まる蔵

まる蔵

バレーボールの楽しさを皆さんに伝えたい! そんな思いを込めて記事を書いています。

フォロー

0 人にフォローされています

ダブルコンタクトとは?バレーボールの反則を解説

ダブルコンタクトとは?バレーボールの反則を解説

バレーボールのダブルコンタクトとは、1人の選手が続けて2回ボールに触れる反則です。オーバーハンドパスもアンダーハンドパスも、ボールを左右の手で同時に処理しなければいけません。手がばらついた場合、ダブルコンタクトの反則が取られて、相手チームにポイントが入ります。
まる蔵 | 49 view
男子バレーの監督とは?全日本の歴代監督をわかりやすく紹介!

男子バレーの監督とは?全日本の歴代監督をわかりやすく紹介!

全日本男子バレーを率いる監督は、主に歴代の名選手が務めています。歴代の監督20人の中には、男子バレーを世界一に導いた監督や、成績を残せず不運に泣いた監督もいました。近年では監督とコーチが二頭体制で、選手の発掘・育成とチーム作りの仕事の分担をすることが主流となっています。
まる蔵 | 101 view
バレーボールの副審とは?どんな役割で知っておくべきルールを解説

バレーボールの副審とは?どんな役割で知っておくべきルールを解説

バレーボールの副審の役割は主審のアシストが基本ですが、時間の管理やゲームを正しくスムースに進行させる重要な責務を負っています。小学生・ママさんバレーから国際試合まで、主審とともに副審の仕事が遂行されないと試合は成立しません。審判は常に公正で冷静に試合を運ぶことが求められます。
まる蔵 | 87 view
プロトコールとは?バレーボールの試合開始前の準備は何があるの?

プロトコールとは?バレーボールの試合開始前の準備は何があるの?

プロトコールとは、バレーボールの試合がおこなわれる前に、試合を正しく実施させるために諸々の準備をして公式練習を開始することです。審判には、試合前に用具の点検やオーダー表の確認、試合時間の管理といった数々の任務があります。プロトコールは、バレーの試合を公正にするための重要な時間です。
まる蔵 | 136 view
ドライブサーブの打ち方とは?初心者の方へゼロから丁寧に解説します

ドライブサーブの打ち方とは?初心者の方へゼロから丁寧に解説します

ドライブサーブの打ち方は、ボールに前回転をかけて打球することです。ドライブサーブは、レシーバーの前で落ちたり、エンドラインの手前に落ちて、判断ミスを誘います。球の上部を巻き込むようにスナップをきかせて強くヒットして、パワフルなドライブサーブを習得しましょう。
まる蔵 | 70 view
バレーボールのゴーグルとは?安全基準をクリアしたゴーグル4選

バレーボールのゴーグルとは?安全基準をクリアしたゴーグル4選

バレーボールでゴーグルをつける目的は、目を保護するため・視力矯正・コンタクトレンズが合わない場合です。バレーボールは、動きが激しくボールが顔にあたる危険性があるスポーツなので、眼鏡よりもゴーグルが便利です。デンソーの鍋谷友里恵選手も、医者のすすめでゴーグルを着用しました。
まる蔵 | 91 view
バレー部あるある60選!女子と男子で別れる笑っちゃう面白いこと!

バレー部あるある60選!女子と男子で別れる笑っちゃう面白いこと!

バレー部は他の部活に比べて厳しいイメージがあります。バレー部は伝統や制約が多く残る部活の1つですが、部員たちは毎日明るくバレーボールを続けています。バレーボール愛があるからこそ生まれる、思わず笑っちゃうバレー部あるある。バレー部経験者なら絶対共感できるあるあるです。
まる蔵 | 1,369 view
バレーボールのディグとは?ディグの意味や練習方法などをまとめて解説

バレーボールのディグとは?ディグの意味や練習方法などをまとめて解説

バレーボールのディグとは、レセプション(サーブレシーブ)以外のレシーブのことをいいます。バレーボールのディグ(dig)は英語で掘るの意味で、レシーブをする動作が掘る体勢に似ていることからきています。バレーのディグにはレセプションとは違うコツがあり、練習方法も異なります。
まる蔵 | 490 view
バレーボールの空気入れ6選!バレーボールの正しい空気圧と入れ方とは?

バレーボールの空気入れ6選!バレーボールの正しい空気圧と入れ方とは?

バレーボールのボールの正しい空気圧は、インドアのバレーでは0.300~0.325kgf/cm2、ビーチバレーでは0.175~0.225kgf/cm2です。空気圧が適正でないと、プレーに支障がありボールの傷みも早くなります。練習のときから正しい空気圧のボールを使うことが大切です。
まる蔵 | 413 view
時間差攻撃とは?バレーボールのコンビバレーのやり方を解説

時間差攻撃とは?バレーボールのコンビバレーのやり方を解説

バレーボールの時間差攻撃とは、1人のスパイカーがおとりとなってブロックを引き付け、他のスパイカーが打つことです。時間差攻撃の中心選手は、セッターでおとりのスパイカーはミドルブロッカーになることが多いです。バレーボールは、選手の位置やタイミングを駆使して多彩なコンビバレーが展開されています。
まる蔵 | 379 view
決定率と効果率とは?計算方法も簡単に解説【バレーボール用語】

決定率と効果率とは?計算方法も簡単に解説【バレーボール用語】

バレーボールには、スパイクに関しての決定率と効果率があります。スパイクの決定率は、打ったスパイク数のうち何本を得点にすることができたものを表します。スパイクの効果率は、得点から失点をマイナスする要素を含んで計算さえれます。スパイクの決定率と効果率は、チームのレシーブ力などに影響があります。
まる蔵 | 94 view
バレーボールのクイックの種類とは?A・B・C・Dのすべてを解説

バレーボールのクイックの種類とは?A・B・C・Dのすべてを解説

バレーボールのクイックの種類は、大きく分けてA・B・C・Dの4種類あります。クイック攻撃とは、トスを低く速く上げて素早くスパイクを打つ攻撃のことで、トスの位置でA~Dにわけられます。バレーボールのクイック攻撃には共通のコツとそれぞれのコツがあり、種類による特性を知ることが大切です。
まる蔵 | 1,343 view
バレーボールのパンケーキとは?具体的な方法とやり方を解説

バレーボールのパンケーキとは?具体的な方法とやり方を解説

バレーボールのパンケーキとはパンケーキレシーブのことで、床とボールの隙間に、開いた手を滑り込ませてレシーブする用語です。バレーボールのパンケーキレシーブは、コートの床に落ちそうなギリギリのボールを拾う有効な方法です。パンケーキはアンダーハンドレシーブとは違うスキルが必要です。
まる蔵 | 96 view
バレーボールの掛け声はどのようなものがあるの?【バレーボール用語】

バレーボールの掛け声はどのようなものがあるの?【バレーボール用語】

バレーボールの掛け声には、ナイスキーやナイッサーなどがあり、ナイスキル・ナイスサーブを意味します。ナイシャッの掛け声は、はナイスシャット、チャンボはチャンスボールの略語です。バレーボールの試合中に言う1や2の数字の掛け声も、チーム内の意思疎通のために必要不可欠なサインの掛け声です。
まる蔵 | 939 view
スパイクボールとは?アメリカで熱狂のバレーボールに似た競技を紹介

スパイクボールとは?アメリカで熱狂のバレーボールに似た競技を紹介

スパイクボールとは、中央に置いた小さなトランポリン状のネットに、ボールをバウンドさせて競うゲームです。2対2で、バレーボールのように最大3回までのタッチで相手に返球してラリーをします。スパイクボールは、発祥地のアメリカでは公式戦もあり、日本でも徐々にファンが増えています。
まる蔵 | 272 view
52 件