2018年1月31日 更新

トータルフットボールとは何か?戦術理論を考えてみよう

様々なサッカー戦術があるなかで、世界的に認知されているトータルフットボール。トータルフットボールと一言で言ってもその内容まで詳しく知る人は意外に少ないはず。そこで今回はトータルフットボールとは何か?と題して、戦術理論を考えてみたいと思います。

  
5,864 view お気に入り 0

トータルフットボールの歴史

Instagram (23781)

それは1974年に西ドイツで開催されたサッカーワールドカップにさかのぼります。
この大会で優勝候補とされていたのは開催国であり、ベッケンバウアーを要した西ドイツでした。
その西ドイツが採用していた「リベロシステム」に対抗する形で世界に衝撃を与えたシステム、それがヨハン・クライフ要するオランダ代表のミケルス監督が採用した「トータルフットボール」でした。
このトータルフットボールが後のバルセロナサッカーを筆頭に世界のサッカーへ多大な影響を与え、様々なフォーメーションが確立されることになります。

トータルフットボールとなどのような戦術なのか?

Instagram (23779)

それではトータルフットボールとはサッカーにおいてどのような戦術なのでしょうか?
一般的には「ポジションが流動的で、且つ全員攻撃全員守備」というような認識で共通していますが、トータルフットボールを更に突き詰めて言えば以下の通りです。

トータルフットボールの定義

Instagram (23786)

① ボールポゼッションを重要視する
② ボールを奪われたらすぐさまハイプレス
③ スペースを作り利用する
④ ポジションチェンジを多用する
これらの定義を軸に、トータルフットボールを様々なチーム戦術に応じて落とし込むわけです。
トータルフットボールを簡単に言うならば、今までの攻撃守備という完全分業制を、全員攻撃・全員守備という流動的なものにしたと言うことになります。

① ボールポゼッションを重要視するとは?

サッカーにおけるオフェンス戦術であるボールポゼッションとは、縦へのロングパスや大きなサイドチェンジを行わず、細かいパスワークでボール支配率を上げるということで、相手にボールを奪われなければ失点することは無いとの考えに基づきます。全員でコンパクトにパスを繋ぐ、トータルフットボールの代名詞と言われています。

② ボールを奪われたらすぐさまハイプレス

細かいパスワークを主体としているため、ディフェンスラインは全体的に高い位置を取ります。そしてボールを奪われた際にはスムーズに守備陣形をコンパクトに保ち、チーム全体で連動したハイプレスを展開します。チーム全体というところからトータルフットボールの一つと呼ばれます。
トータルフットボールではオフェンス時の細かいパスワークとディフェンス時のハイプレスの双方が必須ですが、細かいパスワークを必要とせず、ハイプレスのみを採用したのがサッキ監督が率いたACミランでした。

③ スペースを作り利用するとは?

例えばオフェンス時、センターフォワードの選手がペナルティエリアから離れることによりマークしている相手ディフェンダーもつられるように移動します。その空いたスペースにスルーパスを出したり、別のポジションの選手が入ったりする動き、チーム全体で連動してスペースを作る動き、まさにサッカーにおけるトータルフットボールです。

④ ポジションチェンジを多用するとは?

それぞれのポジションの選手が相互に動き、各ポジションを移動することによって相手ディフェンスを混乱させます。
センターフォワードのポジションに右ウイングがポジションチェンジし、空いた右ウイングのポジションを右サイドバックが埋めるというように、チームが連動してポジションチェンジを繰り返す事にマークを外していきます。
選手全員が様々なポジション適正能力を備える必要がりますが、これもまさにサッカーにおけるトータルフットボールと言えます。

細かいパスワークとハイプレスの融合

Instagram (23787)

このようにトータルフットボールとは、ディフェンス時のハイプレスにオフェンス時の細かいパスワークを融合したものという事がわかります。ではサッカーにおけるハイプレスとはどのようなものなのでしょうか?

ハイプレスサッカー

イタリア代表の総称が堅実な守備である「カテナチオ」と呼ばれ続けたのは有名な話ですが、プレッシングのみに特化したチームがイタリアセリエAのACミランのサッカーでした。
このハイプレスサッカーはサッキ監督によって作り出されたもので、もともとゴールを守るための理論であったプレッシングサッカーを更に進化させたものです。
守備的なサッカーの考えから高い位置から積極的にボールを奪いに行くという攻撃的なサッカーの考え方への変化が特徴です。

変貌を遂げるトータルフットボール

Instagram (23780)

このサッカーにおけるトータルフットボール理論は世界でも名を馳せるようになり、様々な監督により様々なトータルフットボールへと変貌を遂げています。
トータルフットボールはどのような監督により、どのようなサッカーに変貌を遂げているのかを見ていきましょう。
42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーのビルドアップの意味とは?戦術的な考え方【サッカー用語】

サッカーのビルドアップの意味とは?戦術的な考え方【サッカー用語】

現代サッカーにおいて非常に重要視されているビルドアップですが、サッカー用語として定着しています。ここではサッカーでのビルドアップとはどのようなもので、どんな意味があり、どうして重要視されるプレーなのかを解説していきたいと思います。
CAS | 69 view
サッカーのセットプレーとは?得点をとる戦術的な考え方とは?

サッカーのセットプレーとは?得点をとる戦術的な考え方とは?

サッカーのセットプレーとは、フリーキックやコーナーキックなどボールを止めてから蹴ることのできるプレーを指します。セットプレーは、プレッシャーを受けずにボールを蹴ることができますので、戦術として色々なプレーをする可能性があるので、得点を取る大きなチャンスです。
camarade20042000 | 104 view
フットサルの戦術考察!基本戦術9つと動き方とは?

フットサルの戦術考察!基本戦術9つと動き方とは?

フットサルは知っての通り基本的なプレーはサッカーと同様ですが、戦術においてはサッカーよりもよりスペースメイクの意識とチームメイト間の連携を重要視するものとなっています。フットサルの基本的な戦術からその応用による動き方9個を解説していきたいと思います。
CAS | 19,044 view
バドミントンのダブルスで勝つ!そのための戦術や方法を学んで攻めよう

バドミントンのダブルスで勝つ!そのための戦術や方法を学んで攻めよう

バドミントンのダブルスは早いラリー展開・ローテーション・パートナーとの相性など非常に繊細でパワーや頭脳も必要な非常に難しい競技です。バドミントンダブルスの戦術として、前衛・後衛がどのように動けば良いのか、どこを狙えば良いのかなどを初心者〜上級者までのレベル別に解説します。
K_Yuto | 15,936 view
サッカー戦術論!名将監督のシステムやフォーメーション理論解説

サッカー戦術論!名将監督のシステムやフォーメーション理論解説

サッカーにおける戦術とは試合に勝つための理論だと言い換えることができるでしょう。名将と呼ばれる二人の監督が用いる究極の戦術からサッカーの本質に迫ってみたいと思います。戦術理論がわかればサッカーのプレイの幅も広がりますし、観戦の楽しみも増えるでしょう。
CAS | 24,362 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9