2018年5月3日 更新

サッカーボール入れ5種類!ケースやバッグ・ネット・袋・カゴなどをご紹介

サッカーボールの入れ物はケースタイプ、バックタイプ、ネットタイプ、袋タイプ、カゴタイプなど様々ありますが、それぞれの使用する用途、金額などを合わせてご紹介します。サッカーを始めたばかりの方はボールの入れるものが必要になりますので、購入の際の参考にしましょう。

  
5,062 view お気に入り 0
<メリット>
袋タイプのボール入れは安価に入手でき、袋であることから収納がしやすいことがメリットになります。ネットタイプと同様ですが、サッカーボールを持ち運ぶ際は袋の中にサッカーボールを入れて、持ち運んだあとはバッグなどに折りたたんで収納することができます。また、袋なので、着替えなどをいれる際もしようすることができます。

<デメリット>
デメリットは、サッカーボールの持ち運びが少ししかできないことです。2個以上を持ち運ぶための商品が販売されていないことから、持ち運びの際は少し不便かもしれません。

<価格>
500円から1000円くらいで購入することができます。サッカーボールの持ち運びの際に必ず必要になってきますので大きい金額でもないので購入しても問題ないと思います。

サッカーボール入れの試合、遠征時の使い方

遠征、試合の時に必要なサッカーボール入れをご紹介させていただきます。遠征や試合があったときどんなサッカーボール入れがあれば便利か分からない場合、この項目を参考にしていただければよいかと思います。

試合や遠征があった場合、1チームが練習できる環境を整えることが必須となります。また物の運搬などを考えるとできるだけコンパクトに抑えたいのも事実です。遠征、試合で必要になるサッカーボール入れは、たくさんサッカーボールが持ち運べることと、そのサッカーボールを練習で使いやすくすることが求められます。

そのため、おすすめのサッカーボールは、サッカーボールがたくさん入るケースタイプとかごタイプの組み合わせがいいでしょう。

理由として、ケースタイプであれば商品にもよりますが、一つで10個くらい持ち運べるものもあり、サッカーボールを一つに収納できて便利です。また、かごタイプは練習会場などでサッカーボールの収集、確保の面で非常に便利です。
例えば、ケースタイプとかごタイプの組み合わせで行った場合、練習会場でかごタイプを組み立てて、かごタイプの中にケースタイプの入れ物を入れて、その上からサッカーボールをいれれば、かごタイプの移動で練習会場を移動できますし、余分な荷物が増えません。
また、撤収時もサッカーボールをケースタイプに入れて、かごタイプを折りたためばすぐに撤収できます。

サッカーボール入れの取り扱いメーカー

https://www.google.co.jp/search?site=imghp&tbm=isch&source=hp&biw=1366&bih=651&q=%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%80%80%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC&oq=%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%80%80%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC&gs_l=img.3...1334.13920.0.14345.37.25.4.8.8.0.270.3398.0j16j4.20.0....0...1ac.1j4.64.img..6.23.3324.0..0j0i4k1j35i39k1j0i4i24k1j0i24k1.G1QlrvO0EqA#tbm=isch&q=%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%80%80%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC&imgrc=_gRT_05Ks7BRAM:&spf=393 (1786)

Adidas
サッカー用品を取り扱っている有名なメーカーです。スポーツショップなどに行けばadidasのサッカー用品が必ずあるくらい有名メーカーになります。

プーマ
プーマもサッカー用品のメーカーとして有名です。ヒョウのマークが目印です。

ミカサ

バレーボールなどで有名なメーカーで、ボールケースなども多く取り扱っています。

ボールネットの作り方動画(参考)

ボールネットは手作りすることも可能です。参考ではありますがボールネットの作り方の動画をご紹介します。手作りでお子さんに作ってあげると喜ばれると思いますので、作り方の参考にご覧ください。

サッカーボール入れのまとめ

おすすめのサッカーボール入れのメリット、デメリットや手作りの方法をご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。サッカーボール入れは、試合や遠征などの際、サッカーボールを運搬してくれる便利なものです。
頻繁に試合や遠征などがあるなら購入を検討してみてもいいかもしれません。その際は、この記事を参考にして頂ければ幸いです。
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ワープボールの魅力とは?VRで遊べる近未来球技WARP BALL

ワープボールの魅力とは?VRで遊べる近未来球技WARP BALL

今年発表されたばかりの最新テクノスポーツワープボール。ワープボールのルールや今後のおすすめポイントをご紹介します。ゲームとして、スポーツとして楽しめるワープボールの魅力を徹底検証します!!
yuki | 317 view
最新シーバスロッドのおすすめ人気ランキングTOP10!モデル別に比較

最新シーバスロッドのおすすめ人気ランキングTOP10!モデル別に比較

全国的に人気が高いシーバスゲームには、ダイワなど各メーカーから数多くのシーバスロッドが販売されています。その中から初心者の方は自分に合ったシーバスロッドを見つけ出すのは困難です。シーバス用ロッドを選ぶポイントから上級者の方にもおすすめのものを解説していきます。
takagi | 28 view
トラウトルアーの選び方&おすすめ人気ランキングTOP15!

トラウトルアーの選び方&おすすめ人気ランキングTOP15!

管理釣り場から渓流などさまざまな場所で使われるトラウトルアーは数多く販売されています。しかし釣り場や狙い方によってルアーの選び方も変わりますので初心者の方が適切に選ぶのは困難です。そこで初心者の方でも分かりやすくトラウトルアーについて説明します。
takagi | 86 view
釣り用のバッグのおすすめとは?どんな選び方のポイントあるのか?

釣り用のバッグのおすすめとは?どんな選び方のポイントあるのか?

釣りにはロッドやリールはもちろん、フックやラインなど、釣りの種類によって様々な道具をバッグに入れて持って行きます。特にバスフィッシングなど、ラン&ガンが必要な釣りにおいては必需品です。釣り用バッグに必要なものとは何なのか、おすすめのバッグとともに解説します。
takagi | 49 view
シーバスリールおすすめ人気TOP10!ダイワやシマノなどの選び方とは?

シーバスリールおすすめ人気TOP10!ダイワやシマノなどの選び方とは?

人気のシーバスフィッシング、狙うフィールドに合わせてリールを選ぶのが重要なポイントです。初心者だと、リールを選ぶ際に何を基準に選べばいいのか、フィールドやシーバスの大きさにあわせたリールの選び方などをまとめ、シーバスフィッシングに必要なリールを紹介します。
takagi | 196 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

sayusayuman1031 sayusayuman1031