2018年5月2日 更新

水泳のターンの種類とは?それぞれの仕方のコツと練習方法を解説!

水泳のターンは25m以上や大会出場のためには不可欠です。そんな水泳のターンには、どのような種類があり、どんな練習を行えば上達するのでしょうか。そのような水泳におけるターンの種類やその習得方法、そして上達のためのコツまでを徹底解説します。

  
11,664 view お気に入り 0

水泳のターンとは?

水泳のプールには、短水路と呼ばれる25mプールと、長水路と呼ばれる50mプールがあります。水泳初心者に親しみ深いのは25mプールですが、そのプールで50m以上の距離を泳ごうとすると、どうしても折り返しが必要になります。

水泳において、その折り返しのための動作のことを「ターン」と呼びます。基本的には身体を折りたたみながら回転させる動作ですが、水泳のターンにはいくつか種類があり、簡単なターンからコツや練習が必要なターンまで様々です。

水泳のターンに関するルール

水泳大会などでは、折返し監察員といって、各レーンの選手がターン中やその前後において水泳連盟の定める規則に違反をしていないかを見る審判のような人がいます。

ターン動作の詳しいルールは種類別に後ほど紹介しますが、水泳のターンでは、必ず身体の一部を壁に触れさせなければなりません。また、水泳(競泳)ではターン後の潜水は15mまで許されており、それ以降は必ず身体の一部を水面上に出さなければなりません。

水泳におけるターンの重要性

水泳において、ターンはとても重要です。ターン自体は一瞬のことだから上手でも下手でも良いと思う人もいるかもしれません。しかし、水泳においてターンの技術を向上させることは、短距離種目では自己ベストを出す鍵になる可能性も大きく、ターン回数が多い長距離種目では大きな差に繋がることが考えられます。

せっかく泳ぎで差をつけてもターンの度に追いつかれる、というのは有名な水泳選手でもよくみられる現象です。水泳初心者~中級者も、ターン動作のコツや潜水を極めれば、体力温存にもなるうえに泳ぐ距離が縮まって、今までよりも長い距離を泳げるようになります。水泳初心者に近い人ほどターン練習の効果が出やすいのでしっかりとトレーニングをしていきましょう。

水泳のターンの種類①バタフライ・平泳ぎのターン

Swimming Pool Swimmer · Free photo on Pixabay (33648)

ここからは、水泳における主な種目別に、ターンの仕方を解説していきます。
種目ごとにターンに入る前の動作とターン後の動作に当然違いはありますが、バタフライと平泳ぎでは、ターン自体の基本動作は同じです。この2種目のターンでは、必ず両手でタッチしてからターンを行わなければなりません。
水泳大会ではバタフライ・平泳ぎで片手タッチをすると失格となってしまいます。そのようなルールはありますが、難しい動作はないので、水泳初心者でも取り組みやすいターンの方法であるということができます。

両手タッチターンのやり方

平泳ぎ→平泳ぎ タッチターン 横方向

では両手タッチターンの仕方を見ていきましょう。タッチ前の動作は後ほど種目別に解説するとして、ここでは両手でタッチをした状態からの動作を解説します。

両手で壁にタッチをしたら、左手は水中で素早く進行方向に向け、右手は水面から出して左手を追うようにしながら身体の向きを変えます。その間、脚は素早く曲げて、身体の向きが変わるのと同時に足の裏を壁につけます。このとき、身体と顔は下向きではなく横向きになっているのが理想です。

水泳ではターン後に潜水を行うため、抵抗の少ないけのびの姿勢が望ましいといえます。そのため左手と右手は足が壁についたタイミングでけのびの形に近い状態にしておくと良いでしょう。足の裏を壁につけたらそのまま脚を伸ばすように壁を蹴って、けのびの姿勢を作り、潜水を行います。

ここでは左向きのターンを紹介しましたが、左右逆の方がやりやすければ逆で行っても問題ありません。

バタフライ(バッタ)のターン動作

BoiDapChay.comさんはInstagramを利用しています:「Chỉ còn 2 tuần nữa là Ironman 70.3 Danang khởi tranh. Bạn đã sẵn sàng lao xuống biển và chinh phục 1.9km bơi chưa? #boidapchay #swim…」 (33650)

バタフライ(バッタ)は、両手を水面上に出しながら同時に動かす種目であるため、両手が前に戻ったタイミングで壁にタッチするというのが理想の動作です。

しかし、あと1かきするには短いけれど、このままでは減速する、という微妙な距離で到達してしまった場合、どうするべきか迷うことがあります。上級者や水泳選手の場合は25m・50mごとのストローク数が大体固定されているのでそのようなことも少ないのですが、初心者の場合そうはいきません。
このような場合、もう1かきすると余計な体力を使う上にターン動作がぎこちなくなってしまうため、少し遠いなと思ったら最後のドルフィンキックを強めに打って伸びるようにするとスムーズにターン動作に入ることができます。ターン後は、けのびの姿勢を作って身体の前面を下向きに戻しながら少し伸びたあと、ドルフィンキックを行います。

平泳ぎ(ブレスト)のターン動作

Swimming Swimmer Diabetic · Free photo on Pixabay (33652)

平泳ぎ(ブレスト)は、両手を同時に動かすという点ではバタフライと同じですが、バタフライと比べて動きに激しさがないため、比較的スムーズにターン動作に入ることができます。

手を前に伸ばしたタイミングで壁にタッチするのが理想ですが、距離が足りない時、平泳ぎの場合はフォーム自体に伸びる動作が入っているため、素早くもう1かきした方が結果的に速くターン動作を行えることが多いです。ターン後は、ひとかきひとけりという平泳ぎ独特の潜水動作を行います。平泳ぎの場合、潜水はけのびの姿勢をつくって身体の前面が完全に下を向いてから行うと良いでしょう。

水泳のターンの種類②クロール(フリー)のターン

クロール(フリー)のターンにはいくつか種類があります。もちろん、バタフライや平泳ぎのように両手でのタッチターンを行っても良いのですが、クロールは両腕をバラバラに動かす種目なので、効率は悪くなります。

クロールのターンには、片手でのタッチターンと、クイックターンという2つのターンがありますが、一般的にはクイックターンが主流であるといえます。
クイックターンは慣れるまでに少し練習が必要ですが、慣れてしまえばその名の通り、タッチターンよりも圧倒的にスムーズに速いターンができるため、練習しておいて損はないといえます。

クロールのタッチターン

クロール タッチターン Touch turn

まず、片手のタッチターンから見ていきましょう。基本的な動きは両手のタッチターンとほぼ同じです。両手タッチターン同様、顔が左に向く方向でのターンで説明します。

壁に近づいて来たら、右手でタッチできるように微調整しながら泳ぎ、タッチしたら下がっている左手を両手ターンの時のように進行方向へ伸ばし、身体をまわして右手を離し、左手を追います。
その他の動作は両手のターンと同様です。クロールの場合も、潜水はドルフィンキックで行うのが一般的です。水面に近づいて来たらバタ足を始め、クロールの動作へと入っていきます。

クイックターンのメリット

Takuya_KanekoさんはInstagramを利用しています:「, 【画像はイメージです】 , 最近はクイックターンを練習中です。 , 今まで25mでトータル1000m泳いでたんだけど、50mずつ泳ぐようになって終わるのが明らかに早くなりました。 , 3回に1回は鼻に水入って来ますがねw , ( 'ω'o[  豆知識 ]o…」 (33657)

77 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンが上達・強くなるなるための練習方法やメニューを解説。練習方法については、1人でも行える練習方法も紹介しています。また、バドミントンのテクニックについても紹介!さらに、バドミントンが上達しないときの対処方法についても解説しています。
onomine777 | 2,445 view
ゴールキーパーのコツや基本的な練習方法【サッカーポジション】

ゴールキーパーのコツや基本的な練習方法【サッカーポジション】

サッカーのゴールキーパーになるために必要な、ゴールキーパーの基本的なルールや役割、基本的な動き等を解説しています。また、サッカーのゴールキーパーを務めるにあたって、その基本的な練習方法と実際にゴールキーパーでプレーする際のコツも一緒に紹介しています。
onomine777 | 3,688 view
クイックターンのやり方&コツと練習方法とは?【水泳上達ガイド】

クイックターンのやり方&コツと練習方法とは?【水泳上達ガイド】

クイックターンは、水泳の上達には欠かせない動作です。素早く身体を回転させる動きはどのような練習を行えば身につけることができるのでしょうか。本記事では水泳上達ガイドとして、クイックターンのやり方と練習方法、そして更なる上達のためのコツを紹介します。
Spicatz | 15,827 view
フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者が上達するためのコツは、基本を押さえた練習をすることです。 フットサルは、足でボールを扱う競技ですから、とても難しいものですが、初心者だからこそコツを掴むことができれば、上達する速度は速くなります。コツを掴めば、一気にフットサルが上達します。
camarade20042000 | 8,379 view
ゴールキーパーの練習メニュー9選とコツ【サッカー上達ガイド】

ゴールキーパーの練習メニュー9選とコツ【サッカー上達ガイド】

サッカーのゴールを守るゴールキーパーというポジションの練習メニューを厳選して紹介していきます。サッカーのポジションの中でも特異なゴールキーパーを上達するためには特別なメニューをこなしていく必要があるので、そのコツや心構えなどを交えて説明していきたいと思います。
CAS | 13,189 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Spicatz Spicatz