

ダンベルスクワットの5種類の正しいやり方とは?目的別に重量設定しよう

ダンベルスクワットはダンベルだけで手軽に下半身を鍛えることができるトレーニングです。ダンベルの持ち方によって鍛えたい筋肉を変えることもできます。ダンベルスクワットは下半身の筋力アップからダイエット効果、美脚効果も期待できるため、初心者や女性におすすめの筋トレ種目です。
hiroki025025 | 351 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

fujieht0207 fujieht0207
amazon