2021年7月21日 更新

風速3mはどのくらい?自転車やバイク・スポーツへの影響とは?

風速3mがどのくらいかは、木の葉や小枝を揺らす程度の強さです。日常生活や乗り物への影響はほとんどありませんが、帽子や軽い荷物が飛ばされる可能性があるため注意が必要です。スポーツやアウトドアは、風速3mの風が吹いても大きな影響はないため、中止を検討する必要はありません。

112 view お気に入り 0

風速3mとは?

 (249938)

風速3mとは、正確には3m/秒のことであり、1秒間で風が3m進むことを示しています。3m/秒を時速に変換すると、10.8kmであり一般的な人の歩行速度の約3倍のスピードです。
風速3mの風は木の葉や小枝を多少揺らす程度であり、体感的にどのくらい強いかは自転車をゆっくり漕いだときに感じる風と同じくらいです。

風速3mの定義

気象観測が示す風速3mの定義は、10分間の平均した風速が3m/秒であることです。
気象庁が地上10mに設置している風速計で風の強さを計測し、10分間の平均値を計測した結果が風速3m/秒であった場合に、風速3mと表現します。
風速の単位は基本的にm/sやmを使用しますが、警報の発令や台風情報のときに長さの単位と誤解される恐れがない場合は、風速3mを3メートルと表現することがあります。

風速と最大瞬間風速の違い

風速と最大瞬間風速の違いは、計測する時間帯の風速の平均値を取るか、風速の最大値を取るかです。
風速とは、地上10mの地点で測った10分間の平均風速のことを指します。一方で、最大瞬間風速とは3秒ごとに計測した風の移動速度の平均値の中で最大の値のことです。最大瞬間風速は、風速のおよそ1.5倍〜3倍の速度になると言われています。
用語 意味
風速 10分間の風速の平均値
最大瞬間風速 3秒ごとに計測した風の移動速度の平均値の中で最大の値

風速3mの強さ

風速3mの強さがどれくらいかは、木の葉や小枝が動く程度の風であり、凧揚げをするときにちょうど適している風の強さです。

気象庁が採用しているビューフォート風力階級によれば、風速3mは軽風に分類されます。風速3mの風が吹いても生活上に大きな支障をきたすことはまったくなく、顔にわずかな風を感じる程度です。
風力 名称 風速(m/s) 様子
至軽風 0.3〜1.5 ・煙がたなびくが、風向計での計測はできない
・紙飛行機に適している
2 軽風 1.6〜3.3 ・顔に風を感じ、木の葉が動き風向計での計測が可能になる
・凧揚げに適している
3 軟風 3.4〜5.4 ・葉っぱが絶えず動いている、軽い旗がはためく
・凧揚げに適している

風速3mと日常生活への影響

 (249939)

風速3mの風が日常生活に与える影響はどれくらいかは、帽子が飛ばされそうになったり多少ヘアスタイルが乱れたりする程度で、大きな被害はまったくありません。
しかし、何も入ってない袋や軽い素材の荷物は風で飛ばされる可能性があり、持ち歩くときや地面に置くときは注意が必要です。

歩く人々

風速3mの中で街中を歩く人々は、優しい風が顔に当たり、気持ちよく過ごすことができます
べビーカーを押す赤ちゃん連れの人やペットの散歩をする人でも、問題なく歩くことができます。歩きづらさを感じることはほとんどなく、晴れていれば絶好の散歩日和です。
ただし、帽子が飛ばされてしまったりスカートを着用する方は捲れたりする可能性はあり、風速3mでも注意する必要があります。

傘の使用

風速3mの風が吹いているときに、傘を使用することはまったく問題ないです。ビニール傘や簡易的な折りたたみ傘を使用する場合でも、折れたり飛ばされたりすることはありません。
強い雨が降っても風の影響で雨が横殴りになることはなく、雨が吹き込んで濡れる心配もないです。

街路樹

風速3mの風が吹くと、街路樹は木の葉や枝が揺れていることを目で観察することができます。風速3mの風は穏やかであり、幹や枝が折れて樹木自体が損傷することはいっさいありません。
ただし、桜のような繊細な花びらは風速1〜2mほどの強さでちらちらと散りはじめるため、風速3mの風が吹くと花びらが散る可能性があります。

ビル・看板

風速3mの風は、ビルや家屋の建築物を揺らしたり、看板を飛ばしたりすることはありません。風速3mの風は、看板やのぼりを飛ばすことはないため安心して店頭に出すことができます。
風速5mの風でやっと旗がはためく程度の強さであり、風速3mはビルや看板へ与える影響を心配する目安の風にはほど遠い強さです。

風速3mとスポーツへの影響

 (249940)

風速3mの風がスポーツに与える影響はほとんどなく、風の影響で試合が中止になることはありません。スポーツをする予定の日に、風速3mの気象予報が出ても基本的には心配する必要はないです。
しかし、繊細さを求められるゴルフのような球技や海上でするスポーツでは、風の影響が出る可能性があります。
55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous