バレーボール

バレーボール

バレーボールの記事 最近投稿された記事

バレーボールのディグとは?ディグの意味や練習方法などをまとめて解説

バレーボールのディグとは?ディグの意味や練習方法などをまとめて解説

バレーボールのディグとは、レセプション(サーブレシーブ)以外のレシーブのことをいいます。バレーボールのディグ(dig)は英語で掘るの意味で、レシーブをする動作が掘る体勢に似ていることからきています。バレーのディグにはレセプションとは違うコツがあり、練習方法も異なります。
まる蔵 | 30 view
バレーボールの空気入れ6選!バレーボールの正しい空気圧と入れ方とは?

バレーボールの空気入れ6選!バレーボールの正しい空気圧と入れ方とは?

バレーボールのボールの正しい空気圧は、インドアのバレーでは0.300~0.325kgf/cm2、ビーチバレーでは0.175~0.225kgf/cm2です。空気圧が適正でないと、プレーに支障がありボールの傷みも早くなります。練習のときから正しい空気圧のボールを使うことが大切です。
まる蔵 | 43 view
時間差攻撃とは?バレーボールのコンビバレーのやり方を解説

時間差攻撃とは?バレーボールのコンビバレーのやり方を解説

バレーボールの時間差攻撃とは、1人のスパイカーがおとりとなってブロックを引き付け、他のスパイカーが打つことです。時間差攻撃の中心選手は、セッターでおとりのスパイカーはミドルブロッカーになることが多いです。バレーボールは、選手の位置やタイミングを駆使して多彩なコンビバレーが展開されています。
まる蔵 | 47 view
バレーボールに必要な筋肉とは?体幹や広背筋を鍛える筋トレメニュー4選

バレーボールに必要な筋肉とは?体幹や広背筋を鍛える筋トレメニュー4選

バレーボールに必要な筋肉は、体幹や下肢、背中の筋肉です。筋トレをおこなうことでスパイクやサーブの力を強くすることができ、バレーボールの上達に役立ちます。スパイクを上達させたいのであれば背中の筋肉広背筋を鍛えるなど自分の目的にあわせて筋トレをおこなうことも重要です。
.Nao | 94 view
決定率と効果率とは?計算方法も簡単に解説【バレーボール用語】

決定率と効果率とは?計算方法も簡単に解説【バレーボール用語】

バレーボールには、スパイクに関しての決定率と効果率があります。スパイクの決定率は、打ったスパイク数のうち何本を得点にすることができたものを表します。スパイクの効果率は、得点から失点をマイナスする要素を含んで計算さえれます。スパイクの決定率と効果率は、チームのレシーブ力などに影響があります。
まる蔵 | 28 view
バレーボールのクイックの種類とは?A・B・C・Dのすべてを解説

バレーボールのクイックの種類とは?A・B・C・Dのすべてを解説

バレーボールのクイックの種類は、大きく分けてA・B・C・Dの4種類あります。クイック攻撃とは、トスを低く速く上げて素早くスパイクを打つ攻撃のことで、トスの位置でA~Dにわけられます。バレーボールのクイック攻撃には共通のコツとそれぞれのコツがあり、種類による特性を知ることが大切です。
まる蔵 | 78 view
バレーボールのパンケーキとは?具体的な方法とやり方を解説

バレーボールのパンケーキとは?具体的な方法とやり方を解説

バレーボールのパンケーキとはパンケーキレシーブのことで、床とボールの隙間に、開いた手を滑り込ませてレシーブする用語です。バレーボールのパンケーキレシーブは、コートの床に落ちそうなギリギリのボールを拾う有効な方法です。パンケーキはアンダーハンドレシーブとは違うスキルが必要です。
まる蔵 | 46 view
バレーボールの掛け声はどのようなものがあるの?【バレーボール用語】

バレーボールの掛け声はどのようなものがあるの?【バレーボール用語】

バレーボールの掛け声には、ナイスキーやナイッサーなどがあり、ナイスキル・ナイスサーブを意味します。ナイシャッの掛け声は、はナイスシャット、チャンボはチャンスボールの略語です。バレーボールの試合中に言う1や2の数字の掛け声も、チーム内の意思疎通のために必要不可欠なサインの掛け声です。
まる蔵 | 140 view
バレーボールのトスの種類とは?クイックやオープン攻撃などを解説

バレーボールのトスの種類とは?クイックやオープン攻撃などを解説

バレーボールのトスの種類は、大きく分けてオープン系・クイック系・その他のトスに分類されます。オープントスの種類は、平行トス・セミトスがあり、クイックトスにはABCDクイックがあります。バレーボールではセッター以外があげる二段トスや、セッターが片手で上げるトスもありますので1つ1つ確認してみましょう。
まる蔵 | 105 view
バレーボールのボールの大きさや種類とは?公式球や検定球を解説!

バレーボールのボールの大きさや種類とは?公式球や検定球を解説!

バレーボールのボールは、MIKASAとmoltenの2種類が大会や練習では使われています。バレーボールのボールの大きさには国際大会等で使用できる公式球や、一般的な大会で使用する検定球があります。また、バレーボールのボールのサイズはカテゴリーごとに変わるので、中学生・高校生と成長していく中でサイズの違うボールに慣れていく必要があります。さらにソフトバレーとビーチバレーのボールの大きさ・種類もご紹介します!
Act | 57 view
バレーボールのコーチや指導者になる方法とは?全6種類の資格を理解しよう!

バレーボールのコーチや指導者になる方法とは?全6種類の資格を理解しよう!

バレーボールのコーチ・指導者の資格は全6種類。公認指導員を含めて、資格は日本体育協会が定めました。全6種類の中には、大学生やバレーボール初心者でも取得しやすい資格もあります。バレーボール指導者には、優れた指導法や高いコーチング能力なども必要です。
早川つかさ | 87 view
バレーボールのグラチャンとは?世界選手権やW杯との違いを解説

バレーボールのグラチャンとは?世界選手権やW杯との違いを解説

バレーボールのグラチャンは、正式名称をバレーボール・ワールドグランドチャンピオンズカップといい、4年に一度催されるバレーボールのFIVB主催の国際試合です。グラチャンは、オリンピック・世界選手権・ワールドカップとあわせて4大国際大会のうちの一つで、6チームで熱戦を展開します。
まる蔵 | 40 view
ハイカットのバレーボールシューズの10選とおすすめの選び方を解説

ハイカットのバレーボールシューズの10選とおすすめの選び方を解説

バレーボールシューズは種類によって特徴があり、ハイカットシューズには足首を固定する特色があります。ハイカットシューズは足のくるぶしまで覆うため、スパイカーや足首に不安のある方におすすめです。ハイカットシューズの正しい選び方は、着地のときの衝撃吸収力・軽さ・安定感の3点に注意して選びましょう!
まる蔵 | 159 view
バレーボールのAクイックとは?具体的なやり方と意識するコツを解説

バレーボールのAクイックとは?具体的なやり方と意識するコツを解説

バレーボールAクイックとは、ミドルブロッカーとセッターの共同作業で行われる攻撃です。Aクイックではアタッカーとセッターが意識するポイントがいくつかあります。アタッカーは入る位置などを確認したら、セッターとトスを合わせていく作業に入ります。バレーボールでは、タイミングを合わせることを重視し、慣れてきたらアタッカーの最高打点でアタックヒットができるようにしていきましょう。
aoii15 | 69 view
バレーボールの1人でできる練習方法とは?家・自宅でも上達したい

バレーボールの1人でできる練習方法とは?家・自宅でも上達したい

バレーボールの1人でできる練習は、自宅でボールを使ってのパス練習や、基礎体力作りのための体幹トレーニングがおすすめです。バレーボール初心者は、ボールに慣れるために、家で1人でボールを使った練習をすることで、上達が早くなります。さらに家や自宅では、バレーボールで必要な筋力トレーニングを行いましょう。
まる蔵 | 425 view
64 件

バレーボールで人気のキーワード