2019年4月13日 更新

ナックルカーブの投げ方とボールの握り方とは?変化球をマスターしよう

野球でピッチャーが投げる変化球にナックルカーブという球種があります。通常のカーブより難易度が高いですが、マスターすると大きな武器になり投球の幅が広がります。ナックルカーブと通常のカーブとの違いやボールの握り方、そして投げ方のコツを詳しく解説します。

57,695 view お気に入り 0
 (58674)

小指をキャッチャー方向に向け、ストレートと同じように腕を振る投げ方にした際、うまく回転をかけることができない場合は、リリースする直前に手の甲をキャッチャー方向に向けるようにするのがコツです。 リリースした直後は、手のひらが上を向いているイメージで投げるといいでしょう。
テイクバックして腕がトップの位置に近くなった段階で、小指がキャッチャー方向に向いている状態から、手の甲がキャッチャー方向に向くように手を動かして腕を振ることで、ボールに回転の力が加わりやすくなります。
ただし、この後に解説しますが、この投げ方でリリースする場合、手首の使い方に注意することが重要です。

リリース時に手首は使わないようにする

Porex on Instagram: “#20180803#20180803京セラD#京セラD#楽天vsオリックス#オリックスバファローズ#バファローズ#背番号32#ディクソン#投球フォーム#投球連続写真” (58706)

手首を使うとは、手首のしなる力を利用するという意味で、回転をかけやすくなりますが抜けにくくなるため、抜く変化球を投げる場合は、手首を使わずに腕の振りだけでリリースするのがコツです。
また、曲げようと意識して手首を捻ってしまうと、肘に負担がかかるため注意が必要になります。手の甲をキャッチャー方向に向けてリリースする場合、手首を捻らずにそのまま腕を振ることが重要です。
このため、ナックルカーブを投げる際は、ストレートを投げる時と同じスピードで腕を振り、手首は一切使わずにボールを抜くようにリリースして回転をかけるようにしましょう。

ナックルカーブをマスターしてバッターを手玉に取ろう!

うっちー俊介 on Instagram: “プロに遅れること2日‥#RedBulls もシーズン開幕だよーん。#完封勝利 #1勝 #ナックルカーブ #球団専属カメラマンさん” (58718)

ナックルカーブは、独特な握りでリリースするので、コントロールが不安定になりやすく、難易度が高い部類に入る変化球ですが、身につけることができれば、投げるピッチャーが少ないので、バッターにとって見慣れていない軌道の変化の仕方で、しっかりとミートするのが難しくなるため、間違いなく大きな武器となります。
緩急をつけてストレートを活かす手段としても使えるので、野球でピッチャーをした際に投球の幅を広げるために、前述した投げ方と握り方を参考に挑戦してみましょう。
58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8