2019年11月2日 更新

バレーボールのローテーションの仕方とは?【6人制】

6人制のバレーボールでは、コート内の6人がいつも同じ場所にいるわけではありません。バレーボールにはローテーションという特殊なルールがあり、サーブ権が移動するごとに時計回りに一つずつ移動します。一見難しそうですが基本さえわかれば意外と簡単なルールなので、バレーボール観戦の参考にしてください。

  
87 view お気に入り 0

バレーボールのローテーションとは?

バレーボールでは、コート内の6人が順番にサーブを打ちます。コート内の6人が、サーブ権が移動するごとに(得点が入るごとに)時計回りに一つずつ移動し、バックライトに来た選手がサーブを打ちます。

これがローテーションという6人制バレーボール独特のルールです。9人制のバレーボールでは、順番でサーブを打ちますがポジションはずっと同じです。

そのため、6人制のバレーボールではその時ごとに違うポジションでスタートしなければならず、何通りものフォーメーションが存在します。ここでは、ローテーションの仕方とポジショニングについて詳しく解説していきます。

ローテーションとポジションの基本

【わかりやすく解説】バレーボール ローテーションでのポジションの動き方

厳密にいうと、バレーボールのポジションというのは「位置」を示します。「あなたのポジションは?」という質問に対しては一般的に「セッター」「サイドアタッカー」などと答えますが、実はこれはポジションではなく役割なのです。

各ポジションの役割までを絡めてしまうととてもややこしくなってしまいますので、ここではローテーションの部分の詳しい解説をします。
・6人制バレーボールのローテーションとは、サイドアウトごとに選手が時計回りにポジションを一つずつ移動していくこと。

・サイドアウトとは、サーブ権を持つチームから、持たない側へサーブ権が移ること。

ローテーションの移動の仕方とは?

 (88758)

上の図の番号は、自分のチームにサーブ権がある時のサーブの順番です。


①の選手がサーブを打ちプレーが始まり、相手チームが得点を入れた場合、自分のチームはレセプション(サーブレシーブ)に変わります。

次にサーブ権が来た時にはポジションが一つ動いて②の選手がバックに下がってサーブを打ちます。このようにして、サーブ権が移動するごとにポジションを一つずつ移動していき、ライトバックに下がった選手がサーブを打つという流れです。

バレーボールでは、自分のチームにサーブ権がある時に得点を入れた場合は、同じ選手がサーブを続けます。サーブ権が相手チームに移動するまで何本も打つことができるのです。

ローテーションに関する規定

バレーボールではサーブ権が移動する時にローテーションを行うということがルールで決められています。

6つのポジションを時計回りに移動し、この6つのポジションをコートポジションといいます。コートポジションはコート内の位置のことを指して、サーブを打つ瞬間までは選手はこのコートポジションで定められた位置にいなければいけません。

バレーボールの選手たちは、一見コートの中を自由に移動してプレーしているように見えますが、サーブを打つ選手の手からボールが離れるまでは、決められたコートポジションに位置していないと反則を取られて、相手チームの得点になってしまいます。

セット開始時のポジション

 (88785)

バレーボールの試合の前に「ラインナップシート」を提出します。このラインナップシートには、スターティングメンバーの背番号とコートポジションが書かれていて、そのままサーブの順番となります。

一つのセットが終わるまでサーブの順番を変えることはできません。サーブ順を間違えた場合は相手チームに1点が入り、サーブ権も相手に移動します。

バレーボールのルールでは、セット開始時だけではなく常にサーブが打たれる瞬間までは自分のコートポジションにいなくてはなりません。サーバーの手からボールが離れたタイミングで、自分の役割をこなすためのポジションに移動するのです。

注:選手の登録人数が13人以上の場合はリベロ登録は一人となります。

移動しても良いタイミング

6人制バレーボールで自分の役割をこなすためのポジションに移動するタイミングは、サーバーの手からボールが離れた時です。​ローテーションに関する規定から、サーブが打たれる前に移動してしまった場合は反則を取られてしまいます。

これは、動いてはいけない、ということではありません。下の項で詳しく説明しますが、周りの選手との関係性が大切なのです。

前後左右の選手を越えてはいけない、そういう解釈です。慣れてしまえば間違えることはほとんどありませんが、選手交代が何回も行われた場合などは分かりにくくなってしまうこともありますので、ご自分でバレーボールをプレーされる方は気をつける必要があります。

前衛と後衛の位置関係

 (88807)

バレーボールの規則では、サーブが行われる瞬間、両チームとも選手が正しい場所にいないと反則を取られます。

正しい場所の判定は、全て足の位置によって判断されています。

前後の位置関係は、前衛の選手の足が必ず後衛の選手より前の位置にある事が必要です。その際に気をつけたいのは、上の図のように前衛の選手の足先と後衛の選手の足先が並んでいても反則を取られます。

6人が正しい位置にいること自体はそれほど難しい事ではありません。しかし、サーブが打たれた瞬間に自分のポジションに移動する必要があるため、選手は一秒でも早く移動を開始します。そのため、ついついフライングをしてしまい反則を取られてしまうことがあります。

左右の位置関係

 (88806)

左右の位置関係も前後の位置関係と同じで、隣のポジションの選手を左右に越してしまうと反則を取られます。ただし、前衛と後衛の同じポジションの選手に関してはどちら側にいても反則は取られません

たとえば・・・
後衛センターは前衛センターの左右どちらに位置しても、前後の関係さえクリアできていれば反則を取られないということです。

自分のチームにサーブ権がある場合は、戦略上サーブを打つ選手以外の5人はなるべくサーバーを隠す位置にいることが多くなり、相手チームのサーブの時には、規則に則ったサーブカットのフォーメーションになります。サーブカットのフォーメーションは、セッターの位置によって決められることが多くなっています。

フォーメーションの反則事項(ポジショナルフォルト)

ローテーション・フォーメーションに関する反則事項は、主にアウトオブポジションという反則があります。別名ポジショナルフォルトともいいます。

アウトオブポジションという反則が取られるのは、サーブ時に選手が正しい守備位置にいない時となります。

具体的には・・・
サーブが打たれる前に前後左右の選手を越してしまうケースと、サーブの順番を間違うというケースがあります。サーブ順を間違えるということはあまりないのではないかと思われがちですが、ラリーが続いた後やメンバーチェンジが行われた後などは、ハイレベルの試合でもたまに見られます。

ちなみに、基本的には主審がサーブ側のチームを、副審がサーブレシーブ側のフォーメーションをみることになっています。

ローテーション時のリベロの扱いとは?

36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バドミントンダブルスの動き方&ローテーション解説【初心者ガイド】

バドミントンダブルスの動き方&ローテーション解説【初心者ガイド】

バドミントンのダブルスにおけるローテーションの基本や、動き方のコツをお伝えします。初心者の方向けの考え方や、前衛と後衛の役割などもご紹介します。バドミントンダブルスのローテーションの動きが気になる方はぜひチェックしてみてください。ローテーションの動きが理解できると、バドミントンダブルスの見え方が変わるでしょう。
yuki | 67,837 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵