バスケットボール

バスケットボール

バスケットボールの記事 最近投稿された記事

バスケットのコートサイズとは?コートの大きさ・寸法を紹介解説!

バスケットのコートサイズとは?コートの大きさ・寸法を紹介解説!

バスケットボールのコートサイズは、一般とミニバスケットボールでは大きさ・寸法が違います。ミニバスのコートには、3ポイントラインやノーチャージエリアがなくペイントエリアのサイズも小さくなっています。NBAのコートは、一般と比べて少し広く、3ポイントやフリースローの距離が長いです。
ヘルドボールとは?バスケットボールのルールを解説!

ヘルドボールとは?バスケットボールのルールを解説!

ヘルドボールとは、バスケットボールの試合中にボールの奪い合いによってプレーが進まなくなったときや、アウトオブバウンスをしたときにルールにのっとり宣告されるシグナルです。ヘルドボールは、バスケットボールの醍醐味といえるボールの奪い合いをスポーツマンシップに沿って安全に行うためのルールです。
新宿のバスケショップ4選!人気のバスケット専門店もご紹介

新宿のバスケショップ4選!人気のバスケット専門店もご紹介

新宿のバスケショップは、駅から近くバスケット用品だけでなく他のスポーツの用品やグッズを取り扱っている店舗が多くあります。新宿のバスケショップはバスケ専門店に比べるとバスケット以外のスポーツ用品グッズが豊富となっています。
Act |
バスケのマンツーマンディフェンスとは?正しいやり方と練習方法

バスケのマンツーマンディフェンスとは?正しいやり方と練習方法

バスケのマンツーマンディフェンスは、各プレイヤーが担当する特定を守る守り方です。マンツーマンディフェンスは、主にハーフコートでおこないます。マンツーマンディフェンスでは、ポジショニングやコミュニケーションが重要で、フットワークや5対5の練習で強化を図ります。
バスケのシュートのコツ!レイアップ・ゴール下・ジャンプシュートのなどに分けて徹底解説!

バスケのシュートのコツ!レイアップ・ゴール下・ジャンプシュートのなどに分けて徹底解説!

バスケのシュートのコツは持ち方、フォーム、リズムです。レイアップやゴール下、ジャンプシュートなどのシュートと共通のコツです。コツが掴める練習方法もありくり返し練習していけばシュートの上達に繫がります。女子や初心者特有の疑問もコツを掴めば解決に向かうでしょう。
ステップバックとは?バスケのステップバックシュートのやり方とは?

ステップバックとは?バスケのステップバックシュートのやり方とは?

ステップバックは、ディフェンスを押し込んでから後方にステップし、ディフェンスから離れてジャンプシュートを放つ、バスケのオフェンステクニックです。ステップバックの練習には、ハンドリングを鍛え、その場でステップバックしてからシュートする方法などがあります。
バスケの試合時間とは?NBA・Bリーグから高校・中学まで解説!

バスケの試合時間とは?NBA・Bリーグから高校・中学まで解説!

バスケの試合時間は、4つのクォーターとクォーター間のインターバルで構成されます。各クォーターの時間は、NBA12分、Bリーグ・ワールドカップ・高校生10分、中学生8分、小学生6分です。バスケの試合時間は、タイムアウトやバイオレーションが生じたときにタイマーが止められるので、試合の内容によって前後することがあります。
バスケのゾーンディフェンスとは?具体的なやり方と練習方法を解説!

バスケのゾーンディフェンスとは?具体的なやり方と練習方法を解説!

ゾーンディフェンスとは、エリアを守る戦略です。ゾーンディフェンスのやり方は、基本の構え方を習得し、フォーメーションにあった動き方をすることです。ゾーンディフェンスの練習をするときには、チーム全体で練習します。ゾーンディフェンスは15歳以下では禁止されています。
スクリーンアウトとは?別名ボックスアウトのやり方バスケ用語を解説

スクリーンアウトとは?別名ボックスアウトのやり方バスケ用語を解説

スクリーンアウトとは、リバウンドを取るために必要なスペースを確保することです。スクリーンアウトの別名はボックスアウトと呼ばれ、相手の動きに合わせて、ボックスの外に押し出すようにしておこないます。人数やシュートの位置を工夫すると、効率的にスクリーンアウトの練習ができます。
エアボールとは?【バスケの用語解説】

エアボールとは?【バスケの用語解説】

エアボールとは、シュートしたボールが外れて、バックボード・ゴールリングに当たらずエンドラインを超えることです。エアボールの語源は、英語のairが由来です。ボールがバックボードやゴールリングをかすることなく流れていくので、空気や飛行機に似ていることから名づけられました。
バスケットボールの歴史とは?バスケの発祥と始まり・起源はいつから?

バスケットボールの歴史とは?バスケの発祥と始まり・起源はいつから?

バスケットボールの歴史は、1891年にアメリカの国際YMCAの体育教官だったジェームズ・ネイスミスによって考案されます。当時のバスケのルールは13条のルールで試合が行われ、バスケの人気が高まることでプロリーグの創設やオリンピック正式種目として登録されるようになっていきます。
ゴールテンディングとは?【バスケの用語解説】

ゴールテンディングとは?【バスケの用語解説】

ゴールテンディングとは、シュートしたボールがリングより上にあり、かつ最高到達点を過ぎて落下している時に、ボールを触れることです。ゴールテンディングはファールではなく、バイオレーションの扱いとなるプレーです。NBAやBリーグの試合を観戦する上で知っておきたいルールです。
バスケのスモールフォーワードの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのスモールフォーワードの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのスモールフォワードとは、バスケットボールのポジションです。スモールフォワードの役割は、走力を生かしたランニングプレイでチームに貢献することです。スモールフォワードは、ドリブル・パス・シュート・ディフェンス・リバウンドなどオールラウンドな動き方で速く強いプレイが求められます。
ダンクシュートの由来とは?バスケの気になるダンクの語源と名前の理由を解説

ダンクシュートの由来とは?バスケの気になるダンクの語源と名前の理由を解説

ダンクシュートとはリングに直接叩き込むシュートのことです。ダンクの由来は浸す・つけるという意味を持つdunkが語源です。ゴールリングを丸いカップに見立て、ゴールリングにバスケットボールを叩きこむ姿がパンを浸すように見えたことがダンクシュートという名前が付いた由来です。
バスケットゴールのサイズ・高さとは?ゴール・リングなどの規格一覧

バスケットゴールのサイズ・高さとは?ゴール・リングなどの規格一覧

バスケットゴールのリングは全てのカテゴリで共通のサイズ・大きさとなっています。バスケットボールのフロアからリングまでの高さは、ミニバスと一般公式のカテゴリで45cm違います。バックボードのサイズにも規定があり、使用するボールの大きさも5号6号7号の3種類あります。
78 件

バスケットボールで人気のキーワード