2020年1月25日 更新

バドミントンのフェイント!やり方や打ち方のコツ

初心者の方に向けてバドミントンのフェイントのメリット、やり方、打ち方、練習方法を紹介していきます。騙し合いのバドミントンの試合において、フェイントはとても効果的なショットです。試合を制するために、初心者の方もフェイントをマスターしていきましょう。

20,693 view お気に入り 0
バドミントンのフェイントのやり方と打ち方が理解できたら、早速練習していきましょう。
今はバドミントン初心者でも、フェイントをマスターできれば実力アップ間違いなしです。
ここからは、バドミントンのフェイントショットの練習方法について紹介します。

バドミントンのフェイントのショットは相手を騙すショットです。
もちろん、シャトルを上手くコントロールするショットの技術は重要です。
しかし、バドミントンのフェイントの練習において「自分の身体やラケットの動きに対して相手の反応がどうであったか」を確認することはそれ以上に重要なことです。

バドミントンのフェイントの練習は必ず、対人練習や試合などで試してみて相手の反応を見ながら行いましょう。

サーブのフェイントの練習方法

バドミントンのサーブのフェイントは、ロングに打つときとショートに打つときで、フォームの違いが出ないようにすることが最重要です。

まず、鏡の前でサーブを打ち、ロングとショートで振り方に違いがないかどうかを簡単に確認しましょう。
ある程度できるようになったら、コートでレシーバに立ってもらい、自分のサーブを受けてもらいましょう。
「今のはロングに来ると分かった」、「今のはショートだと分かった」といったようなフィードバックを貰えるとより効果的な練習になります。

ロブのフェイントの練習方法

バドミントンのロブの練習は、はじめはネット前で行うと簡単です。
ヘアピンの構えでシャトルの下に入り、直前で手首を返してロブを打つ。
最初のうちはシャトルのコントロールが難しいので、コートに入るようになるまで繰り返し練習しましょう。

コートの中にある程度コントロールできるようになったら、次は半面でシングルスを行いましょう。
バドミントンの場合、半面での試合は前に打つか後ろに打つか選択肢が2つしかないので、ロブのフェイントをかける機会が多くあります。

相手の反応を見てみて、足りないと自分が思う部分を再びノックで練習しましょう。
可能でしたらフェイントに対するフィードバックも貰えるとより良いです。

ドロップのフェイントの練習方法

ドロップもロブと同様、ノックで球を上げてもらってフェイントをかけてもコートに入るように練習しましょう。
バドミントンは上から打つショットの場合、サーブのように簡単に鏡で確認することが困難なので、動画を撮るなどすると良いと思います。

コートの中にコントロールできるようになったら、半面シングルスで試しましょう。
前か後ろかしか選択肢がない状態で相手をひっかけることができれば、フェイントをマスターできているといえます。

動きながらのドロップはフォームが崩れやすいので、相手を騙すのは少し難しいです。
相手を騙せたときの感覚を自分でメモするなりしてコツをつかみましょう。

まとめ

Instagram (11101)

バドミントンのフェイントショットは相手を騙す少し高度なテクニックです。

しかし、高度な分マスターすれば、楽に相手から簡単にポイントを奪うことができる必殺技でもあります。

また、フェイントは格上の相手に勝つための秘策でもあります。
なぜなら、上級者であればあるほど、ラケットの面や身体の動きでシャトルの方向を読んでくるからです。

それを利用して相手を上手く騙すことができたら、実力で勝る相手に対しても有利に運ぶことができます。

初心者の方でもサーブやロブなど、簡単なフェイントからしっかりマスターして、実力アップを狙っていきましょう。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球のツッツキの打ち方とコツとは?基本を理解して練習しよう

卓球のツッツキの打ち方とコツとは?基本を理解して練習しよう

卓球のツッツキの打ち方は、体より前で打つようにして、ボールの回転量によってラケット角度を調整することが重要になります。卓球のツッツキのコツは、打球点が頂点より早くなるように足を動かし、薄くボールを捉える感覚で下回転を加えることです。また、ツッツキの質を高める練習方法は、ツッツキ対ツッツキ、上回転をツッツキする練習になります。
卓球のカット打ちのやり方とは?初心者がおさえておく4のコツを解説

卓球のカット打ちのやり方とは?初心者がおさえておく4のコツを解説

卓球のカット打ちは、打球点を落とし過ぎず、ネットを越えることを意識して打球します。卓球のカット打ちのコツは、カットの回転量を正確に判断して、ストップやツッツキを織り交ぜながら攻めることです。さらに、カット打ちが上達するおすすめの練習方法は、カットマンと基本練習やゲーム練習をすることになります。
卓球のフリックの打ち方とコツとは?5つのフリックをマスターしよう!

卓球のフリックの打ち方とコツとは?5つのフリックをマスターしよう!

卓球のフリックの打ち方は、ボールの落下位置に体を近づけて、バウンド頂点付近でボールを捉えてコンパクトにスイングします。卓球のフリックのコツは、足を使ってボールに近づく、打球点を落とさない、手首を使いすぎない、フリーハンドでバランスをとる、ラケット面を工夫することです。
カットマン対策を考えよう!カットの返し方とそのコツを簡単に解説

カットマン対策を考えよう!カットの返し方とそのコツを簡単に解説

卓球のカットマン対策は、強打の割合を少なくしてミスを減らす、ボールの緩急を意識する、バック側にボールを集める、カットマンを前後に動かす、強打はミドルを狙うことの5つです。このカットマン対策に加えて、カット打ちのコツも解説します。
卓球のドライブの打ち方とは?6つのコツを覚えて初心者を卒業しよう

卓球のドライブの打ち方とは?6つのコツを覚えて初心者を卒業しよう

卓球にはドライブという技術があり、ドライブは現代の卓球において欠かせない技となっています。卓球の初心者から中級者にレベルアップするためには、ドライブ打法を習得することが大事になります。ドライブの打ち方やコツを理解し、正しいドライブ打法を身につけましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ratinalife01 ratinalife01