2018年10月3日 更新

フローターサーブの打ち方とコツとは?【バレーボール初心者ガイド】

チームプレーであるバレーボールの中で、唯一の個人技がサーブです。ここではフローターサーブ徹底解説と、上手く打てるようになるコツや練習法をご紹介します。サーブは得点に関わる重要なプレーですのでしっかりとフローターサーブを習得しましょう。

  
278 view お気に入り 0

フローターサーブはバレーボールの基本サーブ

バレーボールのフローターサーブの打ち方

この動画が、バレーボールのフローターサーブの打ち方の基本になります。
他にも初心者向きのアンダーサーブ、ママさんバレーボールでよく使われるサイドハンドサーブ、その他特殊な種類のサーブもありますが、ここでは最もポピュラーなフローターサーブの種類や打ち方のコツや練習法を徹底解説します。

フローターサーブとは、自分の顔の前から上方にトスを上げて、押し出すように叩いて打つサーブのことをいいます。フローターサーブは最もバリエーションに富んだサーブで、練習次第では自分独自の、効果的なサーブを作り上げることができます。イメージとして、スパイクを打つようなフォームですが、打ち方のコツはスパイクとは少し異なります。

バレーボールのフローターサーブの基本の打ち方

バレーボールのフローターサーブの一連の動作から説明します。ここでは右利きの人への解説になりますので、左利きの人は左右逆に解釈してください。

①左手でボールを持ち、右足を少し前に出す形で構える
②左足を前に踏み出しながら、真上にトスを上げる
③同時に右ひじを後ろに引いてバックスイングをする
④あらかじめ右手をバックスイングの形にしておいてもよい
⑤左足に体重を移動し、押し出すように打つ
⑥ヒットした瞬間はスナップを効かせずスイングを止める

ここまでが一連の基本動作となります。

バレーボールのフローターサーブ、打ち方の3つのコツ

【フローターサーブの基礎をおさえよう!】バボラバ ワンポイントレッスン!

・トスを正確に上げること
・ボールの芯をたたくこと
・バックスイングは肘を下げないように後ろに引くこと
この3点さえおさえておけば、バレーボールのフローターサーブの打ち方の基本はほぼ完成です。逆に言えば、フローターサーブがうまくいかない場合は、この3点のどこかに問題があると考えられます。
正確なトスを安定して上げることができればボールの芯を捉えやすくなりますし、正しいバックスイングができれば、力まなくてもボールに自然と力が伝わります。また、バックスイングで肘を引く時には、手首から先に力を入れてはいけません。ボールをミートする瞬間だけ手首から先に力をこめるイメージです。

バレーボールのフローターサーブが入らない3つの原因

 (59128)

バレーボールのフローターサーブは、上図の位置に手のひらを当てるのが基本です。
サーブの飛距離が出ない原因は力がないということだけではありません。ボールの芯を捉えていないことや、手のひらの正しい位置にボールが当たっていないケースがほとんどです。そして、バックスイングの際は必ず肘を後方に引くことが重要です。

肘を支点としたバックスイングだと、ボールに肘より先の力しか加わりません。肘を引いた正しいバックスイングができれば、体側・肩・腕の力全てが自然にボールに伝わります。そして安定したトスが上がっていないと、スイングが乱れて正しい位置でボールを捉えることができません。前方真上にトスをあげられるように練習しましょう。

バレーボールのフローターサーブが入らない場合の改善方法

バレーボールのフローターサーブは、まず縦にも横にもブレないサーブトスを安定してあげることが必要です。トスが手前に戻ってしまうと、かぶった打ち方になってしまってボールに力が加わりません。逆に前方に上がりすぎると、打点が下がってサーブがネットを越えません。また、サーブトスの高さも重要です。自分が一番打ちやすい高さのサーブトスを見つけて、その高さのトスをいつも上げるようにします。

サーブトスが安定すれば、手のひらの正しい位置でボールの芯を叩くことが簡単になります。
肘を下げないようにバックスイングをするためには、サーブトスをあげた後、胸と肩と肘を後方に引きます。ちょうど、弓矢を引くイメージです。

フローターサーブの4つの種類

【バレーボール】魔球のフローターサーブ!伸びたり落ちたり変化しすぎ【スーパープレイ】Amazing Float Serve

バレーボールのフローターサーブの特徴は、種類によって様々に変化することです。打ち方によって伸びたり落ちたり、そして複雑な変化球でレシーバーを翻弄します。ここでは4種類のサーブの打ち方のコツをご紹介しますが、はっきりと区分できないサーブもあります。バレーボールのフローターサーブの打ち方のコツはボールを回転させないことです。無回転サーブが、伸びたり落ちたりそして不規則に揺れたりと、複雑な変化を生むのです。
なので、バレーボールのフローターサーブの打ち方の基本は無回転サーブを打つことにあります。打ち方の基本をマスターしていれば、進化系のどの種類のサーブもちょっとしたコツを押さえるだけで打つことができます。

フローターサーブの種類①伸びるサーブ

Yutaka YamaneさんはInstagramを利用しています:「サーブです。2017-02-12ジップアリーナ岡山#東レアローズ#迫田さおり 選手」 (59133)

手元や胸元で急に伸びて、浮き上がってくるようなフローターサーブは、レシーバーにとってかなり厄介です。現在のルールでは、サーブをオーバーハンドパスでレシーブしていいので、オーバーで構えた選手の指先をはじくことも可能です。このサーブを打つためには、ある程度の筋力が必要になりますが、フローターサーブの打ち方の基本さえ身につけておけば、ほとんどの選手が伸びるサーブを打つことができます。

このサーブで一番気をつけたいのは、アウトになりやすいということです。ネット上すれすれを通過させて相手コートの奥を狙うのが定番になるので、サーブを打つ位置を調整して、エンドラインを割らないように注意しましょう。

伸びるフローターサーブの打ち方のコツ

伸びるフローターサーブの打ち方で特に大事なのは、打った直後にスナップを効かせないでスイングを止めることです。スイングを止めることでボールは無回転のままま飛びます。
レシーバーの手元でボールを伸ばすには、スピードのあるボールが必要です。そして、上に打ち上げずに直線的にネット上を通過するような打ち方をすることも大切です。

打つ瞬間は、しっかりとボールの芯を捉えて、手のひらの正しい部分でミートしましょう。
相手のコートの奥を狙うことが目標ですが、それにはネット上10㎝あたりを通過させるように打つ練習が効果的です。サーブはネット上までの軌道を安定させることが重要で、それが打ち方のコツでもあります。

フローターサーブの種類②落ちるサーブ

Yutaka YamaneさんはInstagramを利用しています:「サーブその瞬間!2017-12-2加古川市総合体育館#トヨタ車体クインシーズ#高橋沙織 選手」 (59137)

手元でストンと落ちるサーブは、レシーバーにとってタイミングを取ることが難しいサーブです。サーブの落下地点にしっかり入っても、レシーバーの手の先に当たってしまいセッターにボールがしっかり返りません。

落ちるサーブの打ち方は、伸びるサーブよりもボールの勢いを必要としません。フローターサーブ初心者の、やっとネットを越えるサーブが非常に取りづらいことがあります。肩の力に自信がない選手でも打ち方を練習すれば、無理なく効果的な落ちるサーブをマスターすることができます。
落ちるボールの打ち方のコツをつかめば、ジャンプフローターサーブでもっと効果的なサーブを打つことも可能になります。
81 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テニスのサーブを打つための5つのコツとは?練習して目指せ脱初心者

テニスのサーブを打つための5つのコツとは?練習して目指せ脱初心者

テニスのサーブで悩む方は意外にも多いです。サーブを得意にしたいという方のために、テニスのサーブで悩みが多いポイントを5つに分けて、それぞれのコツと練習方法をお伝えしていきます。テニスのサーブのコツを知って練習し、脱初心者を目指しましょう。
SKコーチ | 438 view
テニスのサーブ最速世界&日本のスピードランキング!ギネス記録は?

テニスのサーブ最速世界&日本のスピードランキング!ギネス記録は?

テニスのサーブは数ある球技の中でも最速スピードが速いスポーツです。そこでテニスのサーブが最も速い選手はいったい誰なのか?また、その記録は最速何kmなのか?そして、ギネス記録はどのくらいの速さなのか?を、世界と日本に分けて、をランキング形式で紹介します。
水無月 | 1,449 view
テニスのサーブのフォームのコツとは?上手くなるための打ち方をしっかりと学ぼう

テニスのサーブのフォームのコツとは?上手くなるための打ち方をしっかりと学ぼう

ストロークは得意だけどサーブが入らない…テニスのサーブが入らない人はフォームが不安定だったり、間違った考え方で打っていることが挙げられます。そこで今回はサーブのフォームの動作を細かく解説していきます。コツを意識して、上手くなるための打ち方を学びましょう。
木人 | 1,703 view
テニスのサーブ速度をUPするために必要な7つのコツとは?

テニスのサーブ速度をUPするために必要な7つのコツとは?

テニスの試合において、速いサーブを打てるかどうかは、試合の主導権を握るために非常に重要な要素です。この記事では、テニスのサーブについて、打ち方の基本から、サーブ速度をアップするためのコツまで、詳しくご紹介したいと思います。
テニスのサーブを徹底解説!3種類の基本的な打ち方とフォームとは?【テニスコーチ監修】

テニスのサーブを徹底解説!3種類の基本的な打ち方とフォームとは?【テニスコーチ監修】

テニスのサーブには、フラット、スライス、スピンと3種類のサーブがあります。テニスの3種類のサーブを打ち分けることで、テニスの試合でサーブが武器となり、優位に試合を進めることができます。そんな3種類のサーブの打ち方やフォーム、コツを徹底解析します。
SKコーチ | 3,094 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵