2018年8月14日 更新

腹筋ローラーができない人向けのコツ!【初心者上達ガイド】

トレーニング初心者の人の中で腹筋ローラーができない人もいると思います。そこで、腹筋ローラーができない人向けのコツを原因別に紹介します。ほかにも、腹筋ローラーの効果や腹筋ローラーがうまく行えるようになる練習方法についても具体的に紹介します。

  
12,402 view お気に入り 0

腹筋ローラーの効果とは?

まずは、腹筋ローラーの効果について簡単に説明します。

腹筋ローラーは腹筋に強烈な負荷を与えることができるツールです。腹筋に強烈な負荷をかけることができるので、腹筋の筋肉量の増加や腹筋の筋力の向上効果が期待できます。

腹筋ローラーはトレーニング器具の中でも安価で持ち運びも簡単なツールなので、ボディメイクをしている人などに人気なツールです。

ただ、腹筋ローラーはある程度の筋力がある人向けのツールでもあります。腹筋ローラーはトレーニング初心者の人にとっては少々扱うのが難しいツールなので、腹筋ローラーが簡単に扱うことができない人もいると思います。

そこで、今回はトレーニング初心者の人で腹筋ローラーができない人向けのコツについて書いていきたいと思います。
腹筋ローラーの効果

腹筋ローラーの効果

腹筋ローラーは腹筋に強い負荷を与えるツールです。トレーニング初心者の人ではうまくできない場合があるので、腹筋ローラーのフォームのコツをつかみましょう。

腹筋ローラーができない原因とは?

トレーニング初心者の人で腹筋ローラーができない人ができるようになるためには、腹筋ローラーができない原因をひとつひとつ無くしていく必要があります。ここでは、腹筋ローラーができない原因について書いていきます。

筋力不足

腹筋ローラーができない原因の中でもっとも簡単なものとして、腹筋の筋力不足が挙げられます。これはトレーニング初心者の人に多い原因です。

腹筋の筋力が不足していると、腹筋が伸びすぎてしまい、腰が反った姿勢になってしまいます。腰が反った姿勢では、腹筋を鍛えるどころか腰を痛めてしまいます。

腹筋には胸骨から恥骨までが伸びすぎるのを防ぐというはたらきがあります。そのはたらきが弱いと腰が反ってしまい、腰痛の原因になります。

腹筋ローラーを正しく扱うためには、腰が反らないように姿勢を保つ腹筋の筋力が必要になります。
筋力不足

筋力不足

腹筋ローラーができない原因のひとつに筋力不足が挙げられます。腹筋ローラーのフォームが安定しないと怪我につながるので、筋力の向上とコツを掴むことを心掛けましょう。

柔軟性不足

腹筋ローラーができない原因のうち筋力不足以外で可能性が高いのは、全身の柔軟性が不足してできないというものです。これも、トレーニング初心者の人に多い原因です。

例えば、直立した状態で肩よりも腕が挙げることができない人が腹筋ローラーをしようとしても、肩がそれ以上動かすことができないので、その人にとっては簡単にとることができない無理な体勢になってしまいます。

その結果、肩や腰を痛めてしまい、腹筋ローラーがさらにできないという悪循環になってしまいます。

肩周りの柔軟性を把握したうえで腹筋ローラーを扱うように心がけていくことが腹筋ローラーをうまく扱うコツです。
柔軟性不足

柔軟性不足

腹筋ローラーがうまくできない原因のひとつに柔軟性不足が挙げられます。腹筋ローラーを行うときに姿勢が崩れてしまうくらいの柔軟性だとフォームが崩れてしまい怪我につながります。自身の柔軟性を把握して行うことがコツといえます。

腹筋ローラーができるようになるコツの作り方

腹筋ローラーができない原因を理解したところで、トレーニング初心者の人も腹筋ローラーができるようになるコツの作り方について書いていきます。

これからは、腹筋ローラーができるようになるコツを腹筋ローラーができない原因ごとに説明したいと思います。
腹筋ローラーができるようになるコツ

腹筋ローラーができるようになるコツ

腹筋ローラーができない原因ごとの腹筋ローラーのコツについて書いていきます。腹筋ローラーのフォームの改善効果や身体の使い方のコツを掴む効果が期待できるものなので、ぜひ試してみてください。

腹筋ローラーができない原因が筋力不足の場合

腹筋の筋力不足が原因で腹筋ローラーができない場合、簡単にいうと、腹筋の筋力を向上させることが腹筋ローラーができるようになるコツになります。

特に腹筋のはたらきのうちの反伸展(アンチフレクション)というはたらきが機能するようなトレーニングを行うと、腹筋ローラーができるようになります。
できない原因が筋力不足の場合

できない原因が筋力不足の場合

腹筋ローラーをうまく扱うことができない原因が筋力不足の場合、筋力を向上させることが解決策です。姿勢をキープする筋力がつくことで、フォームのコツを掴むことにつながります。

筋力向上の具体的な方法

ここでは、腹筋のアンチフレクションというはたらきを強化するための方法について書いていきます。これから紹介するのは、トレーニング初心者の人でも簡単に始めやすいやり方です。ぜひ試してみてください。

プランク

プランクはアンチフレクションのトレーニングの中でトレーニング初心者の人も知っているぐらい有名な種目です。

そもそも、プランクの姿勢が1分も持たないと腹筋ローラーを正しく扱うことはできない可能性が高いので、プランクの姿勢が簡単に取れるようになってから、腹筋ローラーを行うことをおすすめします。やり方は以下のとおりです。
1.うつ伏せになって、腰幅に脚を開きます
2.足首を90度に固定して、肩の真下に肘か手のひらを置きます
3.くるぶし・膝・股関節・肩・耳が横から見て一直線になるようにします
4.20~60秒の間、3の姿勢をキープします
(ストレートアーム)プランク

(ストレートアーム)プランク

プランクは腹筋の筋力向上のためのトレーニングの定番です。腹筋ローラーができるようになるコツが込められた種目なので、やり込むことをおすすめします。
コツは足首を90度にすること、臀部に力を入れることの2つです。

この姿勢はプランクだけではなく、腹筋ローラーやほかのウエイトトレーニングを行ううえでも大事な姿勢です。当然腹筋ローラーを行ううえでも大事な姿勢です。

パイクプランク

58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バドミントンのミックスダブルスのコツ!気になるポイントとは?

バドミントンのミックスダブルスのコツ!気になるポイントとは?

バドミントンのミックスダブルスにおける勝利のコツをご紹介します。バドミントンのミックスダブルスならではの特徴を踏まえた上で、考え方や練習方法なども簡単にご紹介しますよ。これからミックスダブルスをプレーしたいと考えている方は、ぜひチェックしてください。
yuki | 7,742 view
バドミントンのロブとは?打ち方やコツをまとめて特集【初心者OK】

バドミントンのロブとは?打ち方やコツをまとめて特集【初心者OK】

バドミントンのロブは、ドロップやカット、ヘアピンのリターンとして使われることが多いです。ピンチの時に次へとつなぐことができるショットですので、確実にコツをつかんで習得をしておきたいショットです。しっかりと打ち方を覚えて、良いロブを打てるようになりましょう。
MOSK | 10,071 view
バドミントンのドライブとは?打ち方のコツや練習方法をご紹介!

バドミントンのドライブとは?打ち方のコツや練習方法をご紹介!

バドミントンでドライブを打つことができれば、プッシュなどのネットプレーに対する返球に使うことができます。バドミントンでのネットプレーの幅が広がり、自分のバドミントンの実力を上げることができる、バドミントンのドライブについて見ていきましょう。
MOSK | 13,458 view
バドミントンのドロップのコツ!打ち方や練習方法とは?

バドミントンのドロップのコツ!打ち方や練習方法とは?

バドミントンの試合の鍵を握るドロップショット。その打ち方や練習方法をご紹介します。よく似ていると言われるカットとの違いや、バドミントン試合中のドロップの注意や対策なども動画を交えて解説していきます。これであなたもバドミントンドロップマスターです!
yuki | 19,433 view
チップキック蹴り方のコツと練習方法【サッカー】

チップキック蹴り方のコツと練習方法【サッカー】

サッカーのチップキックについて紹介していきたいと思います。人によっては使いどこが難しくあまりなじみのないキックかもしれませんが実は意外と簡単に身に付けることができます。蹴り方なども紹介しているので是非ご覧になってみてください。
anton | 2,698 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kaki44 kaki44