2020年4月8日 更新

バドミントンの歴史とは?発祥の国や始まり・起源はいつから?

バドミントンの歴史は、インドやイギリスの遊びが始まりとされています。発祥の国はイギリスで、最初の国際大会は1899年にロンドンで開かれました。バドミントンの歴史はルールの改正や用具の改良が特徴的で、現在も日々改良が行われています。

27,984 view お気に入り 0

バドミントンの歴史

 (119877)

バドミントンは歴史が浅く、バドミントンの起源は1820年代とされています。バドミントンはインドで行われていた遊びが始まりとする説が有力であり、1899年に現在の形式のプレーで初めて国際大会が開かれました。オリンピック競技の正式種目となったのは1992年のバルセロナオリンピックからとされています。

現在では、オリンピックでは毎回正式種目に登録され、世界中の人々に愛される人気スポーツとなりました。

バドミントンの起源

 (120219)

バドミントンの起源には2つの説があります。まず最も有力なのが、イギリスの植民地だったころのインドで行われていた、皮でできた球をネット越しにラケットで打ちあうプーナという遊びがイギリスに伝わったのが始まりだとする説です。

次に有力なのが、イギリスで行われていたバトルドア・アンド・シャトルコックという遊びが始まりだとする説です。これは、現在使用されているシャトルコックに似た球を打ちあうもので、プーナ伝来より前から存在していたとされています。

バドミントンの語源

 (120222)

バドミントンの語源も、起源の説に応じて2つの説があります。まず、プーナを起源とする説では、プーナを初めに紹介されたのがイギリスのサマセット家の邸宅バドミントン・ハウスであったことがバドミントンの語源だとします。

そして、バトルドア・アンド・シャトルコックを起源とする説では、初期のバドミントンが当時バドミントン・バトルドアと称されていたことがバドミントンの語源だとします。

バドミントンの発祥地

バドミントン発祥の地は、インドとする説とイギリスとする説があります。インドとする説では、インド帰りのイギリス人兵士がプーナを本国に伝えたときに、シャンパンの栓に鳥の羽根を刺したものを使い、それが現在のシャトルのもとになったと主張しています。

イギリスとする説は、バトルドア・アンド・シャトルコックの競技的な性質や名前に現在のバドミントンと共通するものが多いことを根拠にしています。

バドミントンの発祥国

 (120224)

バドミントンの発祥国は、イギリスとする説が有力です。

1860年代から1870年代ごろに本格的に成立したバドミントンはイギリス中に普及し、ルール統一の必要性から1893年にバドミントン協会が誕生しました。それによって、コートの広さや形、プレー人数や得点制度など、地域によってさまざまだったルールを統一する動きが広がっていきました。

バドミントンの日本の歴史

 (119879)

日本のバトミントンの歴史は、1920年代初頭から始まったとされています。1946年に日本バドミントン協会が設立され、1952年には国際バドミントン連盟に加入するなど、日本でのバドミントンの普及は急速に進みました。

現在では日本人選手にも強豪と呼ばれるほど強い選手が増えてきており、2018年、2019年と二年連続で世界選手権で女子ダブルスおよび男子シングルスの金メダルを獲得するなど、歴史的な快挙を遂げています。

日本へのバドミントンの伝来

バドミントンは、1921年に広田兼敏がアメリカ人のスネードから用具一式を寄贈されたことによって伝来しました。

広田兼敏はキリスト教青年会、いわゆるYMCAの横浜支部の体育主事を務めており、同じYMCAの名誉主事だったスネードから用具を渡され、日本にバトミントンが広まり、普及していくきっかけとなったのです。

日本のバドミントンの起源

日本のバドミントンの起源は、スネードから用具を渡された広田兼敏が、スポーツクラブを運営していた在日欧米人からバドミントンの手ほどきを受けたのち、1933年に横浜YMCAの体育活動に取り入れたことがきっかけとなっています。

広田兼敏が始めたころのバドミントンは、競技ではなくむしろレクリエーションの形で行われていました。しかし1931年ごろになると、横浜と神戸の間でバドミントンの港町対抗戦が行われ、次第に競技的な色彩を帯びるようになりました。

バドミントンのルールの歴史

 (119884)

バドミントンのルールの歴史は、改正の連続によって特徴付けられており、改正の歴史といえます。

19世紀末期、ルールが統一されていないころ、イギリスにはいくつかのバドミントンクラブがあり、それぞれが独自のローカルルールを持っていました。
そして、クラブの数が増えると各クラブは対抗戦を意識し始め、ルール統一の必要性から1893年にバドミントン協会が設立されました。
それから用具の改良などに伴い何度も改正され、現在のルールに至っています。

バドミントンについて

53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous