2017年10月28日 更新

セパタクローとは?基本的なルールやボールなどの知識【情報まとめ】

まず、セパタクローと聞いてスポーツを想像できる人はどのくらいいますでしょうか?ここでは、知られざるセパタクローのルールや知識を分かりやすく画像や動画を用いて解説していきます。セパタクローを是非知っていただければと思います。

  
17,334 view お気に入り 0

セパタクローとは?

 (117)

セパタクローとは、別名【足のバレーボール】と呼ばれるスポーツです。その名前の通り、バレーボールのコート同様に中央にネットが張ってあり、そこを境に選手が足のみを使い、ボールを蹴り合うスポーツです。

セパタクローのコートの広さはバトミントンと全く同じです。実際に蹴り合うボールは、直径13.5センチ重さ170〜180グラムの物を使用して行われます。(男子の場合)

セパタクローのボールは、少し前は籐製の物で作られており、そこにセパタクローの起源が隠れています。

セパタクローのボールの秘密

 (16603)

セパタクローのボールが籐で作られていたことに触れましたが、実はこの籐とゆう植物は日本では自生していません。

では、どの地域で生育しているかといいますと、熱帯雨林や亜熱帯が多い東南アジアに分布しています。この事実から、セパタクローの起源に迫ることが出来ます。

この籐で作られるボールは、男子と女子とではサイズが若干違います。
男子は重さ170~180グラムで直径が13.5cm。
女子は重さ150~160グラムで直径が14.0cmとなっています。

また、日本セパタクロー協会の競技規定によると、セパタクローボールは合成繊維で一層に編まれた球状のものという規定があります。

仮に合成ゴムで覆われていないセパタクローボールは上記のサイズに加え、ボールに12の穴と20の交点を持たなければならない規定があります。これは世界共通であり、セパタクローの公式大会では、必ずこの規定に沿った、国際セパタクロー連盟公認のボールが使用されます。

セパタクローの起源とは?

 (16605)

先ほども説明しましたがセパタクローのボールとは、以前は籐で作られており、その原産国は東南アジア諸国です。
そのため、セパタクローの起源はこの東南アジアとなります。

実際のところは諸説ありますが、9世紀から、東南アジアの各国で伝えられてきた伝統的なスポーツといわれています。マレー半島に伝わっていたボールを地面に落とさないように数人で蹴り合う「セパラガ」、また空中につるした篭の中にボールを蹴り入れ、蹴り方の難易度で得点を競い合うタイの「ジャンクイタクロー」などがその原型です。

他にも500年前にマレーシアの皇室で始まったスポーツとも言われることもありますが、いづれにしましても、東南アジアを基点に世界へ広まったものとされています。

セパタクローの簡単なルールとは?

【主な4つのルール】

①手を使えない。

セパタクローは、サーブの際のトス以外は肩から先の腕および手は使用できません。

②1人が続けてボールタッチを行える。

セパタクローはチーム全体で3回以内で相手コートに返せば良く、同じ人が3回続けてボールタッチしてもOK。

③守備位置のローテーションが無い。

そのため、それぞれのポジションには高い専門性が必要といえます。

④サーブの方法が異なる。

セパタクローでは別の人(スローアー)が投げたボールをサーブします。また、サーブ球はネットに触れて相手コートに入っても構いません。サーブ権は3本ずつで交代。

基本テクニック

ここでは、セパタクローの基本テクニックのやり方、練習方法を紹介していきます。

インサイドキック

 (16610)

サッカーでも基本中の基本のボールコントロール技術で、セパタクローで同様に重要な技術となります。

イメージとしては、サッカー選手が近くの選手にパスを出すときに使う技で、土踏まずの側面でボールを捕らえるようなイメージです。練習方法としては、リフティングが最適ですが、リフティングのやり方としては、”足の甲”を使うのではなく、”足の内側”を使うリフティングとなります。

インステップキック(フロントキック)

85 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ワープボールの魅力とは?VRで遊べる近未来球技WARP BALL

ワープボールの魅力とは?VRで遊べる近未来球技WARP BALL

今年発表されたばかりの最新テクノスポーツワープボール。ワープボールのルールや今後のおすすめポイントをご紹介します。ゲームとして、スポーツとして楽しめるワープボールの魅力を徹底検証します!!
yuki | 367 view
バスケの5秒ルールを理解しよう!5秒バイオレーションとは?

バスケの5秒ルールを理解しよう!5秒バイオレーションとは?

バスケの5秒ルールとは?バスケットボールのルールには、24秒、8秒、5秒、3秒といった様々な制限時間によるルールがあります。5秒ルールの意味や必要性、適用される場面などを詳しく解説していきます。5秒ルールを覚えることで、さらにバスケットボールに詳しくなります。
masamiohdaira9 | 19 view
8秒ルールを理解しよう!簡単にわかりやすく解説【バスケルール】

8秒ルールを理解しよう!簡単にわかりやすく解説【バスケルール】

バスケの8秒ルールとはどのようなものでしょうか?バスケットボールのルールには24秒、8秒、5秒、3秒という様々な制限時間におけるルールが定められています。そんな数ある制限時間のルールの中から今回は8秒ルールにスポットを当てて、誰にでも簡単にわかりやすく理解できるように解説していきます。
masamiohdaira9 | 34 view
アウェーゴールとは何か?【サッカー用語の意味解説】

アウェーゴールとは何か?【サッカー用語の意味解説】

サッカーのアウェーゴールはホーム&アウェーの試合で合計スコアが同点時に使用されるシステムで、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグでもアウェーゴールにより結果が大きく左右されました。今回はアウェーゴールの意味や換算方法、そのメリットデメリットを紹介します。
nosedori | 19 view
日本のオフサイドトラップの技術の凄さとは?世界が魅了するテクニック

日本のオフサイドトラップの技術の凄さとは?世界が魅了するテクニック

サッカー日本代表がワールドカップのセネガル戦で行なったオフサイドトラップはその美しさと技術レベルの高さから史上最高であると言われています。日本代表のオフサイドトラップの凄さは、ラインの整え方、上げるタイミング、2列目の選手への対応まで細かく設定されているところにあります。
nosedori | 113 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K,K K,K