2019年1月13日 更新

バレーボールのスパイクの打ち方!フォームのコツと練習方法を解説

バレーボールでの一番の攻撃手段はスパイクです。ここではそのスパイクの打ち方のコツ、特にフォームに関する基本と練習方法について詳しく解説していきます。バレーボールの正しいスパイクの打ち方のフォームを習得して、自身のスパイク力をアップさせる参考にしてください。

  
1,942 view お気に入り 0

バレーボールのスパイクの打ち方とは?

初心者のためのバレーボール上達講座![スパイク編]

バレーボールのスパイクの打ち方に関する動作は、助走から着地までの一連のフォーム流れのテンポが大切になります。この項では、スパイクの正しい打ち方を助走からジャンプまでの流れの中で、スパイクフォームを中心に解説します。無理なくボールに力を伝えるためには、正しいフォームを身につけることが必須です。まずは正しい打ち方のフォームを理解して、それを練習で体得していきましょう。

この項では、バレーボールのオープンスパイクに関して細かく解説していきます。

助走

備忘録 on Instagram: “この瞬間すんごいすき#石川祐希#emmavillassiena” (63719)

バレーボールのオープンスパイク(普通の高いトスを打つスパイク)の場合は、右足・左足・右足の3歩助走ですが、クイックスパイクの場合は左足・右足の2歩で飛びます。これは右打ちの場合です、左手で打つ場合は逆に解釈してください。
トスを見ながら一歩目の右足から小さくスタートして、二歩目はやや大きく足を出します。この時に両手を後ろに大きく振り上げます、これがバックスイングです。そして3歩目で右足をかかとから横に踏み込みます。この際足はネットに対して直角でなく、横または斜めになるようにしましょう。そして両足でジャンプします。厳密に言うと最後の1歩は両足になるので、4歩助走と説明する場合がありますが、やり方は同じです。

ジャンプ

 (63712)

オープンスパイクの場合は右足・左足、そして三歩目でジャンプをするのですが、踏み込む時に、前への動きを止めることが大切です。そのままだとネットに突っ込んでしまうので、やや後ろに重心を置いて横の動きの勢いをを縦へ(上へ)生かしてジャンプします。

最後に右足でジャンプをするのですが、この時に左足もつられて少し前に出るので両足でジャンプする形になります。両足でジャンプする際に気をつけることは、右足をメインに、左足は一瞬遅れて踏み込むことです。「タン・タン・タタン」のリズムです。両足一緒に「ドン」とジャンプするのはNGです。
踏み込む時に腕を振り上げて、身体全体を引き上げる感じでジャンプしましょう。

ボールヒット

sa.chi. on Instagram: “どんなときも、綺麗なフォームから放たれるボール。このときも変わらずでしたが、いつもより重かった気がする!#バレーボール世界最終予選 #柳田将洋” (63101)

助走から腕を振り上げることによって、垂直に高くジャンプできます。最高点に達した時にボールを打つのが理想ですので、タイミングが上手くとれるように練習を重ねることが必須となります。この際に打つ方の腕だけ振り上げるのではなく、必ず両手を振り上げましょう。ボールの下に入りすぎないように、ボールの手前でジャンプするのもコツです。

上の画像のように、右手でのバックスイングと同時に左手もしっかり上に振りあがっていることが、正しいフォームであり打ち方です。ボールヒットの瞬間は、手のひらの指の付け根あたりでボールの中心をとらえましょう。それが一番ボールに力を加えることができ、コントロールがしやすい場所になります。

着地

バレーボールでスパイクを打った後の理想的な形は、両足での着地です。しっかりと両手を振り上げて、垂直にジャンプしてスパイクを打つことができていれば、基本的には両足で着地できます。どうしても片足着地になってしまうという場合は、打ち方のフォームそのものに問題がある場合が多いと思われます。

バレーボールのバックアタックの場合は垂直ジャンプではなく、前に突っ込んだ形でのジャンプになるので片足着地になりがちですが、できるだけ両足で着地するように心がけることは大切です。
片足着地やかかとからの着地は、膝や足首を痛めたり捻挫の危険性が高いので、両足で着地することをおすすめします。

バレーボールのスパイクフォームの良い打ち方とは

バレーボール スパイクのスイングの仕方と練習方法

バレーボールのスパイクの打ち方で大切なのは、上手くタイミングをとることと正しいフォームで打つことです。正しいフォームを身につけることで、無理なく強いスパイクを打つことができるようになりますし、怪我の危険性も少なくなります。

バレーボールでは間違ったフォームでスパイクを打っていると、強いスパイクが打てないばかりか、肩や肘に負担がかかります。また片足着地が癖になっていると膝や足首を痛めてしまいます。
次の項で良い打ち方をするためのスパイクフォームのコツを細かく説明していきますので、ご自分のフォームと照らし合わせて練習をされることをおすすめします。

バレーボールのスパイクの打ち方、フォームの6つのコツ

バレーボールのスパイクでは、助走からの一連の動作が必要になります。各所にコツがあり、そしてそれをスムーズに繋げることで良い打ち方ができるようになります。どこか一か所でも欠けていると全体の流れに影響しますので、各所細かくチェックしていきましょう。

特に初心者の方は、自分の好きな打ち方をして間違った形を体が覚えてしまう前に、まず正しいフォームでの打ち方を覚えるようにすることをおすすめします。そしてそれが上達への一番の近道になります。

スパイクフォームのコツ①腕と手の形

 (63727)

手は、上図のように開いてから少し力を抜いた自然な状態が、一番力が入りやすくボールコントロールがしやすい形となり、ピンクの部分でボールを打ちます。

また、腕が曲がったままでは強いスパイクは打てませんし打点が低くなってしまいますが、伸ばしすぎていても正しいスイングはできません。腕を斜め上(耳から10㎝離す程度)に伸ばし、ヒジの力を自然に抜いた形がボールに一番力を伝えることができる形です。

打つ瞬間は肘をしっかり伸ばして、という教え方もありますが、実際はそれだと打ち分けが難しくなってしまいます。最近では、あくまで自然にボールをミートできる状態がベストだという考え方が主流になってきています。

スパイクフォームのコツ②テイクバックで思い切り肘を引く

スパイク肘の上げ方講座【必見バレー動画】

肘を引いた反動で腕のスイングが早くなり、ボールに力を加えやすくなります。この際一番気をつけることは、手首を引くのではなく肘を引くことです。手首を引いてしまうと肘が支点になり、肘より上の力しか加えることができなくなります。肩より上で肘を引いて、胸を広げるようなイメージでテイクバックをします。そしてその時の手首には、力を入れないようにしましょう。

思い切り腕を引くためには、肩や肩甲骨周りの柔軟性も必要になってきます。肩を痛めないためにも肩や肩甲骨周りのストレッチをおすすめします。

また、助走の時に上体をやや前かがみ気味にして、腕と同時に体を上に持ち上げることが高くジャンプするコツでもあります。
63 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フェデラーのフォアハンドの凄さとは?フォームや打ち方を徹底解説!

フェデラーのフォアハンドの凄さとは?フォームや打ち方を徹底解説!

世界最高のフォアハンドを持つフェデラーのフォアハンドストロークの秘密を徹底的に解説していきます。高等技術が盛りだくさんである一方で、基本に忠実なフェデラーのフォアハンドは、一般プレーヤーでも参考にできる部分が多くありますので、ぜひご参考ください。
SKコーチ | 16 view
テニスの素振りの練習方法と効果とは?正しいフォームを身につけよう

テニスの素振りの練習方法と効果とは?正しいフォームを身につけよう

テニスの上達方法の一つに素振り練習があります。ただ、やみくもにラケットの素振りをしても効果はありませんので、正しいやり方で実践を想定した練習が必要です。テニスの素振りは自宅でも気軽にでき、実践向きで綺麗なフォームまで身につく素振りの練習方法をご紹介します。
SKコーチ | 14 view
ミズノのフットサルシューズのおすすめ人気TOP7!ミズノ特徴とは?

ミズノのフットサルシューズのおすすめ人気TOP7!ミズノ特徴とは?

少人数で気軽に楽しむことができるスポーツのフットサル。ひとりで参加して、つながりを持ちながらプレーする個サルも流行の兆しを見せており、需要も広がりつつあります。そこで今回はミズノにスポットを当て、フットサルシューズのおすすめ人気TOP7を紹介します。
masamiohdaira9 | 189 view
アディダスのサッカースパイク&シューズのおすすめ人気TOP10

アディダスのサッカースパイク&シューズのおすすめ人気TOP10

サッカーに必要不可欠なサッカーシューズですが、アディダスのサッカースパイクは機能性、デザイン性にも優れており、世界中の多くのサッカープレーヤーが愛用しています。ここではアディダスのサッカースパイ&シューズを最新作を中心にランキング形式で紹介していきます。
masamiohdaira9 | 380 view
背泳ぎの3つのポイントとは?ストローク・フォームやキックなど

背泳ぎの3つのポイントとは?ストローク・フォームやキックなど

背泳ぎで大事なポイントやコツって何?どんな練習をしたらいいの?というような疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。何も知らないまま練習していても正しい泳ぎ方を練習しなくては効果は出にくいです。今回は背泳ぎを泳ぐためのコツや練習方法を解説していきます。
moririn726 | 493 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵