2019年10月7日 更新

卓球ラケットの種類とは?特徴と気になる選び方【初心者ガイド】

卓球のラケットの種類は、大きく分けて2種類ですが、卓球の試合で重要なことは、自分に合った卓球ラケットの選び方ができるかどうかと言っても過言ではありません。大切な卓球のラケットの選び方を失敗しないためにも、ラケットに関する種類や個々の特徴を把握して選びましょう。

  
25 view お気に入り 0

卓球ラケットの種類とは?

 (85518)

卓球のラケットは、大きく分けてシェイクハンドとペンホルダーの2種類のラケットが存在します。

2種類の中でも卓球のプレースタイル(戦型)やグリップ形状、板の種類と構成が異なり、組み合わせによって多岐に渡る性能をもったラケットなど、様々な種類の卓球ラケットが存在しています。

そこで卓球のラケットを整理すると以下のようになります。
分類 戦型/種類 グリップ 板/構成
シェイクハンド 攻撃 フレア/ストレート/アナトミック/コニック 単板/特殊素材入り合板/合板
オールラウンド
守備
ペンホルダー 日本式 ドライブ 角型/丸型
速攻
中国式 丸型
反転用 丸型

シェイクハンドの卓球ラケットの3つの種類

シェイクハンドは、攻撃に適した攻撃型のシェイクコントロールを重視としたオールラウンド用シェイク守備型のカット用シェイクの3種類に分けられます。多種類のプレースタイルに対応できる点がシェイクハンドの特徴の一つです。どのラケットの種類を選択するかは、プレーヤーの戦型によって決まると言っても過言ではありません。

それだけ3種類のシェイクハンドはプレーヤーの戦型に依存しているため、予めプレースタイルが決まっていれば、卓球初心者でも選びやすいラケットとなります。

シェイクハンドは世界中で多くの卓球プレーヤーに愛用されていておすすめです。

種類①シェイクハンド攻撃型

 (85519)

シェイクハンド攻撃型は、主にボールに対して縦回転をかけるドライブやスマッシュによる強打で積極的に攻撃するプレーヤーに適した種類の卓球ラケットです。

最大の特徴は、卓球のラリー中にフォア面とバック面の切替えがしやすく、特にカーボン素材のラケットは、ボールが弾みやすくフォア面の破壊力は群を抜きます。

攻撃だけでなく、相手の強いボールに対しても素早くラケット面を合わせることがき、大きさ的に守備面でも使いやすいラケットで、いわば万能型と言っても過言ではありません。シェイクハンド攻撃型は、多くのメリットからも多くの卓球プレーヤーが使用している種類のラケットです。

種類②シェイクハンドオールラウンド型

 (85520)

シェイクハンドオールラウンド型は、攻撃と守備のバランスの両方が考慮された設計で、特に卓球初心者に扱いやすい種類の卓球ラケットです。

シェイクハンド攻撃型と比較すると、カーボン素材はほぼ使用されず、ボールの弾み具合は控えめですが、その分、フォアやバックの確実なフォームでボールを打ち返したり、ブレードの大きさでラバー面を合わせたときのボールコントロールのしやすさが最大の特徴と言えます。

ラケットの特徴から、卓球のフォームをしっかりと確立させたり、卓球の基本を習得しようとするプレーヤーに対してもっともおすすめする種類で、卓球初心者のラケットの選び方として、最適であると言えます。

種類③シェイクハンド守備型

 (85521)

シェイクハンド守備型は、ラケットの選び方として、相手の攻撃に対し、主にバックスピンをかけて相手のミスを誘うプレースタイルの選手=カットマンが選択する種類の卓球ラケットです。

特徴は、カットの安定性を重視して、カーボン素材などによる特殊素材を使用せず、極力ボールの反発力が抑えられている板の構成であることが挙げられます。他の種類のシェイクと比較すると、ブレードの大きさが一回り大きく面が広い点も特徴的です。

近年のカットマンはチャンスがあれば攻撃を仕掛けるため、カット用モデルの中でも、カットの回転力とドライブ回転の両方を兼ね備えた種類も存在しています。

シェイクハンドラケットの4つのグリップ

シェイクハンドのグリップは、卓球ラケットの選び方で特に重視すべき項目で、自分の手に馴染むグリップの選び方が重要となります。

グリップは、卓球の練習や試合中に握り続ける部分で、少しでも違和感を感じると、プレーに大きく影響を与えることや、人間の成長過程において、指や手のひらが大きくなり、手にフィットしていたグリップが徐々に合わなくなってきた場合は、買い替えが必要となってきます。

シェイクハンドには、形状の異なる4種類のグリップが用意されています。中でもフレアとストレートに人気が集中していますが、実際に全ての種類の形状を握って、大きさや木に触れて個々の感触を確かめる選び方をおすすめします。

①フレア

 (85522)

卓球のフレアグリップは、グリップの部分が末広がりで、昔からシェイクハンドの定番グリップとして初心者から上級者まで幅広く愛用されています。グリップの中心側に重心があり、フィット感の高い木の形状と大きさ、コントロールがしやすくて使いやすい点が特徴です。これらの理由から卓球初心者に好まれる傾向の高いグリップ形状で、これから卓球をはじめる初心者におすすめです。

フレアは無難な選び方としてありがちと言っても過言ではないほど卓球初心者が選択する率の高いグリップです。メリットが光るフレアですが、注意として卓球の試合や練習中に汗でグリップの握りが甘くなって手から滑り落ちてしまうことがあります。

②ストレート

 (85523)

卓球のストレートグリップは、グリップ幅の大きさが均一かつ木が直線的で握りづらいので、卓球初心者に敬遠される傾向があります。ストレートグリップの特徴は、打法によって握り方を容易に変えることができることや、スピードボールが打ちやすい点がメリットとして挙げられ、技の種類が豊富な中級者以上向けのグリップと言えます。

握りがフィットした場合、幅の大きさやフレアとの違いを感じることはなく、卓球初心者にもおすすめできるグリップです。また、握り方一つで台上のボール処理や前陣でのドライブ打法、多彩な球種のサーブを出しやすいなど、シェイクハンドのテクニシャン系にとって使いやすいグリップであると言えます。

③アナトミック

 (85524)

64 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球ラケットの選び方!初心者が絶対知りたい情報まとめ

卓球ラケットの選び方!初心者が絶対知りたい情報まとめ

卓球のラケットと一口にいっても、シェイクやペンホルダーの種類、グリップの形、そして性能など幾つかのポイントがあり、卓球ラケットの選び方にはある程度の知識が必要となります。自分に合った最適なラケットの選び方について、初心者の方に向けた基礎知識を解説していきます。
skynetasia391k | 300 view
硬式テニスラケットのおすすめ人気ランキングTOP10【初心者ガイド】

硬式テニスラケットのおすすめ人気ランキングTOP10【初心者ガイド】

初心者プレーヤーが硬式テニスラケットを選ぶポイントをご説明し、おすすめの人気ラケットTOP10選をランキング形式でご紹介します。初心者からご自分に合ったラケットを選ぶことはプレーを楽しくし、思わぬケガの防止にもなります。ラケット購入の参考にしてみてください。
園城寺 希 | 3,576 view
硬式テニスのラケットの選び方ガイド!初心者におすすめのポイントとは?

硬式テニスのラケットの選び方ガイド!初心者におすすめのポイントとは?

初心者プレーヤーが硬式テニスラケットを選ぶときにチェックしたいことと共に、初心者におすすめの選び方のポイントをご紹介します。知っておくと将来的にも役立つラケットのスペックについてもご説明します。ぜひラケット購入の際の参考にしてみてください。
園城寺 希 | 951 view
テニスラケットのおすすめ人気ランキングTOP10

テニスラケットのおすすめ人気ランキングTOP10

2020年東京オリンピックに向けて、日本テニス界はかつてない盛り上がりをみせています。一般の硬式テニス愛好者が今後増え続けることが予想されます。テニスで一番欠かせない道具といえばテニスラケット。そこで、おすすめ硬式テニスラケットについてご紹介したいと思います。
pseudo.inoki.genome.pcr | 20,184 view
テニスラケット!初心者に絶対おすすめしたい10本と選び方とは?【テニスコーチ監修】

テニスラケット!初心者に絶対おすすめしたい10本と選び方とは?【テニスコーチ監修】

テニスの初心者にとってラケット選びは、今後のテニスライフを左右するほど、大事です。初心者がテニスラケットを選ぶときに知っておきたいポイントとおすすめのテニスラケットを、ランキング形式でご紹介しますので、購入する際のしっかりとポイントを押さえておきましょう!
SKコーチ | 136,504 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

skynetasia391k skynetasia391k
【RIZAP KIDS】