2019年12月22日 更新

バドミントンノートで目標達成するための書き方と使い方とは?

上達のためにバドミントンノートを書いているという人は多いのではないでしょうか?しかし一方で書き方や使い方がわからなかったり何を意識すれば良いのかわからないという人も多いです。そこで、目標設定、課題の発見、メンタル管理などに使えるバドミントンノートを紹介します。

27,369 view お気に入り 0
「バドミントンノート」とオンラインショッピングのサイトで検索すると多くの商品がヒットします。これらの商品はほとんど気分や体調などを記入する欄はありません。そのため、メンタル的な面はいいやという方にとっては良いかもしれませんが、スポーツは[心・技・体]と言われるほどメンタル面の与える影響が非常に大きいです。そのため、市販のバドミントンノートを利用する場合は少し不便に感じるかもしれません。

また、自由記入欄などがあるノートであればその欄に体調や気分を記入しておくと良いでしょう。
バドミントンのCLUBサクセスノート

バドミントンのCLUBサクセスノート

・B5サイズで全64頁
 練習編・試合編・試合結果一覧表付

・部活動応援グッズ!クラブサクセスノート!部活動での技術向上に役立ちます。

・練習・試合の記録ができます。指導者のアドバイスなどを書き込むことができます。

サイトからダウンロードする

「バドミントンノート 作り方」と検索すればいくつかのサイトがバドミントンノートとして利用できるものを公開しています。それらを印刷して利用しても良いです。また、それらのサイトも体調や気分を記入する欄はないものが多いので販売されているバドミントンノートとあまり変わらないかもしれません。

そこでActiveる!にて作成したバドミントンノートを利用することで、[心・技・体]全ての要素に対応したバドミントンノートを作り、効果的にバドミントンが上手くなれます。

Activeる!バドミントンノートのダウンロード後の使い方

従来のノートであれば技・体の面をバドミントンノートで、心の部分を別のノートで管理する必要がありました。しかし、このバドミントンノートは従来までのバドミントンノートにメンタル的な要素を管理する項目を加える事で[心・技・体]全ての面からバドミントンのプレーを支えるノートを作る事ができます。

印刷したものをファイルなどにまとめておく事でバドミントンノートとして利用する事が可能です。ノートタイプのものを購入するよりも自由度が高いため、中途半端なところでノートがなくなってしまったなどといった事が起こらなくなります。

バドミントンノートの利用について

このバドミントンノートは自由に利用可能ですが、著作権などは放棄していません。
また、チーム内での配布などは構いません。ご自由にご利用ください。
2次利用や販売は禁止しています。
あくまでも、個人の上達の支えとしてこ利用ください。

ノートとして利用するには?

この記事の後方にあるファイルをダウンロード後、市販されているバインダーやファイルなどで閉じることでバドミントンノートとして利用する事ができます。
バインダーなどはパンチレスファイル(Zファイル)、2つ穴ファイルなどは自由に変更できますので、気に入った柄のものがあればそれを利用する事ができますので、世界に1つだけのオリジナルバドミントンノートを作成する事ができます。
ファイリングの例 その1

ファイリングの例 その1

ファイリングの例 その2

ファイリングの例 その2

Activeる!バドミントンノート各部分の説明

 (29315)

Activeる!バドミントンノートの書き方①:今日の目標

 (29319)

この欄には上のように今日の練習で何を目的とするのか、何ができるようになりたいのかということを書きます。この欄はなるべく”練習前”に書いてください。

Activeる!バドミントンノートの書き方②:今日の体調

 (29324)

この部分はこのバドミントンノートの中で最も大切な部分であり、ほかのノートにはなかなか無い部分です。最初は少し面倒だと感じるかもしれませんが、記入に慣れる頃には自分のメンタル面とパフォーマンスとの関連、目標設定への影響などを示す非常に大切なメモになります。

まず、【体調】は最高〜最悪の6段階で、練習開始時の体調を書きます。主観的なもので構いません。
そして、【気分】は、[イライラする]・[なんだか不安]・[楽しい]・[悲しい]・[ワクワクする]といった感情の強さを強い〜弱いの6段階で書くのですが、3を普段通り(基準)としています。

気分の横の【  】はそれぞれイライラ〜ワクワクまでの数値を全て足したものを記入します。これは15が普通となり、大きければ感情が複雑、小さければ無感情となります。

そして、食欲があるかないか、睡眠は良くとれたか、筋肉痛などの不調はないかを選択します。

最後にこれらの情報をもとにBaceScoreを計算します。
計算式は[(体調+楽しい+ワクワク+その他の加点)-(イライラ+不安+悲しい)]です。このスコアがプラスであればあるほど心の調子は良いということになります。マイナスの場合はプラスを目指して見てください。

Activeる!バドミントンノートの書き方③〜④:練習内容

 (29326)

練習内容の欄にはこのようにやったこととアドバイスされたことを共に書きます。
その下のコート図には戦術やパターン練習の内容など、言葉で説明する事が難しいものを書きます。

Activeる!バドミントンノートの書き方⑤〜⑦:振り返り

62 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K_Yuto K_Yuto