2019年5月31日 更新

バスケの24秒ルールとは?誰でも簡単に理解できるよに解説します!

バスケットボールはスポーツの中でも比較的ルールが複雑で、さらにルール改正も頻繁に行われるスポーツとされています。そんな中でも24秒ルールは複雑で難しいというプレーヤーも多く存在しています。そこで今回はバスケの24秒ルールにスポットをあて、誰でも簡単に理解できるように解説します。

  
78 view お気に入り 0

24秒ルール・ショットクロックとは

Nojima Tetsu on Instagram: “#twentyfour #basketball #24秒ルール #24秒#shoot #loveit #goodlife” (78574)

バスケットボールのルールにおける24秒ルールとは、ショットクロックと呼ばれるように、ボールを保持するオフェンスチームは24秒以内にシュートを打たなくてはいけないというルールです。24秒以内に攻撃を終わらせる必要があることを意味しますが、ただシュートを打てばよいということではなく、シュートが入るか、またはリングに当たる必要があります。

つまりシュートだかパスだか判別がつかない、リングに当たらないシュートはここでいうシュートには該当せず、攻撃の終了とは見なされません。

24秒ルールの意義

ジョージ・マイカン(George Mikan)ミスターバスケットボール2

24秒ルールの意義は、ゲーム集の攻守の移り変わりを素早くし、スピーディーなゲーム展開を促す点にあります。制定のきっかけはNBAの1950-51シーズン中のレイカーズ対ピストンズの試合でレイカーズのスター選手だったジョージ・マイカンにボールを支配されないように、ピストンズがボールをキープし続けたことに対して観客から多くの抗議が殺到したことにあります。

これをきっかけに1954年からNBAで24秒ルールが導入され、国際ルールにおいては1956年から30秒ルールが導入されました。そして2001年より国際ルールでも30秒から24秒ルールに変更され、更に2010年より14秒ルールも加わりました。

24秒ルールに関連する14秒ルールを確認

♡MeMe♡ on Instagram: “スローインの時、キレイに一列に並んでた😂😂 . . #アルバルク東京 #小島元基 #ジャワッドウィリアムズ #アレックスカーク #馬場雄大 #田中大貴 #スローイン #背の順だったら #最高 #だったのに #勝てて #よかったね #7連勝 #ゆっくり #休んで #下さい…” (78581)

ここで、先ほども出てきた2010年より導入された14秒ルールについて確認しておきましょう。14秒ルールもショットクロックルールの一つで、場合によっては14秒にリセットされ、さらに試合のスピード感が増し、ゲーム展開を早くすることで観戦者に見応えのあるバスケのゲームを楽しんでもらおうとの試みからはじまりました

これまでは24秒リセットのみでしたが、オフェンス側がフロントコートでファールを受けた時にショットクロックが14秒を下回っていた時、オフェンスリバウンドをとった時には24秒ではなく14秒にリセットされます。

24秒ショットクロックのスタート・ストップ・継続・リセット

WindSpiker on Instagram: “#sports #basketball #バスケットボール #バスケ #japanbasketball #bleague #bリーグ#chibajets #千葉ジェッツ #田口成浩 #sunrockers #サンロッカーズ渋谷 #robertsacre #ロバートサクレ” (78578)

バスケットボールの試合において攻守の交代を早くすることで、試合がスピーディーになることを目的に改正され続けているショットクロックルールですが、ゲーム中のどのような場面から24秒ショットクロックはスタートし、どのような場面でストップし、どのような場面では継続し、どのような場面でリセットするのかの判断は、初心者にはなかなか判断が難しいとされています。

そこで、ゲーム中の24秒ショットクロックのスタートからリセットまでをわかりやすく解説していきます。

24秒ショットクロックルールのスタート

24秒ショットクロックのスタートは、基本的にどちらかのチームがボールを完全に保持した瞬間からスタートします。つまり、ルーズボールの場合にはスタートしません。例えば、試合開始のジャンプボールの場合、どちらかの選手がボールをチップし、どちらかの選手が完全にボールを保持して攻撃を開始した瞬間からスタートします。

そしてディフェンス側のチームがボールに触れただけではリセットされず、完全にボールをインターセプトした瞬間からスタートします。また、ファールやバイオレーションで攻守が入れ替わった際のスローインの場合は、スローインをして自チームのプレーヤーがボールに初めて触れた時にスタートします。

24秒ショットクロックルールのストップ

それでは24秒ショットクロックはどのような場合にストップするのでしょうか。ショットクロックのストップはオフェンス側の攻撃権が継続中にボールがデッドする場合です。例えば、ボールを保持している選手がドリブルしている際に相手ディフェンスがドリブルカットを試み、最後にボールに触れてデッドした場合です。

または、パスのインターセプトを試み、ディフェンスが最後にボールに触れてデッドした場合、再度オフェンスのスローインから攻撃が開始されるので、一度ショットクロックはストップすることになります。

24秒ショットクロックルールの継続

24秒ショットクロックがリセットされず、そのまま継続される場面はどのような場面なのでしょうか。基本的に、ボールがデッドしても攻守の交代がない場合、例えば、最後にディフェンスがボールに触れてデッドした場合にはショットクロックはリセットせずに継続します

リセットか継続か微妙なケースとしては、オフェンスのシュートをディフェンスがシュートブロックしてデッドしたケースや、シュートしたボールがバックボードに当たって再びオフェンスが保持した場合ですが、これらのケースはいずれも継続になります。

24秒ショットクロックルールのリセット

ショットクロックが24秒にリセットされるケースは、基本的に攻守の切り替えが行われたケースです。つまり、オフェンスのボールをディフェンスが奪って攻撃を開始した瞬間です。バイオレーションにより攻守が交代したケース、オフェンス側のファウルにより攻守が交代したケースも当然に24秒にリセットされます。

また、シュートがリングに当たってディフェンス側がリバウンドを奪った場合、シュートが成功して相手チームから攻撃が開始されるケースも24秒にリセットされます。そして、バックコート内でファウルを受け、スローインで再開する際にも24秒にリセットされます。

ショットクロックのリセットまとめ

BASKETBALL : Change of shot clock rule 2014-【24秒新ルール】

以上まで説明してきたバスケットボール上の24秒、14秒へのショットクロックのリセットのケースをまとめると以下のとおりです。
オフェンス側のファウル 24秒にリセット
オフェンス側のバイオレーション 24秒にリセット
ディフェンスリバウンドをとった 24秒にリセット
パスカット、スティールで攻守が変わった 24秒にリセット
オフェンスリバウンドをとった 14秒にリセット
ディフェンスファール(バックコート) 24秒にリセット
ディフェンスファール(フロントコート) 14秒を切っていれば14秒にリセット
ディフェンスファール(フロントコート) 14秒を切っていなければ継続

センターラインのアウトからのスローインの場合

39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9