病気

オスグッド病とは何か?サッカーで起こる病気について

オスグッド病とは何か?サッカーで起こる病気について

成長期にサッカーをする子どもに起こりやすいオスグッド病とは、膝の下に発生する関節痛です。成長段階で骨の成長に対して筋肉が硬くなり引っ張られて起こる炎症で、サッカーの動作でさらにその症状が誘発されやすくなります。オスグッド病に対する予防方法を知ることは、成長期の選手において大切です。
nosedori | 393 view
1 件