2018年3月9日 更新

ミッドフィルダーの役割とは?基本的な動き方やコツ【サッカーポジション】

サッカーのミッドフィルダーは攻撃においても守備においてもチーム戦術の要とされる重要なポジションとなっています。サッカーにおけるミッドフィルダーの役割とはどのようなものか、その役割ごとに詳しく解説していきたいと思います。

27,222 view お気に入り 0

サッカーにおいてMFとは?

チームの心臓と言えるポジション

J:COMサッカー (26818)

サッカーは明確な攻守の区別がなく常に状況は流動的ですから、攻撃のための守備、守備のための攻撃という考え方がサッカーの戦術の根底にあります。
このような戦術的な戦い方を組織的に行うためにはチームの各ポジションが与えられたタスクをしっかり遂行する必要性がありますが、このチームの組織の心臓と言えるポジションがサッカーにおいてのミッドフィルダーの役割の真髄であると言えます。

サッカーにおいてはミッドフィルダーが効果的な働きを行えないチームはチームの良さや強さを発揮することができませんから、必然的に勝つことが難しくなるでしょうし、逆にミッドフィルダーが相手チームのミッドフィルダーよりも活躍していれば自ずと勝利に近づくことができます。
それだけにサッカーではミッドフィルダーのポジション上の役割や動き方をしっかりと理解した上で身につけ、日々の練習においてもサッカーのミッドフィルダーというポジションを上達するための基礎的なテクニックを何度も何度も反復して練習する必要があるでしょう。単純に言えばサッカーにおいて、チームでもっともボールの扱いに長けた選手がミッドフィルダーになるのが望ましいということです。サッカーのチームでは心臓であるミッドフィルダーが確実にマイボールとしてボールを動かしチームの舵取りをしなければならないからです。

サッカーにおけるMFに求められる素質や技術とは

戦略眼やインテリジェンスなど多岐にわたる素質

サッカーのチームの中心として重要なミッドフィルダーですから当然求められる技術は多岐に渡ります。
周囲の状況を素早く俯瞰する戦略的な眼、相手の組織を崩すために求められる戦術を的確に選択するインテリジェンス、そしてピッチ中央というもっとも敵味方が複雑に激しく動き回るポジションを完遂するための強靭なフィジカルとチームの組織を試合終了まで支え続けるスタミナなどなど、非常に多くの要素を練習などで身につけておく必要があります。
特に意識的に練習で上達しておきたいのはトラップ技術ではないかと思います。
サッカーのミッドフィルダーでは、ボールを保持して繋げる役割が重要でボールを失わない選手ほどミッドフィルダーとしての役割に適任と言えますから、そのキープ力を支えるためのトラップ技術は練習においても入念に反復練習をしておき、チーム内でもトップクラスまで上達しておきたいものです。
サッカーのトラップ技術はコツを覚えるまでなかなか難しいものではありますが、ボールをタッチする感覚や相手との位置関係でどこにボールを収めるかのコツさえ掴めばメキメキと上達できる技術でもあるので、ぜひとも練習を積み重ねていきましょう。
Getty Images  (26820)

サッカーにおけるMFの役割とは?

チームが組織として効果的・効率的に機能させる役割

サッカーでは攻撃においても守備においてもミッドフィルダーの役割が重要になってきます。ミッドフィルダーという名前が表すように前線とディフェンスラインの間にポジションをおき、チームという組織が効果的に効率的に機能するように働かなければならないのがミッドフィルダーというポジションなのです。
そのためミッドフィルダーはサッカーのフォーメーションや戦術によっては様々な役割が割り振られ、それによってミッドフィルダーの呼び名も変わるのが一般的です。
サッカーのミッドフィルダーとは指揮官の戦術をピッチ上で体現するための中心的な存在ですから、当然指揮官からの指示が多く出されます。サッカーの指揮官は戦術的な指示をするときに、役割ごとの呼び名を使用することで共通理解を素早く行う傾向があるので、呼び名を聞いただけで求められる動き方やポジション取りを理解できるようにしておく必要があるでしょう。
ですのでよく使われるミッドフィルダーの役割の名前ごとに基本的な動き方やポジション取りのコツ、練習で身につけておくべき技術などを解説していきたいと思います。
サッカーの戦術の歴史は長いのである程度ミッドフィルダーの動き方やポジションの取り方に決まりごとがあるので、それらをしっかりと理解しておけば上達も早くなることでしょう。
もちろんこれらの決まり事に縛られ過ぎても創造性溢れるミッドフィルダーには成長できませんが、基本の動き方やポジショニングをしっかり行えるからこそその逆をつく意外性の高いプレイが行えることにもなります。
soccerdigest (26819)

サッカーのMFの動き方のコツ①

アンカーとは何か?

アンカーの位置

アンカーの位置

サッカーでは最終ラインが守備の要となるわけですが、その前のポジションであるミッドフィルダーの守備参加がなければ成立し得ないと言えます。
この守備参加を中心に行い、常に最終ラインの前でもっとも失点の危険に繋がるバイタルエリアを主戦場とするのがアンカーと呼ばれる役割です。

アンカー(錨)とは名前の通り常に一定のポジション配置

サッカーにおいてのアンカーの動き方のコツとしては常に最終ラインの前にいることが大事と言えます。いわゆるチームのヘソに当たるポジションなのです。
サッカーでは守備時はもちろんビルドアップ時にも攻撃時にもアンカーがこのポジションにいることでチームは攻守のバランスをとることができ、これがリスクマネージメントに繋がるのです。
アンカーを置くサッカーのフォーメーションは相手のカウンターに対応しやすく、アンカーが最終ラインに入ることで一時的に3バックシステムに変化することができることから守備時のリスクを最小限にする狙いで起用されます。ですからサッカーのアンカーを上達するためには、危険なバイタルをしっかりと守れる守備力の練習、守備力を支える強靭なフィジカル獲得、加えてミッドフィルダーとしての展開力のため的確なパス能力を上達しておく必要があるでしょう。
またプレスに動くタイミングが非常にシビアで、アンカーが動くということは危険なバイタルエリアを相手に使われる可能性に繋がるので、練習においてポジション取りとともにどのようなタイミングでプレスに動くべきなのか入念に確認しておきましょう。
 (26804)

アンカーはバイタルへのパスコースを消し続けることが重要。プレスに釣り出されると相手にスペースを明け渡すことになる。

アンカーとは攻撃時に守備のことを考えるポジション

前述したように守備でのタスクが主な役割となるミッドフィルダーがアンカーという役割ですから、マイボール時の攻撃においても常に自チームのリスクマネージメントを意識したポジション取りを行いましょう。
特にサッカーにおいてはチーム力で勝っている相手との試合の場合、相手は攻撃の手段としてカウンターを狙うのが一般的ですから、カウンターの起点となるスペースを使われないようにケアすることが大切です。
またカウンターの起点としてボールを保持した相手の選手に素早くチェックにいくという意識も必要で、プレスにより後ろを向かせてカウンターを遅らせることで守備貢献するわけです。
この際のコツとしては、カウンターのためにスペースに入ってきた相手選手との距離感を意識してすぐにプレスにいけるが相手が来ていることを感じないくらいの微妙な距離を保てるポジションにいることが挙げられます。
これにより相手のカウンターをすぐさまプレスで抑え、場合によってはボールを奪ってカウンターのカウンター、いわゆるショートカウンターという戦術に繋げることが可能となり、サッカーではひとつの戦術プランとなっています。
ただこのようにチームのリスク管理を担っているのがサッカーのアンカーですから、プレスに行って逆にドリブルなどでかわされるという事態は絶対に避けねばなりません。
バイタルを明け渡した上に味方ディフェンスを数的不利に陥らせてしまうからです。
このために日頃の練習においても、ミッドフィルダーとしての1対1の技術を練習で磨き上達しておく必要があるでしょう。

サッカーのMFの動き方のコツ②

ボランチとは?

ボランチの位置

ボランチの位置

サッカーの中継や戦術論などでもっとも頻繁に聞く役割の名前がボランチでしょう。日本においてはサッカーのミッドフィルダーを、その役割に関わらずボランチと呼んでいる場合もあります。
日本のサッカーでは一般的にに守備的なミッドフィルダーというイメージがあるボランチですが、厳密に言うとチームの舵取り役というのがサッカーにおいてのメインの役割で、そのために守備から中盤を構築しゲームメイクを行うポジションというのが正確なボランチの役割だと言えます。
69 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャーの一番の役割はバッターを抑えることです。ピッチャーの能力がチームの勝敗を大きく左右してしまうほど野球のポジションの中で大切な役割を果たします。同時に9人目の野手でもあり、守備面でもバント処理やベースカバーなど大切な役割があります。ピッチャーに求められる能力には、コントール・肩の強さ・土台となる下半身の強さがあげられます。
mblue1974 | 514 view
ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファーストの役割は、打球の処理や野手からの送球の捕球、そして、牽制球の処理など多岐に渡ります。また、球場ごとのグラウンドルールや守備妨害に関する知識も求められます。ファーストに求められる能力は、打球や送球に対する高い捕球力に加え、野球の知能も必要です。
Anonymous | 390 view
右サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツ

右サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツ

右サイドハーフは中盤の右サイドの選手のことを指します。現代サッカーの右サイドハーフはサイドでプレーするだけではなく、ピッチ中央に入っていくプレーも求められます。サイドのアップダウンを中心にピッチを動き回る必要があるため、豊富な運動量が要求されるポジションです。
Anonymous | 601 view
バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケットは5人の選手が各ポジションに分かれてプレイする、チームスポーツです。5人の選手はそれぞれに役割がありとポジションあることで、スムーズに試合運びができます。バスケットの5つのポジションは1番ポイントガード・2番シューティングガード・3番スモールフォワード・4番パワーフォワード・5番センターとなっています。
activeldirector01 | 620 view
バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケットボールのポジションの1つにセンターがあります。センターは長身のプレイヤーが務め、好守におけるインサイトプレイの要という役割を担います。さらにセンターが求められる動きとは、ポストプレイ・リバウンド・リング近くでゴールを守ることがあります。チームの勝利に貢献するためにセンタープレイヤーの理解を深めましょう。
MARUO KAZUHIRO | 308 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

CAS CAS
amazon