2019年2月7日 更新

サッカーのPK成功率を上げる方法とは?ペナルティキックの極意を解説

サッカーのPK成功率を上げるためには、ルールを知り、キーパーのタイプや自分の特徴を知る必要があります。その上で成功率を上げるために、ゴールの角にスピードのあるシュートを打つか、キーパーの動きを見るかフェイントをかけるかを選択することが大切です。

  
332 view お気に入り 0

サッカーのPKルールを知ることは成功率アップに不可欠

Kozue 🌺 倩² on Instagram: “#世大運 最後一天🤣#足球 #soccer #universide #universiade2017 #canada #brazil #加拿大 #巴西 #カナダ #ブラジル#サッカー #12碼 #PenaltyKick #ペナルティーキック” (69758)

PKを蹴る際のルール

サッカーのPK成功率を上げるためには、まずルールを知るといことが大切で、ルールを知らなければ反則を取られたり、その裏をかいたプレーができません。
サッカーのペナルティーキックの主なルールは以下の通りです。

①キックフェイントなどを入れてはいけない
②一度ボールに向かって助走したら戻ってはいけない
③指定したキッカーとは別の味方選手がペナルティエリアに入ってはいけない
④指定したキッカーとは別の人が蹴ってはいけない
⑤笛がなってから蹴るまでの時間制限はない
⑥ゴールキーパーはキッカーがボールに触れるまでゴールライン上から出てはいけない

このサッカーのルールはPK戦と試合の流れの中で獲得したペナルティーキックの両方に共通しており、このルールをうまく利用しながら蹴ることで成功率を上げることができます。

PK戦のルール

サッカーのPK戦はトーナメント戦で延長でも決着がつかなかった際や、大会によっては延長戦を行わず即PK戦という場合もあります。

PK戦のルールは先行後攻を決めて両チームの選手が交互に蹴る方式と、ABBA方式というAのチームが先行で蹴り、そのあとBのチームが2回連続で蹴る、その後Aが蹴るというやり方の2パターンがあります。後者の方は先行がPK戦では有利というデータが出ているため、その不均衡をなくすために採用されたルールですが、その煩雑さのためほとんどのサッカー大会では前者のルールが使用されています。

また、サッカーのPK戦のルールは5人が蹴り、よりポイントを決めたチームの勝利となり、同点であった場合にはそこから先は1人追加で蹴り、1ポイント差がつくまで行います。

反則時のPKのルール

サッカーのペナルティーキックは、試合の流れの中で反則が行われた時に得ることができ、その時のルールはPK戦とは一部異なる点があります。

まず大きく異なる点は、キックした後にプレーが続行されるという点で、ゴールキーパーにシュートストップされたとしてもそのこぼれ球を詰めてシュートを打つことができます。その際に注意しなければいけないことは、キッカーとは異なる選手はボールが蹴られるまでペナルティエリア内に入ってはいけないということで、それを犯してシュートを決めたとしても得点とはなりません。

また、キッカーは必ずシュートを打たなければならず、キッカーとは別の見方にパスをしてシュートを決めるという行為は禁止されています

サッカーのPK成功率を上げるための3つの知

キーパーのタイプを知る

 (69782)

サッカーPKの成功率を上げるために必要なことは、相手ゴールキーパーのタイプを知るということです。
ゴールキーパーのタイプは大きく3つに分けられます。

①予想をして蹴る直前に動くタイプ
このタイプに対しては、蹴るギリギリまでキーパーを見て飛んだ瞬間に逆方向へとボールを蹴る。

②最後までボールを見て蹴ると同時に動くタイプ
このタイプに対しては、速度の速いシュートを打つ。

③キッカーの軸足を見て動く方向を決めるタイプ
このタイプに対しては、軸足の方向をフェイントとして使う。

これらのタイプを知る方法は、サッカーの試合中にシュートを打った時に、相手ゴールキーパーが先に動くのか、ボールに反応して動いているのか、軸足を見て動いているのかを見ることで分かります。

自分の特徴を知る

サッカーのペナルティーキックの成功率を上げるには、自分がどういうタイプのキッカーなのかを知る必要があります。具体的なキッカーが持つ要素は下記の3つに分類されます。

①スピードのある強いシュートを打てる
②狙ったところに正確に蹴ることができる
③直前で判断を変えることができる


全ての要素を持っている選手はどのような蹴り方を行っても問題はありませんが、左方向に蹴ることが苦手であったり、浮かすと正確性が鈍る、スピードのあるボールは蹴れないなど自分の特徴を知っていれば、失敗のリスクを減らしながら自分に合った方法を選ぶことができます。

環境を知る

 (69840)

サッカーのペナルティーキックでは、どのようなグラウンド状況、環境で蹴るかということも成功率を上げるうえでは大切です。

①グラウンドの種類(土、人工芝、天然芝)
土のグラウンドでは、ボールを転がした時にイレギュラーして外れるリスクを伴います。人工芝、天然芝の場合は摩擦力が強く、弱いシュートでは勢いがなくなりキーパーにストップされやすくなります。 

②雨で地面がぬかるんでいる
地面がぬかるんでいるときは、キック時に軸足を滑らせてしまうケースが生じやすく、しっかりと軸足を踏む込むこと、またスピードに乗って助走しないことが大切です。

③水たまりがある
水たまりがPKスポットからゴールまでの間にある際は、転がすシュートはご法度で浮き玉を蹴る必要があります。

これらを理解して、環境に応じてシュートの種類を変えることが大切です。

サッカーのPK成功率を上げるために狙う場所

ゴールの4角を狙う

 (69787)

サッカーのPKを蹴る際に、必ずと言っていいほど決まるゴールの場所があります。それは、サッカーゴールの左右上角です。この場所は、物理的にキーパーが中央の位置からジャンプしても手の届かない距離であると言われており、そこに正確に打つことができれば成功率は大幅に上がります。しかし、それは非常に高い技術力を要するとともに、そこに蹴れなければ失敗するリスクも上がります。

その次に成功率の高い場所は、サッカーゴールの左右下隅です。この場所はゴールキーパーがギリギリ手の届くかどうかという距離であり、そこにスピードのあるボールを蹴るとペナルティーキックの成功率は上がります。しかし、少しでも上にずれたり内側に入ってしまうと、キーパーにストップされるリスクが高くなります。

中央を狙う

サッカーのPKでは、ゴールの4角を狙う以外にもう一つ入りやすい場所があり、それがサッカーゴールの中央です。イメージ的には簡単に止められるように見えますが、多くのゴールキーパーはペナルティーキックの時にヤマを張って左右どちらかに飛びます。何故ならば、そうしないとゴールキーパーはシュートスピードに対応できず、シュートを止められないからです。

予測して飛んだ際、中央はプレゼントされたかのようにガラ空きの状態になり、そこに打つだけで得点を奪うことができます。しかし注意しなければいけないのは、中途半端な高さに打つとキーパーの残った足に当たってしまうことがあるため、少し高めに打つようにしましょう。

サッカーのPKの蹴り方における3つのタイプ

強いシュートを打つタイプ

48 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーのPK戦のルールや順番とは?ペナルティキックを決めろ!

サッカーのPK戦のルールや順番とは?ペナルティキックを決めろ!

サッカーのPK戦のルールはキッカーへのルール、ゴールキーパー、その他の選手と3つに分けて規定されており、そのルールを犯した場合はPKの失敗や警告を与えられます。さらにPKの方式として、先攻後攻方式とabba方式の2つがあり、先攻有利説を軽減するための取り組みもされています。
nosedori | 785 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nosedori nosedori
【RIZAP KIDS】