2020年2月26日 更新

足首を鍛える方法とは?足首を強化できる8つのトレーニングを紹介

足首を強化できる方法にはチューブトレーニング、不整地でのトレーニング、道具なしでのトレーニングなどがあります。足首を鍛えると筋力やバランス能力が向上することで、ケガの予防になるだけでなくパフォーマンスアップに効果があります。気軽に行える足首を鍛える8つのトレーニング方法でパフォーマンスを改善していきましょう!

41,466 view お気に入り 0
【カーフレイズのやり方】
①両足を肩幅に開き、つま先を前に向けます。

②足首がぐらつかないように意識しながら、ゆっくりとつま先立ちになり、その後ゆっくりと踵を下ろします。

③10回×3セット行います。


【カーフレイズのポイント】
・ふくらはぎの筋肉を鍛えることを意識する。
・重心を母指球~人差し指に乗せるようにつま先立ちになる。
・膝を曲げた状態で行うとヒラメ筋を強化する効果が高まる。

多方向ランジ

フレックストレーニングver50(アスリート編)3方向・フロントランジ

【多方向ランジのやり方】
①足を揃えた状態から、前方に一歩踏み出し、膝を前に出しながら腰を落とします。

②踏み込んだ前足で蹴りだしながら、元の位置に戻ります。

③前方・前横2方向の合計3方向に踏み出します。

④5回×3セット行います。


【多方向ランジのポイント】
・足首がぐらつかないことを意識する。
・腰を落とすときには膝をつま先方向に出すことを意識する。
・横方向に踏み出す時も、膝がつま先方向に行くように気を付ける。
・臀部や大腿部の筋トレにもなり、動作安定効果大。

足首を鍛えることでパフォーマンスをアップさせよう!

 (112275)

足首を鍛えることで、ケガ予防効果だけでなく動作スピードの向上や安定性の向上などのパフォーマンスアップが期待できます。

8つの足首を鍛えるトレーニングは、筋肉を鍛えるために行うことも効果的ですが、準備運動として取り入れることもおすすめできます。運動前に鍛えることで、筋トレ効果以外にも筋肉を目覚めさせ可動域を大きくする効果が期待できるので、ケガ予防・パフォーマンスアップにより高い効果を発揮します。

より効果的なタイミングに、正しいトレーニングを行い筋肉を鍛えることで、パフォーマンスをアップさせましょう!
57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

You-ck You-ck