2019年10月21日 更新

リトリートサッカーとは? 守備戦術を考察しよう!

リトリートとはディフェンス時の守備戦術の言葉で、相手にボールを奪われた時に、素早く自陣に戻り、守備陣形を整えることを意味するサッカー戦術となります。リトリートサッカーは柔能く剛を制す戦術です。今回はそんなリトリートサッカーという守備戦術を考察していきましょう。

  
7,149 view お気に入り 0

リトリート戦術の前に・・・?

守備戦術としてのボールを奪われた後の対応とは?

furu14 on Instagram: “2018.03.07 Jリーグ YBCルヴァンカップGS 第1節 横浜F・マリノス  1-0 FC東京  #横浜Fマリノス #横浜 #マリノス #fmarinos  #FC東京 #東京 #tokyo #ルヴァンカップ #levaincup  #下平匠 #jリーグ…” (27389)

様々なサッカー戦術の守り方がある中で、ボールを相手に奪われた場面の対応方法として、フォアチェックサッカーとリトリートサッカーの2パターンがあります。この対応方法はチーム内で共通認識として理解しておくことが重要になります。

それではサッカー戦術の守り方として、このフォアチェックサッカーとリトリートサッカーとは、一体どのような戦術なのでしょうか?

フォアチェックとは?

furu14 on Instagram: “2018.03.07 Jリーグ YBCルヴァンカップGS 第1節 横浜F・マリノス  1-0 FC東京  #横浜Fマリノス #横浜 #マリノス #fmarinos  #FC東京 #東京 #tokyo #ルヴァンカップ #levaincup  #遠藤渓太 #下平匠 #jリーグ…” (27391)

フォアチェックサッカーという守り方とは、すぐに相手に寄るという意味で、ディフェンス戦術として別名ハイプレスサッカーとも呼ばれます。ボールを奪われたらなるべく前線から積極的にプレッシャーをかけ、相手のスペースを無くして、できる限り相手ゴール近くでボールを奪い、ショートカウンターへ繋げる守備戦術を言います。

現代のサッカー戦術としてはトレンドと呼ばれる戦術で、リーガエスパニョーラではバルセロナが、Jリーグでは浦和レッズが採用しているディフェンス戦術として有名です。

リトリートとは?

midori on Instagram: “2015年11月 過去写真鹿島アントラーズ練習見学#茨城#鹿嶋#鹿島アントラーズ#サッカー#soccer#本山雅志” (27394)

リトリートサッカーという守り方とは、ボールを奪われたらなるべく早く自陣に戻り、守備の陣形を整えて相手の攻撃に備えるという意味の守備戦術です。

基本的には対戦相手との実力差を考え、早めに守備ブロックを作り、ボールを奪ったらロングカウンターを仕掛けるという使い方がされています。

ディフェンスにおいてチーム全体の意思疎通が必要で、選手が各ポジションに戻る守備戦術のため、ゾーンディフェンスを採用した際にリトリートサッカーは効果的です。

リトリートサッカーのメリットとデメリット

リトリートサッカーのメリット

ゲキサカ on Instagram: “J3開幕!プロ25年目開幕戦もフル出場、GK川口能活がJ3最年長出場記録を更新#jleague #J3 #Jリーグ #川口能活 #最年長 #出場記録 #soccer #football #サッカー #gekisaka #ゲキサカ #開幕” (27397)

リトリートサッカーという守り方を採用することでどのようなメリットがあるのか、また、リトリートサッカーを採用する意味を考察していきましょう。

ディフェンスにおけるリトリートサッカーの基本的な考え方は、広いピッチに各選手をまんべんなく配置してスペースを埋めるよりも、自陣内のゴール前に守備ブロックを作り、バイタルエリアでプレーさせないほうがはるかに失点のリスクは少ないという意味のものです。

守備においては常に数的有利な状況を作り出し、意図的に相手チームにポゼッションさせることで殆どの選手を自陣内に誘い込み、ボールを奪ったら手薄になった相手守備陣の裏を狙ってロングカウンターを狙います。

リトリートサッカーのデメリット

サッカーキング on Instagram: “. AFCチャンピオンズリーグ グループステージ第2節 セレッソ大阪 0-0 広州恒大 (2018.02.21) . 中国の広州恒大をホームに迎えたセレッソ大阪。 試合はスコアレスドローに終わりました。 2試合を終えて勝ち点を4としています。 . 📸 Photo by…” (27402)

ディフェンスにおけるリトリートサッカーは、ボールを奪われたらとにかく急いで自陣内に戻って守備陣形を整え、相手の攻撃に備えることが目的のため、どうしても相手チームのポゼッション率が上がり、ディフェンスの時間が長くなることを意味します。

そのため、精神的な我慢強さが求められます。仮に先制点を許した場合、相手チームに長くポゼッションされるということは時間稼ぎを許すことを意味します。

リトリートサッカーに適したフォーメーションとは?

サッカーキング on Instagram: “. AFCチャンピオンズリーグ グループステージ第1節 全北現代 3-2 柏レイソル (2018.02.13) . アウェーに乗り込んだ柏は幸先よく2点を先行しましたが、後半に3失点で痛恨の逆転負けを喫しました。 📸 Photo by Han Myung-Gu/Getty…” (27405)

ディフェンス戦術としてリトリートは基本的にボールを奪われたらすかさず自陣内に戻るという意思疎通がなされる組織的なサッカー、つまりゾーンディフェンスに適したサッカー戦術です。

そして一番適したフォーメーションが、自陣内のスペースを広くカバーした布陣である4-4-2です。4-4-2は、最終ラインの4人、中盤の4人がスペースを埋めてしっかり守り、前線の2人が残ってロングカウンターを狙う布陣です。

リトリートサッカーを操るレスター

@footballtribejp on Instagram: “#レスター 対#ハダースフィールド の試合は3-0でホームのレスターが勝利を収めた☺️岡崎はノーゴールもフル出場で勝利に貢献🙌#プレミアリーグ #第22節 #海外サッカー #岡崎慎司” (27408)

このリトリートを戦術とし、4-4-2のフォーメーションを採用しているのが岡崎真司が所属するレスターです。率いるのはクラウディオ・ラニエリ監督です。

レスターのリトリートサッカーは、ピッチを4分割して3本のラインを設定、最終ラインにディフェンダー、中央ラインにミッドフィルダー、前線のラインにフォワードといった配置をし、各選手にスペースを任せるゾーンディフェンスを意味します。

ボールを奪われたら各ラインにリトリートし、前線の2人がパスコースを塞ぎ、苦し紛れに出したパスを2列目がインターセプトを狙い、ボールホルダーが前線へロングパスを出した場合は最終ラインが高さを生かしたヘディングで対応します。

鉄壁を誇るレスターの戦術

48 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーのレイオフとは?サッカーの戦術用語を解説!

サッカーのレイオフとは?サッカーの戦術用語を解説!

レイオフは攻撃戦術の1つです。難易度はそれほど高くないにもかかわらず、非常に効果的な攻撃が可能となり、世界トップクラスのチームも採用しています。ポイントを抑えることでどのチームでも取り入れることができ、攻撃力アップに大きく貢献します。
soccer.life.from87 | 55 view
ストーミング戦術とは?サッカーの攻撃重視のプレスのメリットを解説

ストーミング戦術とは?サッカーの攻撃重視のプレスのメリットを解説

ストーミングは現代サッカーのトレンドにもなっている戦術です。ストーミングの意味とは、圧倒的なプレッシング、相手に呼吸も差せないほどの攻守の切り替え、一瞬でゴールを陥れるカウンターアタックです。アグレッシブなスタイルで相手を圧倒するストーミングが、今サッカー界で戦術的優位を築いています。
soccer.life.from87 | 174 view
カバーシャドウとは?サッカーの戦術用語を解説!

カバーシャドウとは?サッカーの戦術用語を解説!

カバーシャドウとは、現代サッカーに必須の守備戦術でゾーンディフェンスと同時に覚える必要があります。カバーシャドウは、パスコースに立つ事で敵を無力化する守備のことを指す、パスコースを限定する技術です。カバーシャドウのメリットは後方の選手は相手の攻撃を予測しやすくなり、積極的に前に飛び出しパスカットを狙うことが可能にななることです。
hoedama1 | 28 view
サッカーの4231フォーメーションの戦術メリットとデメリットを解説

サッカーの4231フォーメーションの戦術メリットとデメリットを解説

サッカーの数あるフォーメーションの中でも、フランス代表やドイツ代表、日本代表など様々なナショナルチームが採用している4231システムとはいったいどのようなフォーメーションなのでしょうか。サッカーの4231フォーメーションの特徴やメリット・デメリットを紹介します。
masamiohdaira9 | 148 view
サッカーの442フォーメーションの戦術メリットとデメリットを解説

サッカーの442フォーメーションの戦術メリットとデメリットを解説

サッカーの数あるフォーメーションの中でもプレミアリーグでは多く見かける442フォーメーション。442のフォーメションは各陣形が横に並ぶので、非常にバランスよく選手が配置されています。カウンターもかけやすくゾーンディフェンスを好むチームに向いているのが、442フォーメーションといえます。
masamiohdaira9 | 123 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9