Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 忠別川のおすすめ釣りスポ...
忠別川のおすすめ釣りスポットとは?ニジマス釣りを楽しもう

忠別川のおすすめ釣りスポットとは?ニジマス釣りを楽しもう

忠別川は旭川近郊を流れる河川としてニジマスなどの釣果実績の高い釣り場です。北海道の旭川周辺のフィールドの中では手軽にルアーフィッシングや餌釣りを楽しめるため、初心者から上級者までどんな釣り人にもおすすめです。今回はそんな忠別川の人気スポットを8選として紹介します。忠別川で釣りを楽しみたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

2021.12.16

忠別川の釣りスポット①大正橋

忠別川本流の中では下流域に位置する大正橋は神楽岡公園に隣接している定番スポットの一つです。川底はニジマスなどが好む小砂利になっており30センチ前後のニジマスを釣ることができます。

本流河川であるため水深があるものの、エントリーもしやすいことからニジマス釣りにはじめて挑戦する方にもおすすめです。水温が上がる夏場はウグイの魚影が濃くなるためニジマスを狙って釣りたい方は仕掛けやルアーを工夫する必要があります。

忠別川の釣りスポット②ピウケナイ沢

忠別川の支流の一つであるピウケナイ沢。上忠別橋付近で忠別川と合流するため、釣り場にエントリーする際は上中別橋付近をおすすめします。

忠別川の釣り場の中では渓流釣りを本格的に楽しめる支流として古くはオショロコマなどの釣果もあがりましたが、近年はニジマスの数が多く20センチ前後の小さめの個体の数釣りが楽しめます。上流に登れば魚の魚影は濃くなるものの、熊などのリスクも高くなるため必ず対策グッズを用意し複数人でのエントリーをおすすめします。

忠別川の釣りスポット③ユコマンベツ沢

ピウケナイ沢の上流部にある砂防ダムのさらに上流部に一するユコマンベツ沢。旭川周辺の人気観光スポットでもある旭岳温泉に隣接しており、30センチ前後のニジマスを釣ることができます。

駒止滝を筆頭に周辺には様々な滝があり、深場も多いため大型のニジマスを狙いたい方はこちらを中心に釣りを楽しむのもおすすめです。旭岳温泉では日帰り温泉なども楽しめるため、釣りの後は温泉にゆっくり浸かれる点も魅力です。

忠別川の釣りスポット④忠別広場パークゴルフ場

  •        
  •        
  •        
  •       
    
旭川市内にある忠別広場のパークゴルフ場。隣接する忠別川の本流では15センチ前後の小型のニジマスの数釣りが楽しめます。エントリーもしやすく熊などのリスクも少ないため、はじめて川釣りに挑戦する方にも安心して釣りができます。

釣れるニジマスのサイズが小さいため本格的なトラウトフィッシングを楽しみたい方にはやや不向きですが、子供などと一緒に手軽に釣りを楽しみたい方にはぴったりの釣り場です。

忠別川の釣りスポット⑤神楽岡公園

旭川市の中心部にある神楽岡公園。隣接した忠別川本流ではニジマスを中心にウグイやヤマメなどの数釣りを楽しむことができます。忠別広場パークゴルフ場と同じく子供や家族と一緒に釣りを楽しみたい方や初心者にも手軽に釣りができる釣り場です。

水温が上がる夏場は比較的簡単にウグイを釣ることができるためとにかく何か魚を釣りたいと思っている方はぜひ訪れてみましょう。河原ではBBQなどのアウトドアを楽しむ方も多いです。

忠別川の釣りスポット⑥ツインハーブ橋下

旭川市を代表する橋の一つである、ツインハープ橋の下にある釣り場。流れが強く水深もあるため旭川市内の忠別川の釣り場の中では大型の実績があります。

50センチを超えるニジマスを狙うことができる貴重な釣り場の一つですが、人気ポイントであるため魚影は薄く初心者にはやや不向きなスポットです。ルアーで探るのが難しい釣り場であるため本流竿を使った本格的な餌釣りなどもおすすめです。

忠別川の釣りスポット⑦東聖橋下

ツインハープの上流域にある東神楽町の釣り場。ツインハープ橋下と同じく流れが早く大型のニジマスの釣果実績があります。ツインハープ橋に比べるとやや郊外に立地するため魚の魚影も濃い目です。

こちらも安全に釣りが楽しめるポイントではありますが、使うタックルや竿がやや限られてしまうため初心者の方は注意しましょう。ニジマスだけでなくシーズンによってはアメマスやウグイなどの釣果も期待できます。

忠別川の釣りスポット⑧忠別ダム

忠別川の上流域に当たる東川町にある忠別ダム。北海道でも屈指のニジマスの名ポイントとされており、毎シーズン多くの釣り人が訪れます。ニジマスのサイズは大きい個体でも50センチ前後と北海道の人気エリアの中ではやや小ぶりですが、魚影が非常に濃く初心者でも手軽に釣りが楽しめます。

日中で釣果をあげるのは難しいため、訪れる際は朝まずめと夕まずめの絞った釣りプランを考えましょう。山岳部にあるダム湖であるため訪れる際は熊対策も必ず行いましょう。

忠別川で釣りが楽しめる時期は春から秋がおすすめ

 (84723)

忠別川で釣りを楽しみたい方には5月〜10月までのシーズンがおすすめ。北海道の河川は雪溶けの水が川に流れこむ雪代の影響で濁りが入り釣りができないことも珍しくありません。そのためエントリーするポイントに合わせてGW明けから6月半ばまで待つ必要があります。

ニジマスの釣果自体は1年を通して上がるものの、雪が積もり始める11月以降はエントリーできるフィールドが限られ、滑落などの危険性も非常に高くなるため一部のエキスパートを除けばオフシーズンといっても過言ではありません。

忠別川でおすすめのニジマスの釣り方

 (84724)

忠別川ではニジマスを釣るために様々な釣り方が使われます。ここではどんな釣り方でニジマスを釣って良いか悩んでいる方にはおすすめの2つの釣り方を紹介します。忠別川ではじめて釣りに挑戦しようと考えている方はぜひ参考にしてください。

餌釣り

川釣りをもっとも手軽に楽しめる餌釣り。道具も安価に揃えることができるため、はじめて釣りに挑戦する方はもちろんお子さんなどと一緒に釣りを楽しみたい方にもおすすめです。

川幅が広い本流で本格的な餌釣りを楽しむ方は7メートル以上のやや長めの竿が定番とされていますが、扱いがやや難しいため慣れるまでは5メートル前後の竿を使った支流での釣りがおすすめです。餌にはミミズなどの生き餌はもちろん釣り具店などで販売されているイクラも人気です。

ルアーフィッシング

ニジマスなどを中心としたルアーフィッシングは北海道でトラウトを釣る際にもっともポピュラーな釣り方の一つです。釣るのが難しい釣り方だと思われがちですが、基本的な道具の使い方を覚えれば誰でも簡単に釣果をあげることができます。忠別川では川幅の広い本流と狭い支流があるため、エントリーするフィールドに合わせたタックルを選びましょう。

ロッドは本流は6フィート以上、支流は5フィート前後がおすすめ。リールには2500番のスピニングリールにナイロンラインを使ったセッティングが定番です。ルアーは様々なものが販売されていますが、価格が安く釣果があがりやすいスプーンやスピナーが人気です。

忠別川でニジマス釣りを満喫しよう!

 (84725)

忠別川は旭川を跨いで流れる北海道を代表する河川の一つです。ニジマスの釣果実績は全国の川の中でも非常に高くルアーフィッシングはもちろん、餌釣りなど様々な釣りを楽しむことができます。旭川近郊で川釣りを手軽に楽しめる釣り場を探している方はもちろん、ニジマスの釣果実績の高い河川を探している方はぜひ忠別川で釣りを楽しんでみましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。