Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バドミントン
  4. >
  5. ヨネックスシャトルの種類...
ヨネックスシャトルの種類とおすすめ6選!違いを比較【バドミントン】

ヨネックスシャトルの種類とおすすめ6選!違いを比較【バドミントン】

バドミントンのヨネックスのシャトルを買うとき、どの種類が良いのか、違いは何なのか悩んだことはありませんか?ヨネックスのおすすめシャトルとその違いについてご紹介します。ヨネックスのシャトルだけを比較しても違いが大きく出ます。ヨネックス好きはチェック!

2021.12.16 バドミントン

Writer

yuki

公式ライター
yuki

ヨネックスのおすすめバドミントンシャトルをチェック

安心のヨネックスブランドのシャトル

Instagram (20725)

バドミントンのシャトルと言えば、圧倒的にヨネックスのシャトルが人気です。
ヨネックスがバドミントンのブランドとして人気があるからだけでなく、様々な種類を発売しているのも魅力。
その上価格もお手頃なので、多くのバドミントンプレイヤーに愛用されています。

ヨネックスはハズレが少ない

Instagram (20722)

ノーブランドのシャトルは、どうしても軸がずれているものや耐久性の低いものがあります。
一概にどのシャトルはNGとは言いづらいのですが、例えば3球セットの中の1球が使えないレベルのものだった、というような声はよく聞きます。
ヨネックスのシャトルは、他メーカーのシャトルと比較して極めてハズレが少ないです。
この信頼こそが、ヨネックスのシャトルがバドミントンプレイヤーから選ばれる理由の1つです。

ヨネックスのシャトルの違いとは?

Instagram (20724)

いざバドミントンのシャトルを購入しよう、と考えてから「種類がたくさんありすぎてわからない」という方もいるのではないでしょうか。
今回は、ヨネックスのシャトルに絞って、種類とその違いを比較しながらご紹介します。
ヨネックスのシャトルでバドミントンプレイを考えている方は、ぜひご覧ください。

ヨネックスのバドミントンシャトル①

  •        
  •        
  •        
  •       
    

メイビス40BP

ヨネックスのバドミントンシャトルコック メイビス40BP (3ケ入り)

493
・原産国:日本
・素材:ナイロン+合成コルク
・容量:3ケ入り
・適正温度表示:MIDDLE
・温度別適正分類:MIDDLE/12度から23度
ナイロン製のトレーニング用シャトルとして、広く愛用されているヨネックスのシャトルです。
バドミントン初級者の方から使いやすく、飛びやすいシャトルとなっています。
ナイロン製のシャトルは耐久性があり、変形や故障も少ないのが特徴です。
その中でも、このメイビスシリーズは非常に強く、激しいトレーニングにも耐えうるシャトルです。
ノーブランドからブランドのシャトルに移行する方のほとんどが入手するのがこのシャトル。
その違いを比較して、感動するユーザーの声が多いです。
ヨネックスのシャトルを今から使うバドミントン初心者の方は、まずはここからスタートしましょう。

ヨネックスのバドミントンシャトル②

メイビス2000P

ヨネックスのバドミントンシャトルコック メイビス2000P(6ケ入り)

1,547
・温度別適正分類:
 S(SLOW):22~33℃
 M(MIDDLE):12~23℃
・日本バトミントン協会検定合格球
・日本製
・飛行性重視
・6ヶ入り
先にご紹介したメイビス40BPの上位モデルです。
「ウィングリブ構造TM」という新技術により、公式の水鳥シャトルに近づけた打球感を実現しています。
バドミントン初心者から中級者へ移行する方におすすめのシャトルです。

シャトル飛行中の風圧に対して細かな技術を駆使したことにより、スマッシュの減速やクリアーのコントロール力に更なる改善がなされたシャトル。
価格が多少高くとも、より良いバドミントンプレイを志す方にはおすすめです。

バドミントン部などでも使われていることが多く、大会を目指すバドミントンプレイヤーはトレーニングから使用しているところが多いです。
他のヨネックスモデルと比較しても、お手頃価格でありながら性能の高いおすすめスタンダードモデルと言えるでしょう。

ヨネックスのバドミントンシャトル③

エアロセンサ300

ヨネックスのエアロセンサ300

2,801
・素材:水鳥羽根+2層コンポジットコルク
・温度表示番号2-5
エアロセンサ300は、ヨネックスのシャトルモデルの中では新しいものです。
水鳥タイプのシャトルの中では価格帯を抑えた、比較的バドミントン初心者でも試しやすい高級モデルのシャトルです。
ヨネックスでは他にも後ほど紹介する上位モデルがありますが、程よいバランスと気持ち良い打球力を体感できるシャトルとして、おすすめします。
ちなみにバドミントンの水鳥シャトルは羽のヨレや折れがどうしても使用していると出てきます。
その耐久力も1つのポイントになりますが、エアロセンサシリーズは比較的耐久力のある種類のシャトルです。

エアロセンサには上位モデルもあり、2017年度日本バドミントン協会第2種検定合格球となりました。エアロセンサシリーズが気に入った方はそちらもお試しください。

エアロセンサ700

ヨネックスのエアロセンサ700

3,605
・素材:水鳥羽根+天然コルク
・温度表示番号1-7
・2017年度日本バドミントン協会
 第2種検定合格球

ヨネックスのバドミントンシャトル④

スタンダード2

ヨネックスのバドミントンシャトル スタンダード2

1,350
・温度表示1〜6(7℃〜33℃以上)
・中国製
・ガチョウ球、天然コルク
ヨネックスのシャトルの中でも多くの中級者〜上級者がバドミントントレーニングに使用しているのが、スタンダードモデルです。
ヨネックスのスタンダードモデルには「スタンダード」と「スタンダード2」の2種類あるのですが、やや求めやすい価格帯で耐久性を備えた「スタンダード2」は選ばれやすいおすすめのシャトルです。
バドミントンを真剣に練習する人であればあるほど、シャトルは消耗します。
ある程度の価格でパフォーマンスを出したいならば、違いの差を考えると「スタンダード2」の方が良いでしょう。

ちなみに、スタンダードシリーズと類似でやや価格の安いシリーズで「サイバーテック」という商品もあります。同じヨネックスのシャトルなのですが、ユーザーからの評価では、耐久性・性能ともにスタンダードシリーズの方が優れているという声が多く聞こえます。

したがって、価格がわずかに高いながらも、お手頃な「スタンダード2」がコストパフォーマンスの観点からはベストな選択となります。サイバーテックと比較して悩んでいる方でしたら、「スタンダード2」をおすすめします。

ヨネックスのバドミントンシャトル⑤

ニューオフィシャル

ヨネックスのニューオフィシャル 1本(1ダース・12球入)

4,271
・温度表示番号:34
・適正範囲温度:
 3:22℃〜28℃
 4:17℃〜23℃
・生産国:中国製

・商品詳細
(財)日本バドミントン協会が主催または主管する大会及び予選会で使用が義務付けられているシャトルコック。
価格は他のシャトルと比較して高いですが、ヨネックスの高級シャトルの中でも圧倒的人気を誇るおすすめシャトルです。
第一種検定を合格しており、公式試合でも使用されるまさに「オフィシャル」なシャトルです。
バドミントンで上級者を狙うプレイヤーや選手として活動していきたい人には、マストのシャトルと言えるでしょう。

他のモデルと比較した際に際立つのは、耐久性です。
バドミントンの公式試合と同じ環境でのトレーニングを可能にしながら、激しいプレイにもへたらない持久力があります。
打球感や飛距離は、ヨネックスブランドの中でも安定しており、コントロール力もあります。

総合的観点から、上級者ならぜひ使いたいおすすめシャトルです。

ヨネックスのバドミントンシャトル⑥

トレーニング

ヨネックスのトレーニング1本(1ダース・12球入)

3,853
・容量:1ダースの12個入り
・適正温度表示:1〜7
・ガチョウ球、天然コルク,
・生産国:中国
バドミントンの公式試合に臨む前のトレーニング用のシャトルとしてヨネックスが開発した「トレーニング」。
「スタンダード2」や「ニューオフィシャル」と比較して「トレーニング」と割り切れる価格帯で、なおかつ精度も高いということでバドミントン上級者からは人気のおすすめシャトルです。

まとめ買いもお得で、バドミントンの部活やサークルでは団体で愛用しているところも多いようです。なた、ナイロンのシャトルではあまり感じられない水鳥ならではの感覚を手軽に知ることができます。

トレーニングは、ヨネックスのシャトルの中でも長年続いているモデルで、初級者から上級者まで幅広い層のバドミントンプレイヤーが使用しているシャトルでもあります。
信頼性においては右に出るものはいない、まさに練習用の頂点に位置するバドミントンシャトルとも言えるでしょう。

ヨネックスのシャトルでバドミントンのスキルアップを狙う

シャトルもバドミントンの大切な一部

Instagram (20729)

バドミントンを練習している方は、まず自分のトレーニング方法や体づくりが優先されます。
しかし、意外と使っているシャトルが何かによって、ラケットの握り方やフォームが変わっていきます。
精度の低いシャトルを使い続けていると、フォームが安定せず、自身の打ち筋がつかめません。
ヨネックスのシャトルは、多くのバドミントンプレイヤーが選ぶ信頼感があります。
今回ご紹介したおすすめシャトルをはじめとした、ヨネックスのバドミントンシャトルを使い、自身のバドミントンスキルの向上を狙いましょう。

シャトル購入に悩んだら店舗で相談してみよう

Instagram (20728)

どうしてもシャトルを選べないときは、バドミントンのシャトルを扱う店舗のスタッフに相談してみましょう。
実際の打球感や使用感について、ユーザーの声を実際に知っているのは店舗のスタッフさんです。
オンラインショッピングのレビューでもユーザーの声はみられますが、信用できないという方は実店舗でしっかりとヒアリングしてみましょう。

ヨネックスのシャトルで快適なバドミントン練習を!

Instagram (20732)

他メーカーのシャトルもあり、選択肢の多いバドミントンのシャトルですが、自分が納得のいくシャトルを使って練習するのが一番の環境を作ります。
あなたのレベルや打ち方にあったバドミントンシャトルを見つけて、快適な練習につながる環境を作りましょう。
ヨネックスのシャトルから、きっとあなたにマッチした種類を見つけられるはずです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。