Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 相撲の解説者・評論家20...
相撲の解説者・評論家20人!アナウンサーや元大相撲力士などを紹介

相撲の解説者・評論家20人!アナウンサーや元大相撲力士などを紹介

相撲の解説者はNHKアナウンサーや知名度の高い大相撲力士、相撲好きのタレントのデーモン閣下や能町みね子が有名です。相撲の解説者の経歴は、個性に溢れています。相撲の解説者の活躍はテレビやスポーツ新聞だけでなく、ネット番組、コラム、ブログに広がっています。

2021.12.16

相撲の解説者のイメージとは?

相撲の解説者は、多くが大相撲解説者です。格付け上位を経験した元力士や親方経験者が、過去の経験を活かしたコメントで相撲中継を盛り上げています。

ただし以前よりも相撲を取り扱うネット番組が増え、角界好きの芸能人やタレントが解説を行う機会も増加しました。番組により、初心者に向け優しく説明する解説者を採用するケースも多いです。分かりやすい解説は、新たな相撲ファンの獲得に貢献しています。

大相撲出身者

大相撲出身者の中には、引退後相撲解説者に転身する人もいます。相撲解説者といえば、大相撲出身者をイメージする人も少なくありません。大相撲経験者が重宝される理由は、経験者ならではの視点で取読みが鋭く、解説も分かりやすいからです。大相撲出身者の解説者は人気が高く、NHKの中継にて解説者で起用される機会も多いです。

NHKアナウンサー

NHKアナウンサーが、相撲解説者になるイメージを持たれるケースもあります。なぜならNHKアナウンサーの中には相撲の実況中継で知識をつけ、解説者として活躍している人がいるからです。

例えば、元NHKのエグゼクティブアナウンサーで杉山邦博氏は人気の高い解説者でした。NHKアナウンサーは、解説者と共に相撲中継を盛り上げる役割を担っています。中継を通じて相撲の知識をつけ、解説者に転向します。

相撲の解説者20人

舞の海秀平

名前 舞の海秀平
生年月日 1968年2月17日
出身地 青森県
経歴 出羽海部屋所属の元大相撲力士
舞の海秀平とは、境川部屋の師範代を務めながらNHK大相撲専属解説者を担当している元力士です。舞の海秀平の解説スタイルは、変わりゆく立合いを肯定するケースが多いです。小柄だったため、体格の小さな力士が活躍する取り組みでは特に解説に力が入ります。
北の富士勝明とコンビを組んで解説は、掛け合いが人気でした。舞の海秀平は、アナウンサーからの問いかけに熟慮して応える丁寧な解説が多く見受けられます。

北の富士勝昭

名前 北の富士勝昭
生年月日  1942年3月28日
出身地 北海道
経歴 第52代横綱
北の富士勝昭は、1998年3月からNHK専属で幕内取組解説を担当しています。大関以上の経験者として大相撲解説者を担当した人は、北の富士勝昭が初めてでした。解説は横綱や親方であっても率直なコメントで、分かりやすいと人気です。北の富士勝昭自身も第58代横綱千代の富士に成長させた実績があり、解説には説得力があります。
長年の相撲解説の功績が称えられ、NHK放送文化賞を受賞しました。

尾車浩一

名前 尾車浩一(琴風豪規)
生年月日 1957年4月26日
出身地 三重県
経歴 佐渡ヶ嶽部屋所属の元大相撲力士、演歌歌手
尾車浩一は、NHK総合テレビの番組で相撲解説者を担当しています。尾車浩一の解説はどこか知的と人気が高く、サンデースポーツの解説担当をしていたときは原辰徳とアクション解説が話題になりました。分かりやすく優しい雰囲気の解説は、女性からも人気です。
尾車浩一は、「心に負けると自分に負ける」をはじめとする名言で知られています。解説でも言葉選びが素晴らしいと高く評価されています。

小錦八十吉 (6代)

名前 小錦八十吉 (6代)、KONISHIKI
生年月日 1962年12月31日
出身地 アメリカ合衆国ハワイ
経歴 東大関
小錦八十吉 (6代)は、高砂部屋所属に所属していた元力士で、AbemaTVの実況解説を担当しました。KONISHIKI名義でタレントとしても活躍しています。小錦八十吉 (6代)の解説は、ユーモアがあり、相撲経験者しか知らない裏話も聞けると評判です。
小錦八十吉 (6代)は母国アメリカでも相撲文化の解説するイベントに参加していて、世界中に相撲文化を広げる活動をしています。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

旭道山

名前 旭道山和泰
生年月日 1964年10月14日
出身地 鹿児島県
経歴 西小結
旭道山は、2005年から「劇戦!大相撲」、2018年からAbemaTVの大相撲中継の解説者として活躍しています。現役力士時代に、国会議員に当選した異色の存在です。解説者だけでなく、タレントや実業家として精力的に活動していて、焼き肉店や居酒屋を経営しています。

大岩戸義之

名前 大岩戸義之
生年月日 1981年5月18日
出身地  山形県
経歴 東前頭16枚目
大岩戸義之は、AbemaTVの大相撲中継の解説者として活躍しています。2018年に引退したばかりで、対戦経験のある力士の取り組み解説を行うことも少なくありません。解説で勝った力士ではなく、負けた力士に注目した解説を大岩戸義之は心がけています。視聴者からは、今の角界のリアルな解説が聞けると人気があります。

中村雅継

名前 中村雅継、嘉風雅継
生年月日 1982年3月19日
出身地 大分県
経歴 前頭
中村雅継は、尾車部屋に所属していた元前頭です。解説者以外にも、アスリート向け教育事業に携わっています。SNSを使いこなすファンとの距離の近い力士として知られていて、解説番組に出演するときは事前にファンに向けて事前告知するケースが多いです。解説は淡々として分かりやすく、力士達を良きライバルとして尊敬する姿勢が見られて分かりやすいと幅広い世代からも人気です。

間垣勝晴

名前 間垣勝晴(2代目若乃花幹士)
生年月日 1953年4月3日
出身地 青森県
経歴 第56代横綱
間垣勝晴は、大阪場所部長の解説や批評家として活動していました。間垣勝晴は、甘いマスクで現役時代から女性ファンが多かったです。2015年に北の湖の急逝のコメントを出した後は、元弟子の介護を受けながらサービス付き高齢者向け住宅で過ごしています。

玉飛鳥

名前 玉飛鳥、荒磯親方、熊ヶ谷親方
生年月日 1983年1月26日
出身地 愛知県
経歴 西前頭9枚目
玉飛鳥は、十両優勝2回、幕下優勝2回の実績がある元力士です。スポナビライブ大相撲やABEMA、親方ちゃんねる取組生解説に出演した実績があります。玉飛鳥は笑顔が特徴的で、解説中も優しい声色が特徴的です。
玉飛鳥は2016年引退し、2016年から片男波部屋付きで後輩達の指導しています。

朝赤龍

名前 朝赤龍 太郎
生年月日 1981年8月7日
出身地 モンゴル
経歴  前頭
朝赤龍は、2020年11月に高砂部屋継承したモンゴル出身の元力士です。NHKや親方ちゃんねる生配信で活躍していて、海外出身力士とは思えない流ちょうな日本語で丁寧な言葉選びで有名です。
高砂部屋の親方に就任した後は先代とは違い弟子と近い距離で指導していて、部屋から横綱を出す目標を持っています。

土佐豊

名前 土佐豊祐哉
生年月日 1985年3月10日
出身地 高知県
経歴 幕下
土佐豊は、時津風部屋で活躍した元力士です。現役時代の最高位は東前頭筆頭で、プライベートでは2016年タレントでマジシャンの小泉エリと結婚しました。2017年と2019年に子供が誕生しています。AbemaTVの中継で的確な解説を行う一方で、2021年2月22日に17代時津風を襲名しました。時津風部屋の親方として後輩の指導を積極的に行い、角界に貢献しています。

把瑠都凱斗

名前 把瑠都凱斗
生年月日 1984年11月5日
出身地 エストニア
経歴 東大関
把瑠都凱斗は、AbemaTVの大相撲LIVEやAbemaTV大相撲ダイジェストで解説者の活躍しています。番組では、親方経験者の解説者とともに解説していました。丁寧な語り口で解説し、相撲のデータを頭に入っていて分かりやすいです。2019年からはエストニアの国会議員の仕事が中心で、解説者の活躍は少ない傾向です。

花田勝

名前 花田勝(花田虎上)
生年月日 1971年1月20日
出身地 東京都
経歴 第66代横綱
花田勝は、AbemaTVの実況解説者として活躍しています。2005年5月までは、民放で相撲解説をしていた時期もありました。タレント活動を積極的に行う花田勝の解説は、話術が巧みであると評価されています。
花田勝のアクション解説は、力士の勝因や敗因を分かりやすく伝えるAbemaTV人気コーナーです。2020年5月に放送された大相撲ABEMA場所では、過去の名勝負の解説を担当しました。

貴乃花光司

名前 貴乃花光司
生年月日 1972年8月12日
出身地 東京都
経歴 第65代横綱
貴乃花光司は、大相撲中継で正面解説を務めた実績があります。2010年年1月17日の1月場所8日目の解説では、テレビの前で相撲協会理事選挙の所信証明をしたことで話題になりました。貴乃花光司の相撲解説では、元横綱の精神論が語られるときもあります。
2018年10月1日付で相撲協会を退職する際は、NHK解説員への転向を期待されました。しかし、退職後は神奈川歯科大学の特任教授や一般社団法人設立として活躍しています。

デーモン閣下

名前 デーモン閣下
生年月日 1962年11月10日
出身地 東京
経歴 ミュージシャン
デーモン閣下は、好角家の解説者です。BS2では、英語力を活かして英語副音声の中入り後解説を担当しています。解説は分かりやすく、相撲初心者から人気です。
解説の仕事だけでなく、角界のご意見番の役割でメディアに出演する機会も増えています。NHKの「大相撲この一年」や「ボクらの時代」で各界関係者と出演し話題になりました。

北勝力

名前 北勝力
生年月日 1977年10月31日
出身地 東京都
経歴 関脇
北勝力は、八角部屋所属で最高位西関脇まで上り詰めた元力士です。引退後はNHK大相撲中継の向正面解説として活躍しています。自分の現役時代のエピソードを織り交ぜながら分かりやすい解説で知られています。研究熱心な姿勢は、実況担当のアナウンサーも驚くほどでした。力士目線での解説は、相撲初心者にもわかりやすいと人気です。

朝乃若

名前 朝乃若武彦
生年月日 1969年12月11日
出身地 愛知県
経歴 前頭
朝乃若武彦は、高砂部屋で活躍していた元前頭です。現役時代は、引き、突き、押し、叩きが得意でした。NHK解説では、幕下や向正面、十両を担当しています。自分の部屋の力士の取り組みには、辛口な解説で知られています。物言い説明の審判長に物言いがついた2021年3月23日の取り組みでは、解説中だった朝乃若も笑いが止まらないハプニングが起きました。

山根千佳

名前 山根千佳
生年月日 1995年12月12日
出身地 鳥取県
経歴 タレント
山根千佳は、ホリプロ所属の女性タレントです。NHK総合の「大相撲中継」やAbemaTVの「大相撲LIVE」に出演経験していて、解説だけでなく花道リポーターの担当経験があります。
山根千佳が相撲好きになった理由は幼少期から相相撲好きの家族と試合観戦を楽しんでいたからで、子供の時から蓄積した知識を使い、ブログや相撲関連コラムにて大相撲本場所の一番を解説しています。

寺尾

名前 寺尾常史
生年月日 1963年2月2日
出身地 東京都
経歴 関脇
寺尾は、井筒部屋所属のしていた元東関脇です。現役時代は、貴乃花と武蔵丸にそれぞれ1個金星を取る活躍でした。現役時代から甘いルックスと筋肉質な体型で女性からの人気も高く、スポナビライブで解説で新たな相撲ファンの獲得に貢献しています。普段は無口ですがユニークな人柄で知られ、バラエティ番組に出演する機会も多いです。

能町みね子

名前 能町みね子
生年月日  1979年3月17日
出身地 北海道
経歴 エッセイスト
能町みね子は、NHKの相撲番組や大相撲超会議場所にゲスト解説しています。相撲好きで、抱えている連載に相撲に関連したエッセイがあるほどで、オールナイトニッポンに出演したときには相撲に関するコーナーを担当していました。相撲好きになったきっかけは、中学生の時に相撲を鑑賞する両親が映るかもしれないと中継を真剣に見たからで、大相撲が好きでNHKの就職試験を受けたというエピソードもあります。

さまざまな個性のある相撲解説者

相撲解説者はアナウンサーや横綱経験者だけでなく、女性タレントや歌手もいます。同じ取り組みでも、相撲経験者は自分の経験から、相撲好きはファンの視点からの解説が行われます。近年では公共放送だけでなくAmebaTVをはじめとするネット番組で柔らかい雰囲気の相撲解説の視聴が可能で、相撲解説を楽しむ選択肢が、以前より増加してきました。自分の好みに合わせて相撲解説を楽しむといいでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。