2019年4月13日 更新

牽制球の意味と投げ方!基本とルールをしってボークに注意しよう!

野球における牽制球にはどのような意味があるのでしょうか。盗塁を試みるランナーを警戒するだけではなく、バッターとの駆け引きにも役立ちます。牽制球において基本となる投げ方から、注意が必要なボークなどのルールや、有効的な牽制球の活用方法を詳しく解説します。

123,997 view お気に入り 0

牽制球とは?

Free Images - Pixabay (26444)

野球における牽制球とは、ピッチャーがバッターに投げる前に、ランナーの動きを封じ、アウトにするためにランナーのいる塁にボールを投げる動作のことを意味しています。

牽制球はランナーの動きを封じ、アウトにすることが目的で行うのが基本となっているため、当然ですがランナーのいない塁にボールを投げることはできません。

野球をする際にランナーの盗塁成功率を少しでも下げるために、ランナーに大きなリードをとらせないように牽制球を投げるのが基本となっています。

牽制球の重要性

Free Images - Pixabay (26447)

野球において牽制球とは、前述したようにランナーに盗塁を許してしまうことを少しでも防ぐために行うのが基本ですが、それ以外にも重要な意味があります。

バッターに送りバントのサインが出ていた場合、ピッチャーが牽制球を投げた際に、投球したと勘違いをしてバントの構えをしてしまうかもしれません。

これによって、相手に送りバントのサインが出ていたことを見抜くことができます。

また、バッターが構えた後に牽制球を投げ、バッターの集中力を切らすことができれば、有利にバッターと対戦することが可能になります。

このように、野球をする際に牽制球には、さまざまな意味と効果があることを頭に入れておきましょう。

牽制球に入る前の基本ルール

Miwa on Instagram: “岸さん。脚ながっ。(こればっかり笑)#rakuteneagles #岸孝之 #kishi11 #セットポジション #投球フォーム #脚ながっ #素晴らしかった #美しかった #岸王子 #なにげに11奪三振 (2017.5.21)うしろにきよたん。” (26451)

野球で牽制球を投げる前に、まず牽制球の動作に入る前の基本ルールを理解しておきましょう。

野球をした際、セットポジションの体勢に入った後は、投球モーションの動作以外では、ピッチャーはグローブと肩を動かしてはいけないというのが基本ルールになっています。

このため、ランナーの動きを確認する場合は、唯一動かすことが可能な首を使用することが基本ルールになります。

この後で解説していきますが、グローブと肩を動かしたい場合は、一度プレートから軸足を外す必要があります。

牽制球におけるボーク

Free Images - Pixabay (26454)

野球でピッチャーに関するルールの中のひとつに『ボーク』というものがあります。

ボークとは反則投球のことを意味しており、審判からボークを宣告されると、ランナーが無条件でひとつ先の塁へ進むことができるルールです。

前述したように、野球をした際、セットポジションの体勢に入った後、プレートから軸足を外さすにグローブや肩を動かすとボークになっていまいます。

野球をするうえで牽制球を投げる際に、どのようなケースがボークと判定されてしまうのか、十分に理解しておかなければなりません。

牽制球の投げ方の基本動作とルール

Free Images - Pixabay (26458)

では、野球をした際にどのようにして牽制球を投げればいいのでしょうか。

セットポジションの状態から、プレートを踏んでいる軸足の位置や体の動かし方、またボークになってしまうケースなど、基本ルールを理解しておく必要があります。

審判にボークと宣告されてしまえば、せっかくの牽制球も意味のないことになるのに加え、相手に有利な状況を与えてしまいます。

ここでは、野球をするうえでの牽制球の基本となる投げ方やルール、ボークとなるケースを具体的に解説していきます。

軸足をプレートから外した場合の牽制球の投げ方

 (26462)

セットポジションに入った後、プレートを踏んでいる軸足を二塁方向に移動させ、プレートから軸足を外した後にボールを投げます。

軸足をプレートから外すと、自由に動くことができるルールのため、ランナーのいる塁へボールを投げても、投げなくても、どちらでもいい状態になります。

このため、野球をした際に突然ランナーが飛び出してしまった場合などは、プレートから軸足を外し自由に動ける状態にした後、牽制球を投げずにそのままランナーを追いかけ、ランダウンプレイにすることも可能です。

また、キャッチャーとの呼吸が合わず投げにくいような場合は、一旦プレートから軸足を外し、仕切り直すことにも使用したりします。

軸足をプレートから外さない場合の牽制球の投げ方

 (26468)

軸足がプレートを踏んでいる状態で、そのまま牽制球を投げたい塁へ体が向くように回転させた後にボールを投げます。

この際、体を塁の方向へ回転させてからボールを投げるまでの動作を、一連で行う必要があります。

野球をした際に、プレートから軸足を外す動作を行わない分、素早くボールを投げることができるため、ランナーをアウトにできる確率が高くなりますが、プレートから軸足を外した場合と違って、自由に動くことはできません。

また、この後に解説しますが、軸足がプレートを踏んでいる状態では、二塁への牽制球を除き、必ずボールを投げるのが基本ルールとなっており、投げないとボークになります。

一塁への牽制球の投げ方

一塁牽制

前述した通り、プレートから軸足を外した場合は、自由に動くことができるルールで、ボールを投げることも、投げないことも可能なため、プレートから軸足を外さない牽制球の投げ方を解説します。

野球をした際に、一塁へ牽制球を投げる場合、体を一塁方向へ回転させた後、踏み出した左足が必ず一塁方向へ向いている必要があります。

左足がホームベース寄りに向いている状態でのボールの投げ方では、ボークとなってしまいます。

また、左足が一塁方向を向いていなかったため、ボールを投げるのをやめた場合も、プレートから軸足を外さない牽制球は、必ずボールを投げる基本ルールなので、こちらもボークとなります。

二塁への牽制球の投げ方

75 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

野球の投げ方の基本とコツ!正しいボールの投げ方をマスターしよう

野球の投げ方の基本とコツ!正しいボールの投げ方をマスターしよう

野球の基本の投げ方について初心者でも分かりやすいように説明します。ボールの握り方、両腕の動かし方、足の使い方、そして、体重移動。これらの野球の基本的な動作を理解し見直すことができます。また、野球の投げ方の具体的な練習方法についても最後にご紹介しています。
nabekei.27 | 177,256 view
三重罰とは?ファールが重なるとどうなる?【サッカーのルール解説】

三重罰とは?ファールが重なるとどうなる?【サッカーのルール解説】

三重罰とは自陣ペナルティーエリア内での守備者のファウルに対して、退場、ペナルティーキック、次節出場停止の三つの罰が同時に適用されることをいいます。近年、ルール改正によって三重罰は適用されにくくなりましたが、ビデオ判定が導入されたことで判定の難解さが増しています。
hoedama1 | 1,658 view
ファウルチップとは?ルールは捕球されるとアウトになるの?

ファウルチップとは?ルールは捕球されるとアウトになるの?

ファウルチップとは、打者が打ったボールが鋭く後ろに逸れ、直接キャッチャーが捕球したことを意味します。ファウルチップになった場合は、空振りと同じ扱いとなります。打者がツーストライクと追い込まれた状況であれば、空振り三振となり、アウトになります。
Anonymous | 4,479 view
キャッチボールの正しい投げ方とは?誰でもわかる基本のフォームを教えます

キャッチボールの正しい投げ方とは?誰でもわかる基本のフォームを教えます

キャッチボールが正しい投げ方でできるかは非常に大切です。投げ方やコントロールがバラバラではキャッチボールになりませんし、ひいては野球をプレーすることもできません。キャッチボールの正しい投げ方を詳しく、ボールの握り方や上手に投げるポイントなども解説します。
Act | 894 view
プロ野球のリクエスト制度とは?細かいルールと今後の課題を解説

プロ野球のリクエスト制度とは?細かいルールと今後の課題を解説

プロ野球のリクエスト制度とは、審判の判定に対してビデオ判定を要求できる制度です。プロ野球のリクエスト制度のルールは、ビデオ判定を要求できるプレーはアウト・セーフに関連するものとされています。リクエストの回数は2回とされています。リクエスト制度のルールや条件を理解してプロ野球を楽しみましょう!
kimura | 1,981 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8