2019年10月12日 更新

リフティングのコツと練習方法!初心者がマスターしたい技術とは?

リフティングは、サッカーでの基本的な技術の1つです。ボールを思い通りに操る基礎となる技術ですから、サッカーで最も大切な技術と言っても過言ではありません。しかし初心者にはとても上達が難しいと感じる技術です。今回はそんなリフティングの上達のコツを見ていきましょう。

267,385 view お気に入り 0

練習方法

練習の方法は、まずきき足での練習を繰り返します。初めは10回を目標に練習を行い、それができたら30回、50回、100回と目標の回数を増やしていきましょう。

きき足でのインサイドのリフティングが、ある程度の回数できるようになったら、逆の足で練習を行いましょう。こちらも初めは10回を目標に練習を行い、それができたら30回、50回、100回と目標の回数を増やしていきます。

逆の足でもある程度の回数ができるようになったら、両足を交互について練習しましょう。両足を交互についてできるようになれば、リズミカルに続けられるようになり、リフティングの回数もさらに増えていくでしょう。

アウトサイドのリフティング

Shoki osanai Eight on Instagram: “Practicing photos⚽ #photo #freestyle #football #freestylefootball #soccer #ball #style #japanesefreestylers #fre365tyle #heel#fslife…” (25646)

足の外側、アウトサイドを使ったサッカーのリフティングです。サッカー初心者にとっては、ここまでの足を使ったリフティングに比べて難易度が上がります。練習を積んで、ゆっくりと確実にできるようになっていきましょう。

やり方

このサッカーのリフティングのやり方は、ボールをつく時に小指を上に向けてヒザを前に倒して、腰の横にかかとを上げてくる形をつくって、この形で上を向いたアウトサイドの面を使ってボールをつきます。

足首は90度ぐらいに曲げておくと、くるぶしのあたりの面が広く使えてリフティングがしやすくなります。

コツ

sararia on Instagram: “アウトタッチリフティング⚽️#女子サッカー #なでしこ#リフティング” (25647)

ボールを足で蹴るというよりも、軸となっている方の足のヒザのクッションを上手く使ってボールをつきましょう。軸足を柔らかくしておくことがコツになります。

またボールをつく時に、ヒザから下を地面と平行まで上げるとアウトサイドの面がしっかりと上を向くので、リフティングが安定します。これもアウトサンドのサッカーのリフティングのコツになります。

練習方法

練習の方法は、まずきき足での練習を繰り返します。初めは10回を目標に練習を行い、それができたら20回、30回、50回と目標の回数を増やしていきましょう。

きき足でのアウトサイドのリフティングが、ある程度の回数できるようになったら、逆の足で練習を行いましょう。こちらも初めは10回を目標に練習を行い、それができたら20回、30回、50回と目標の回数を増やしていきます。

アウトサイドのサッカーのリフティングは、インサイドのサッカーのリフティングに比べると感覚をつかむのが難しいです。目標となる回数を細かく設定して、少しずつできるようになっていきましょう。

もものリフティング

Daichi on Instagram: “2/10 practice⚽️.基礎やり直します.#freestylefootball #fslife#clipper #japanesefreestylers #フリースタイルフットボール #リフティング” (25648)

太ももを使ったサッカーのリフティングです。

やり方

ヒザを上げて太ももを水平にしてボールをつきます。太ももの裏を地面と平行にするぐらいの意識で足を上げるようにしましょう。

また上体はかぶせすぎずに、手と軸となる足のヒザを使い、バランスをとってボールをつきます。

コツ

KOHEI Kikkawa on Instagram: “2018年初投稿は新技で!  今年も楽しみながらぼちぼち頑張っていきます〜  #freestyle #football #soccer #training #adidas #lower #2018 #start #enjoy #sonyα6300 #camera #Japan…” (25654)

このサッカーのリフティングのコツは、太ももをしっかりと上げることです。太ももの上げ方が足りないと、ボールを真っすぐ上につくことができずに、どんどんと前に進んでいってしまいます。

他には、ボールを体の中心から外さないこともコツです。それによって、リフティングを安定させることができます。

これらのコツを意識すると、もものサッカーのリフティングは上達します。

練習方法

練習の方法は、まずきき足での練習を繰り返します。初めは10回を目標に練習を行い、それができたら30回、50回、100回と目標の回数を増やしていきましょう。

きき足での、もものリフティングがある程度の回数できるようになったら、逆の足で練習を行いましょう。こちらも初めは10回を目標に練習を行い、それができたら30回、50回、100回と目標の回数を増やしていきます。

逆の足でもある程度の回数ができるようになったら、両方の足を交互について練習しましょう。これも10回、30回、50回、100回と目標の回数を増やしていきます。

それができたら仕上げとして、右数回、左数回、交互などというように様々なパターンで練習してみましょう。

頭を使うリフティング

FC PRIMAVERA on Instagram: “U-12 ウォーミングアップ🌨#サッカー #soccer #futbol #リフティング #ヘディング #ジュニア #テクニック” (25650)

ここからは基本の足以外の身体の部分を使ったサッカーのリフティングです。まずは頭を使ったサッカーのリフティングのやり方やコツを見ていきましょう。サッカー初心者は、ヘディングをイメージすると分かりやすいでしょう。
104 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

リフティングのコツ!上達法や練習方法を特集【サッカーガイド】

リフティングのコツ!上達法や練習方法を特集【サッカーガイド】

リフティングはサッカーをする上で1人で遊ぶためのものと思われがちですが、そこには沢山の技術が詰まっていますし、1人で練習をしていても多くの事を学ぶことができるものです。リフティングを上達するには、蹴り足の位置や蹴り方、力の入れ方などを考えることです。
camarade20042000 | 6,846 view
サッカーリフティングのコツ!上達方法や練習のやり方【初心者におすすめ】

サッカーリフティングのコツ!上達方法や練習のやり方【初心者におすすめ】

サッカーリフティングのコツを紹介。リフティングがあまり続かない、どうすれば上手くコントロールができるのか、初心者の方が初めにぶつかる壁だと思います。この記事では上達するためのコツや練習方法、やり方を動画を交えながら紹介します。
sayusayuman1031 | 7,874 view
ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは浮いたボールをシュートをすること全般を指します。ボレーシュートは、足の蹴る位置によって5種類に分類され、状況によってを使い分ける必要があります。ボレーシュートには、5種類のシュートに効果のある4つのコツと身につけるために使われる2つの練習方法があります。
hoedama1 | 802 view
バレーボールのスパイクをミートさせる3つのコツと練習方法とは?

バレーボールのスパイクをミートさせる3つのコツと練習方法とは?

バレーボールのスパイクに必要なことの一つは、手にボールをミートさせることです。でも「ミートをしっかり!」といわれるだけでは漠然としています。今回はバレーボールのスパイクに必要な「ミート」ということについて、基礎から詳しく説明していきます。初心者の方も経験者の方も、スパイク力向上のためにぜひ参考にしてください。
まる蔵 | 809 view
ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

サッカーのウイングバックは3-5-2のシステムで用いられ、サイドの攻守の要となる役割を担います。ウイングバックには必要な個人技術や個人戦術があり、さらにウイングバックのグループ戦術の動き方やポジションニングは独特であり、今回はその基本やコツと練習方法を紹介しています。
nosedori | 7,864 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

MOSK MOSK
amazon